現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ300km/h出せるスーパースポーツでも180km/h? 日本車の速度リミッターはいまの時代になれば納得の取り組みだった

ここから本文です
なぜ300km/h出せるスーパースポーツでも180km/h? 日本車の速度リミッターはいまの時代になれば納得の取り組みだった
写真を全て見る(5枚)

 この記事をまとめると

■日本国内で販売される国産車は最高速度をリミッターで180km/hに制限している

120km/h区間で「3車線横並び」も見かける! 90km/hリミッター付き大型トラックの高速3車線区間の「追い越し車線走行」は禁止すべき?

■どうして180km/hで規制されているかについては諸説あり

■過剰な速度を出すことによる無駄なエネルギー消費を抑えるという面でリミッターは存在意義がある

 日本車リミッターはなぜ180km/hなのか?

 クルマの最高速度は、リミッターの装着で国内では180km/hに制限されている。これは法令ではなく、国内自動車メーカーによる自主規制となっている。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
motorsport.com 日本版
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
レスポンス
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ベストカーWeb
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
WEB CARTOP
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
Merkmal
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
カルモマガジン
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
くるまのニュース
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
月刊自家用車WEB
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
バイクブロス
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
くるまのニュース
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
バイクのニュース
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
レスポンス
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
motorsport.com 日本版
業界初技術で追突事故はゼロに!?  ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
業界初技術で追突事故はゼロに!? ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
Auto Prove
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

19件
  • kat********
    ものは言いよう、って記事だね
  • kaz********
    半世紀前に、運輸省(当時)が今現在を見通していたと言うのか…?

    笑わせるな!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

991.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

498.0838.0万円

中古車を検索
EQCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

991.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

498.0838.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村