サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本でもポルシェがスープラの3倍? 激減した国産スポーツカーと大衆ブランドの絶滅危機

ここから本文です
 スバルのBRZがモデルチェンジし、新型フェアレディZが発表された一方で、ホンダのNSXが生産終了、日産 GT-Rも厳しい状況になった。パワーユニットの大転換機を迎えた2021年、かつて若者たちが憧れ、オヤジたちが乗り回した国産スポーツカーは存亡の危機を迎えている。

 一方で、フェラーリをはじめとした超高級ブランドでは、今もこれからも輝かしいスポーツカーが生き残っていくことは確実視されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ