現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 似た者同士の兄弟対決「クロスビー」と「ハスラー」。価格&維持費では3年で70万円以上の差がつく可能性

ここから本文です

似た者同士の兄弟対決「クロスビー」と「ハスラー」。価格&維持費では3年で70万円以上の差がつく可能性

掲載 28
似た者同士の兄弟対決「クロスビー」と「ハスラー」。価格&維持費では3年で70万円以上の差がつく可能性

似たもの兄弟のクロスビーとハスラー
スズキの大人気軽クロスオーバーSUVといえば「ハスラー」ですが、ハスラーに似た愛らしいルックスをもちながらも、ひと回り大きいボディの乗用車が「クロスビー」です。今回は、そんな似たもの兄弟の維持費について徹底比較してみたいと思います。

2014年1月に登場したハスラーは、スズキの軽自動車らしい使い勝手の良さと優れたコストパフォーマンスはもちろん、流行りのクロスオーバーSUVスタイルを採り入れた、明るくポップな内外装のデザインを武器に、発売直後から爆発的なヒットを記録しました。

コンパクトで取り回し抜群! スズキ クロスビーのおすすめグレードは?

>>スズキ クロスビーのカタロググレードをチェックする

そんなハスラーに対して、2017年12月に登場したのがクロスビーです。ハスラーと同じデザインコンセプトをもつクロスビーですが、1.0Lのガソリンエンジンを搭載する登録車であるため、ボディサイズも軽規格のハスラーよりひとまわり大きく、乗車定員も5名となっています。

とはいえ、全長3760×全幅1670×全高1705mmと、コンパクトカーと同等のサイズのため、運転のしにくさを感じることはほとんどないでしょう。むしろ、軽自動車に比べて余裕をもった走りや広い居住空間をメリットに感じる機会の方が多いかもしれません。

>>スズキ ハスラーのカタロググレードをチェックする

そんなクロスビーとハスラーは、よく比較検討されることの多い1台です。もちろん、ボディサイズや機能など比較するのも重要ですが、コストパフォーマンスの重視されるコンパクトカーや軽自動車においては、実際にどのくらいの価格で購入でき、また、どの程度のランニングコストが必要なのかという点も無視することはできません。

購入時で約65万円の差が!
車両価格を見ると…
クロスビー・・・・・・184万300円 ~228万9100円
ハスラー・・・・・・・136万5100円~181万7200円
…と、およそ50万円程度の差があります。

売れ筋グレードで見ると…
クロスビー「ハイブリッドMZ」の2WD/2トーンルーフ仕様車
・・・・・214万3900円
ハスラーの「ハイブリッド Xターボ」の2WD/2トーンカラー仕様車
・・・・・168万3000円
…と、その差は46万900円となっています。

>>スズキ クロスビーのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ハスラーのカタロググレードをチェックする

クロスビーの人気グレードの乗り出し価格は260万円前後
クロスビーの「ハイブリッドMZ」(2WD/2トーンルーフ仕様車)の場合、メーカーオプションの「ブラウンアクセントパッケージ+全方位モニター用カメラパッケージ」(9万3500円)を装着し、さらにディーラーオプションでフロアマット、純正8インチナビ、ドライブレコーダー、ETC2.0車載器など約30万円分をディーラーオプションで装着することににします。

この時点で、車両価格+オプションで約254万円となります。

ここに、自動車税種別割(2万5000円)、環境性能割(5万2600円)、自動車重量税(2万4600円)、自賠責保険料(2万7700円)、そのほかリサイクル料金や登録諸費用などを合わせると、約20万円が追加され、総額約274万円ほどとなります。

クロスビーは15万円ほどの値引きが期待できるため、実際の乗り出し価格は260万円前後を見込んでおくと良いでしょう。

>>スズキ クロスビーのカタロググレードをチェックする

ハスラーの人気グレードの乗り出し価格は195万円
一方、ハスラーの「ハイブリッド Xターボ」の2WD/2トーンカラー仕様車に対して、同等の装備を設定すると、車両価格は約190万円になります。

これに加えて、自動車税種別割(1万800円)や環境性能割(3万500円)、自動車重量税(9900円)、自賠責保険料(2万7330円)、そのほかリサイクル料や登録諸費などを合わせた約12万円が上乗せされます。

同様に期待できる7万円ほどの値引きを考慮すると、ハスラーの乗り出し価格は約195万円前後となり、クロスビーとの差はおよそ65万円となります。

ちなみに、ターボの搭載されていないモデルは、環境性能割が免税となります。

>>スズキ ハスラーのカタロググレードをチェックする

ランニングコストでもハスラー有利!
では、ランニングコストについてはどうでしょうか?

上で例に挙げたクロスビーのWLTCモード燃費は18.2km/Lであるのに対し、同じくハスラーは22.6km/Lと、ハスラーの方が燃費性能が高いことがわかります。

レギュラーガソリンの価格が160円/Lの場合、1000km走行した際のガソリン代は、クロスビーが約8791円、ハスラーが約7080円となり、その差は約1711円となります。

毎月1000kmの走行をする場合、1年間で約2万532円、3年間では6万1596円の差が生じます。

また、自動車税種別割は毎年発生するため、2年目と3年目合わせて計2万8400円の差が発生します。

これらを総合すると、年間毎月1000km走行した際のランニングコストの合計額は、クロスビーが約36万6476円、ハスラーは約27万6480円となり、その差は約9万円となります。

新車購入時の差額と合わせると、クロスビーとハスラーでは約74万円となります。ここに加えて、任意保険料や駐車場代、高速道路代などが必要となりますが、一般的には軽自動車のほうがいずれも安くなる傾向にあるので、実質的な差はさらに開くことでしょう。

>>スズキ クロスビーのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ハスラーのカタロググレードをチェックする

コストで比較するとハスラーが断然有利だが…
このように、登録車であるクロスビーと軽自動車のハスラーでは、排気量も小さく、税制優遇などが充実しているハスラーの方がコスト面では有利になります。

一方、ハスラーのおよそ1.5倍の排気量を持つクロスビーは、高速道路やワインディングでも難なく走り切ることができるほか、より多くの人や荷物を乗せても力強く走ることができます。また、ボディサイズがひと回り大きい分、室内空間にも余裕が生まれるなどのメリットもあります。

3年間で約74万円の差は決して小さいものではありませんが、クロスビーとハスラーを比較検討する際には、コスト面ばかりに注目せずに、どんな使い方をするかという点にも注目してみると良いでしょう。

>>スズキ クロスビーのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ハスラーのカタロググレードをチェックする

文:ピーコックブルー
写真:
1~6枚目:スズキ クロスビー ハイブリッドMZ
7、10~11枚目:スズキ ハスラー ハイブリッドXターボ
8枚目:スズキ ハスラー ハイブリッドGターボ
9枚目:スズキ ハスラー ハイブリッドX

こんな記事も読まれています

クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web

みんなのコメント

28件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.2233.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0309.8万円

中古車を検索
クロスビーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.2233.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0309.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村