サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【カローラとサニーからヴィッツとノートに!!】日本の「大衆車」はどう変わった?? 

ここから本文です

 東京オリンピック2020の開催に向けて、現在急ピッチで準備が進められている日本国内。前回の東京オリンピックでは、その準備の過程で、日本国内の多くの道路が舗装され、高速道路が整備されました。

 これにより日本のモータリゼーションは一気に進むことになりますが、それまで一般大衆には手が届かない存在であった自家用車を購入可能な価格で実現させた大衆車の出現も、日本のモータリゼーションを加速させた要因として、なくてはならない存在でした。

【クルマの価値観が大きく変わる!?】激増中!! 話題の月額定額サービス 損と得

 その時々の流行や、社会情勢の変化とともに変わるニーズを受け、変化する大衆車。

おすすめのニュース

サイトトップへ