現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最大1000kmの走行が可能に!? 太陽誘電が開発した電動アシストシステム「FEREMO」とは?

ここから本文です
最大1000kmの走行が可能に!? 太陽誘電が開発した電動アシストシステム「FEREMO」とは?
写真を全て見る(3枚)

電動アシスト自転車の利便性・環境性能を強化

 太陽誘電は、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」で次世代回生電動アシストシステム「FEREMO(フェリモ)」を出展しました。

【画像】太陽誘電が開発した次世代回生電動アシストシステム「FEREMO(フェリモ)」を画像で見る(9枚)

 電気機器製品の製造メーカーである太陽誘電が開発したFEREMOは、ブレーキ時やペダル停止時に運動エネルギーを再利用し発電・充電を行うことで優れたアシスト走行距離を実現する最先端の電動アシストシステムです。

記事全文を読む

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
電動アシスト自転車の礎を築いたヤマハ「PAS」プロトタイプ開発秘話
電動アシスト自転車の礎を築いたヤマハ「PAS」プロトタイプ開発秘話
バイクのニュース
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
外部充電もできるFCEVなんていままで見たことない! 新型となり燃料電池車となって帰ってきたホンダCR-V e:FCEV
外部充電もできるFCEVなんていままで見たことない! 新型となり燃料電池車となって帰ってきたホンダCR-V e:FCEV
WEB CARTOP
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
グーネット
ホンダ、新型『CR-V』は809万4900円…プラグイン機能を装備した燃料電池車「e:FCEV」発売
ホンダ、新型『CR-V』は809万4900円…プラグイン機能を装備した燃料電池車「e:FCEV」発売
レスポンス
「世界で最も高効率なEV」は1kWで8km走る、航続675kmの米ルーシッド『エア・ピュア』とは
「世界で最も高効率なEV」は1kWで8km走る、航続675kmの米ルーシッド『エア・ピュア』とは
レスポンス
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
高まるバッテリーマネジメントへの要求に、EV向け2000Vの高電圧多層セラミックコンデンサをサムスンが開発
レスポンス
ビンファストがフィリピン進出、最初のモデル『VF 5』は航続326kmの電動SUV
ビンファストがフィリピン進出、最初のモデル『VF 5』は航続326kmの電動SUV
レスポンス
ホンダCR-Vが帰ってきた! 新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」が登場
ホンダCR-Vが帰ってきた! 新型燃料電池車「CR-V e:FCEV」が登場
THE EV TIMES
ホンダ新型「スゴイSUV」発表! 日本初の“画期的ユニット”搭載! “2年ぶり復活”の「CR-V」発売へ
ホンダ新型「スゴイSUV」発表! 日本初の“画期的ユニット”搭載! “2年ぶり復活”の「CR-V」発売へ
くるまのニュース
ポルシェ『マカンEV』、後輪駆動のベースグレードを発表…航続はシリーズ最長の641km
ポルシェ『マカンEV』、後輪駆動のベースグレードを発表…航続はシリーズ最長の641km
レスポンス
ホンダがプラグイン機能を持つ燃料電池車「CR-V e:FCEV」のリース販売を開始
ホンダがプラグイン機能を持つ燃料電池車「CR-V e:FCEV」のリース販売を開始
@DIME
アドベンチャー性能をさらに向上させた無敵モデル! BMW Motorradが「R 1300 GSアドベンチャー」のフルモデルチェンジを発表
アドベンチャー性能をさらに向上させた無敵モデル! BMW Motorradが「R 1300 GSアドベンチャー」のフルモデルチェンジを発表
バイクのニュース
江淮のEVトラック、中国新エネルギー商用車性能評価大会で三冠達成…航続や省エネ性能に評価
江淮のEVトラック、中国新エネルギー商用車性能評価大会で三冠達成…航続や省エネ性能に評価
レスポンス
日産、新型『セレナe-POWER』をインドネシアに投入 プロパイロットは「1.0」搭載
日産、新型『セレナe-POWER』をインドネシアに投入 プロパイロットは「1.0」搭載
レスポンス
大型トラックのEV普及にはバッテリーがキモ! 期待が寄せられる「全固体電池」の実現度
大型トラックのEV普及にはバッテリーがキモ! 期待が寄せられる「全固体電池」の実現度
WEB CARTOP
ホンダ CR-Vの燃料電池車「CR-V e FCEV」を国内でもリース販売開始
ホンダ CR-Vの燃料電池車「CR-V e FCEV」を国内でもリース販売開始
Auto Prove

みんなのコメント

7件
  • たこびゅ
    エコモードなんか使い物にならんので、実質ハイモードの100kmが走行距離でしょうね。
    それでも今売ってるアシスト自転車より倍近く走れるから使えますな。
    あとは値段!!
  • jit********
    負荷時以外は発電サポート自転車?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村