現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに出る!ホンダ「N-VAN」のEV 個人ニーズめちゃ意識!? 大胆ツートンも “日本向けEV戦略”ここから始まる!

ここから本文です
ついに出る!ホンダ「N-VAN」のEV 個人ニーズめちゃ意識!? 大胆ツートンも “日本向けEV戦略”ここから始まる!
写真を全て見る(1枚)

ホンダ「N-VAN」からEV戦略はじまる!

 ホンダは2024年6月13日、新型の軽商用EV「N-VAN e:」を10月10日に発売すると発表しました。

【これは売れそう!?】「N-VANのEV」全貌を写真で見る!

 かねてアナウンスされていた商用バン「N-VAN」のEVです。フラットで低い床、高い天井、大容量の荷室空間、助手席側のセンターピラーレスによる大開口部などの特長はそのままにEV化。商用ユースに求められる実用航続距離と大容量の荷室空間の両立しているといいます。

 一充電の走行距離は、WLTCモードで245km。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「すごい軽バン」登場! まさかの運転席のみ“おひとりさま専用モデル”アリ!? 新型「N-VAN e:」どんな人に適してる?
ホンダ新型「すごい軽バン」登場! まさかの運転席のみ“おひとりさま専用モデル”アリ!? 新型「N-VAN e:」どんな人に適してる?
くるまのニュース
はじめてのEVに244万円からのホンダ「N-VAN e:」はいかが? 大人気の「N-VAN」がEVになって、おひとりさま専用タイプも登場!?
はじめてのEVに244万円からのホンダ「N-VAN e:」はいかが? 大人気の「N-VAN」がEVになって、おひとりさま専用タイプも登場!?
Auto Messe Web
タジマ、新型EV車両5機種を発表…バンからミニカーまで幅広いラインナップ
タジマ、新型EV車両5機種を発表…バンからミニカーまで幅広いラインナップ
レスポンス
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
THE EV TIMES
ホンダ「フリード」は新型で何が変わった? 8年ぶりのフルモデルチェンジで燃費性能はどう進化したか。
ホンダ「フリード」は新型で何が変わった? 8年ぶりのフルモデルチェンジで燃費性能はどう進化したか。
くるくら
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
カー・アンド・ドライバー
大幅改良したホンダ「新型ヴェゼル」がマジでバカ売れ中! ライバルと徹底比較して「イイとこ」「もう少しなとこ」を徹底検証
大幅改良したホンダ「新型ヴェゼル」がマジでバカ売れ中! ライバルと徹底比較して「イイとこ」「もう少しなとこ」を徹底検証
WEB CARTOP
ホンダ新型「“デカい”SUV」に大反響! 斬新な「シンプルデザイン」&高級感マシマシ!  超カッコいい「プロローグ」に熱視線
ホンダ新型「“デカい”SUV」に大反響! 斬新な「シンプルデザイン」&高級感マシマシ! 超カッコいい「プロローグ」に熱視線
くるまのニュース
ホンダN-BOXとは? 特徴・性能、新型での変化などを徹底解説!
ホンダN-BOXとは? 特徴・性能、新型での変化などを徹底解説!
WEB CARTOP
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
くるまのニュース
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
ベストカーWeb
ホンダ“新”「フィット」発表! “最も燃費がイイ”「ハイブリッドモデル」!? デザイン異なる“独自モデル”に安全性高めた「新仕様」台湾で登場
ホンダ“新”「フィット」発表! “最も燃費がイイ”「ハイブリッドモデル」!? デザイン異なる“独自モデル”に安全性高めた「新仕様」台湾で登場
くるまのニュース
新型「コンパクトミニバン」発表! アウトドアデザイン×2列3列採用!? ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」を比較した人の声とは
新型「コンパクトミニバン」発表! アウトドアデザイン×2列3列採用!? ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」を比較した人の声とは
くるまのニュース
ホンダ高級「“スポーティ”SUV」実車公開! 超“精悍”な「スタイリッシュモデル」! 迫力エアロが超カッコイイ「CR-Vモデューロ」バンコクで展示
ホンダ高級「“スポーティ”SUV」実車公開! 超“精悍”な「スタイリッシュモデル」! 迫力エアロが超カッコイイ「CR-Vモデューロ」バンコクで展示
くるまのニュース
ホンダが「スポーティSUV」実車公開! 精悍デザインの「RSモデル」登場! めちゃカッコいい「CR-V」タイで披露
ホンダが「スポーティSUV」実車公開! 精悍デザインの「RSモデル」登場! めちゃカッコいい「CR-V」タイで披露
くるまのニュース
60万円! “めちゃ細”ボディの「新型車」登場! 鮮烈レッドの「豪華内装」採用した斬新「新型コンパクトカー」が凄い!
60万円! “めちゃ細”ボディの「新型車」登場! 鮮烈レッドの「豪華内装」採用した斬新「新型コンパクトカー」が凄い!
くるまのニュース
クラストップの燃費[ノア]!! 気持ちよさで選ぶなら[ステップワゴン]! ミニバンHVの違いイッキ見
クラストップの燃費[ノア]!! 気持ちよさで選ぶなら[ステップワゴン]! ミニバンHVの違いイッキ見
ベストカーWeb
【最新モデル評価】ホンダ・アコードは電動車だからできる爽快感を追求。e:HEVハイブリッドのスポーティな味わいがいい!
【最新モデル評価】ホンダ・アコードは電動車だからできる爽快感を追求。e:HEVハイブリッドのスポーティな味わいがいい!
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

3件
  • kam********
    日産サクラの電池容量と同程度の20KW前後を予想していましたが、意表を突く30Kw近い大容量電池を搭載してきたのでかなり実用性は高いと思いますね。

    あとは価格の問題だけだと思いますので、中古で新車価格の半値くらいになるのがいつ頃なのかが気になるところです。
  • yss*********
    >衝突事故での2次被害を軽減する技術である衝突後ブレーキシステムを採用したそうです。

    地味だけどこういう安全機能は積極的に採用してくれ。
    右直事故の後に歩道の園児の列に突っ込むような事故を二度と起こさせないでほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.5201.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0289.0万円

中古車を検索
N-VANの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

136.5201.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0289.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村