現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 使える国産ワゴンの大穴的存在! カローラフィールダーのおススメ理由を競合車と比較しつつ解説

ここから本文です

使える国産ワゴンの大穴的存在! カローラフィールダーのおススメ理由を競合車と比較しつつ解説

掲載 69
使える国産ワゴンの大穴的存在! カローラフィールダーのおススメ理由を競合車と比較しつつ解説

現行カローラシリーズの最長寿モデル
セダン、ワゴン、ハッチバックに加え、SUVの「カローラクロス」も登場し、拡大を続けるカローラファミリー。特に、絶滅危惧種となっているステーションワゴンが「カローラツーリング」(現行型)および「カローラフィールダー」(先代の継続販売)と、2車種もラインナップされているというのも稀なケースだ。ここでは2012年の登場から10年以上が経過し、今なお人気を保っているカローラフィールダーにスポットライトを当てたい。

>>カローラフィールダーのカタロググレードをチェックする
>>カローラフィールダーハイブリッドのカタロググレードをチェックする

新型が登場しても続投。「カローラ フィールダー」が存在する理由とは?

普段使いのしやすさはピカイチ
カローラフィールダーを積極的に選ぶポイントは、第一にはボディサイズだろう。旧「ヴィッツ」系のプラットフォームを使ったカローラフィールダーのボディサイズは、全長4400mm×全幅1695mm×全高1475mm(4WDは1500mm)。5ナンバーサイズに収まり、狭い道の走行を余儀なくされるドライバーにとってもストレスなく乗りやすい。また、最小回転半径は4.9mでヤリス(同4.8m)と大差なく、狭い路地での取り回しも楽にこなせるのだ。この点、同胞のカローラツーリングは全幅1745mm、最小回転半径はエントリーグレード以外は5.3mとなるから、普段使いのしやすさならカローラフィールダーに軍配が上がる。

ハイブリッドでも230万円を切る注目の価格
次に、価格面でのメリットも挙げたい。カローラフィールダーは純ガソリン、ハイブリッド(HV)ともに「EX」グレードのみの設定となるが、純ガソリンならCVT搭載モデルでも1,829,300円(税込)で手に入る。5速マニュアルミッションはさらに10万円以上安い1,709,400円で新車が購入可能だ。

クルマの値上げが続くなか、Cセグメントワゴンでこの価格設定は驚くほかない。参考まで、カローラツーリングのスタート価格は2,013,000円と20万円近く高価で、純ガソリン車の燃費(WLTCモード)も19.8km/L対14.6km/Lとカローラフィールダーが優勢だから、デビュー年次の古さを考慮しても、そのお値打ちぶりがわかるだろう。また、カローラフィールダーはHVについても2,292,400円と、カローラツーリングのHVに比べ約20万円安価となっている。

>>カローラフィールダーのカタロググレードをチェックする
>>カローラフィールダーハイブリッドのカタロググレードをチェックする

納期が相対的に短いことにも注目。ディーラー情報では7月上旬にカローラフィールダーを注文した場合、納車は9月以降とのことで、2~3か月程度の納期を見込んでおけばよさそう。これに対しカローラツーリングの納車は来年1月以降とされており、納期には相当差が付く。今乗っているクルマの車検が近いなど、早く新車が欲しいユーザーには、ここも大きなメリットだろう。

唯一のライバルはホンダ シャトル
では、ライバルになるような車種はあるのだろうか。実は、現状5ナンバーでステーションワゴンと呼べる国産車は、他に「ホンダ シャトル」が存在するのみ。シャトルは2015年デビューだから、カローラフィールダーより3年ほど新しく、スタート価格も純ガソリン車(CVT)で1,808,400円とやや安価になっている。

ボディサイズを見ると、シャトルは全長4440mm×全幅1695mm×全高1545mm(4WDは1570mm)と、カローラフィールダーに比べハイトがある。そのため、室内寸法もカローラフィールダーの長さ1945mm×幅1430mm×高さ1200mmに対し、シャトルは同1925mm×1450mm×1290mmと頭上の余裕があるが、4WDだとタワーパーキングに入らないケースも出てくるのが辛いところ。

肝心の装備は、純ガソリンのエントリーグレード同士で比べると、カローラフィールダーのスマートキー、サイド&カーテンシールドエアバッグ、熱吸収ウインドシールドガラスはシャトルに付かず、逆にシャトルのアダプティブクルーズコントロール、標識認識機能、フルオートエアコンはカローラフィールダーに付かないなど、優劣は付けがたい。よって、どちらが自分のライフスタイルに合うか、試乗も含めて細かく確認するのが賢い選択方法となりそうだ。

>>ホンダ シャトルのカタロググレードをチェックする

というわけで、隠れたお買い得モデル、カローラフィールダーを掘り下げてみた。国産ワゴンを探している方の参考になれば幸いだ。

>>カローラフィールダーのカタロググレードをチェックする
>>カローラフィールダーハイブリッドのカタロググレードをチェックする

こんな記事も読まれています

「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
AUTOSPORT web
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
motorsport.com 日本版
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
くるまのニュース
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日刊自動車新聞
スズキがスーパーキャリイ「軽トラ市」仕様など出展へ…ジャパントラックショー2024
スズキがスーパーキャリイ「軽トラ市」仕様など出展へ…ジャパントラックショー2024
レスポンス
“The Last Dance”を謳う現行ランボルギーニ・ウラカンの最終モデルが登場
“The Last Dance”を謳う現行ランボルギーニ・ウラカンの最終モデルが登場
カー・アンド・ドライバー
Sun Emperor の電動バイク SS1 に純正オプション「高反発シート」が登場!
Sun Emperor の電動バイク SS1 に純正オプション「高反発シート」が登場!
バイクブロス
バイク専用ディスプレイ&レコーダー「ライダーズスマートレコーダー」の販売がスタート!
バイク専用ディスプレイ&レコーダー「ライダーズスマートレコーダー」の販売がスタート!
バイクブロス
トヨタファイナンス、等級ない車両保険を全国展開 国内初「P2P」採用
トヨタファイナンス、等級ない車両保険を全国展開 国内初「P2P」採用
日刊自動車新聞
トヨタ新型「カムリ」発売!  米国で22年連続ベストセラーの最上級FFセダンは最新の“トヨタ顔”を採用し北米市場で登場
トヨタ新型「カムリ」発売! 米国で22年連続ベストセラーの最上級FFセダンは最新の“トヨタ顔”を採用し北米市場で登場
VAGUE
ゴツいトヨタ「新型SUV」実車公開! 精悍顔の「ランクル」登場! 標準とは違う個性とは
ゴツいトヨタ「新型SUV」実車公開! 精悍顔の「ランクル」登場! 標準とは違う個性とは
くるまのニュース
ゴールデンウィークは自然に会いに行こう!家族で楽しいオススメスポット10選
ゴールデンウィークは自然に会いに行こう!家族で楽しいオススメスポット10選
グーネット
イケイケのBYDの次なる一手は認定中古車市場への進出! 「BYD CERTIFIED」開始でEV購入のハードルがダダ下がり
イケイケのBYDの次なる一手は認定中古車市場への進出! 「BYD CERTIFIED」開始でEV購入のハードルがダダ下がり
THE EV TIMES
ダイハツ&トヨタの「小さなSUV」販売再開! 約1年の沈黙から挽回なるか 「ロッキー・ライズ」どうなる?
ダイハツ&トヨタの「小さなSUV」販売再開! 約1年の沈黙から挽回なるか 「ロッキー・ライズ」どうなる?
くるまのニュース
勝田範彦とラリージャパンの舞台を巡るツアーが開催決定。三河湖SSの解説やラリー講座、夕食会など実施へ
勝田範彦とラリージャパンの舞台を巡るツアーが開催決定。三河湖SSの解説やラリー講座、夕食会など実施へ
AUTOSPORT web
横浜ワールドポーターズの「ライズオフィシャルストア」が4/26リニューアルオープン!
横浜ワールドポーターズの「ライズオフィシャルストア」が4/26リニューアルオープン!
バイクブロス
株式会社ザクティのオンボードカメラが4/29に開催される「SG第43回オールスター・オートレース」優勝戦に採用
株式会社ザクティのオンボードカメラが4/29に開催される「SG第43回オールスター・オートレース」優勝戦に採用
バイクブロス
江戸の粋にこだわった作品制作/山﨑満さんの好きな作品・代表作
江戸の粋にこだわった作品制作/山﨑満さんの好きな作品・代表作
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

69件
  • 実際、使い勝手の良いサイズで、取り回しもよく、4人+荷物もしっかり載せられるし、5ナンバーステーションワゴンはもっと売れてもいい気がします。
    ただ、日本メーカーからはほとんどリリースされていないのと、オーソドックスなモデルが多いので、日本では地味な印象があるのかもしれません。
    昔、BG5レガシィツーリングワゴンGT-Bに乗ってましたが、使い勝手もよく、どこでも行ける安心感と、運転してもスポーツタイプに負けない楽しさがありました。
    他社には、ステージアとか、ランエボワゴンなんかもあって、選択しも多かったです。5ナンバーではないですが、現行のSUV等に比べればまだナロー。
    また、各社から魅力的なステーションワゴンが出るのを楽しみに待ってます!
  • カローラフィールダーハイブリッドに乗ってますが、通勤仕事プライベートに大活躍しています、全く不満はないですね。
    ホンダシャトルもカタログ落ちするみたいですから、唯一無二の存在になると思います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索
カローラフィールダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村