サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ/日産/ホンダ以外の人気車種は? 国内メーカーNo.1モデル5選

ここから本文です

トヨタ/日産/ホンダ以外の人気車種は? 国内メーカーNo.1モデル5選

■トヨタ/日産/ホンダに次いでランキング上位を獲得したモデルとは

 日本自動車販売協会連合会が発表した2019年の登録車販売台数ランキングにおいて、1位のトヨタ「プリウス」から18位のホンダ「ステップワゴン」までをトヨタ/日産/ホンダの3メーカーが占める結果となりました。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 日本には、3社以外にも主要自動車メーカーとして5社が存在しているのですが、それぞれのメーカーで2019年にもっとも売れた登録車はいったい何だったのでしょうか。各メーカーごとに紹介していきます。

●スズキ「ソリオ」(登録車ランキング総合19位)

 トヨタ/日産/ホンダの3社のモデルに続いて総合19位を獲得したのが、スズキのコンパクトカー「ソリオ」です。2019年の年間販売台数は4万4488台を記録しました。

 ソリオのボディサイズは全長3710mm×全幅1625mm×全高1745mmと、コンパクトカーのなかでも比較的小さく、狭い道でも安心してが運転することが可能です。

 後部ドアには両側スライドドアを採用し、高い全高による室内高1360mmという広々とした室内を実現。使い勝手にも優れています。

 搭載されるパワーユニットは1.2リッター直列4気筒エンジンを基本に、燃費性能の異なる2種類のハイブリッド仕様をラインナップし、全3種類となっています。もっとも燃費の良いグレードではJC08モードで32km/Lという低燃費を実現しています。

 ソリオは、標準モデルのほかに、内外装が異なるエアロモデルの「ソリオバンディッド」をラインナップ。車両価格(消費税込、以下同様)は148万6100円からです。
 
●スバル「インプレッサ」(登録車ランキング総合20位)

 2019年にスバルでもっとも販売台数の多かった登録車は、スバル「インプレッサ」です。2019年は4万3780台を販売しました。

 現行型インプレッサのボディサイズは、ショートワゴンタイプの「インプレッサスポーツ」が全長4475mm×全幅1775mm×全高1480mmと、日本の道路環境でも扱いやすいサイズです。

 ボディタイプには、インプレッサスポーツのほかにセダンタイプの「インプレッサG4」、そしてSUVタイプの「XV」と、幅広いラインアップを持ちます。

 パワーユニットのラインナップは、1.6リッター水平対向4気筒と、スポーツおよびG4に設定される2リッター水平対向4気筒、そしてXVのみの設定となる2リッター水平対向4気筒+モーターの「e-BOXER」の全3種です。

 2019年11月にはそれぞれ改良がおこなわれ、スポーツとG4の外観がブラッシュアップされたほか、3モデルすべてに対して運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備としました。

 インプレッサシリーズの価格は200万2000円(スポーツ/G4)からです。

●マツダ「CX-5」(登録車ランキング総合29位)

 マツダ「CX-5」は、同社のフラッグシップSUV「CX-8」のひとつ下の車格に位置するミドルクラスSUVです。2019年の販売台数は3万1538台となっています。

 現行モデルとなる2代目は2017年に登場。設定されるパワーユニットは、2リッターと2.5リッター、2.5リッターターボの直列4気筒ガソリンと、2.2リッターの直列4気筒ディーゼルをラインナップしています。

 年次改良でおこなわれる機能の追加も注目され、2020年1月17日に発売された改良モデルでは、内装のセンターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化されました。

 CX-5の価格は261万8000円からです。

■三菱の登録車でもっとも売れたモデルはミニバンだった!?

●ダイハツ「トール」(登録車ランキング総合32位)

 2016年に発売されたダイハツ「トール」は、前出のソリオとコンパクトカー市場で競合するモデルです。2019年の販売台数は2万6736台を記録しました。

 トールのボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmとソリオと極めて近く、両側スライドドアの装備や、室内高の高さ(1355mm)などの特徴も共通しています。

 搭載されるパワーユニットは、1リッター直列3気筒エンジンと1リッター直列3気筒ターボエンジンの2種類です。トールの価格は価格は149万500円からとなっています。

 なお、トールにはOEMモデルとしてトヨタ「ルーミー」および「タンク」、そしてスバル「ジャスティ」が存在します。

 トヨタの2モデルについては、ルーミーが登録車販売台数ランキングで7位(販売台数9万1650台)、タンクが11位(販売台数7万4518台)と、トールよりも売れ行きが好調です。

●三菱「デリカD:5」(登録車ランキング総合37位)

 三菱「デリカD:5」は、ミニバンでありながら優れた悪路走破性を実現した個性的なSUVミニバンです。2019年に2万85台を販売し、同年の三菱の登録車でもっとも売れたモデルとなりました。

 現行モデルの発売は2007年となっており、非常にロングセラーなクルマとなっていますが、2019年2月におこなわれたビッグマイナーチェンジで、大幅に商品力を強化。

 今回紹介した5車種のなかでは対前年比の売上がもっとも伸びた(148.8%)クルマとなっています。

 搭載されるパワーユニットは2.2リッターディーゼルエンジンを採用し、組み合わされるトランスミッションは新開発の8速ATです。ディーゼルモデルの駆動方式は全車4WDとなっています。

 ビッグマイナーチェンジを受けたデリカD:5の価格は391万3800円からです。なお、旧型となるガソリンモデルも併売されており、こちらは249万4800円からとなっています。

※ ※ ※

 2019年の登録車年間販売台数の上位を見ると、1位はトヨタ「プリウス」が獲得し、次いで日産「ノート」が2位にランクインしました。

 そして、上位20車種の顔ぶれを見るとトヨタ車が12車種、日産車が2車種、ホンダ車が4車種、そしてスズキ/スバルがそれぞれ1車種と、ランキングにおけるトヨタ車の強さが目立ちます。

 2020年の販売ランキングがどのような結果となるのか、いまから注目です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します