現在位置: > > > > > トヨタサイノスは何故MR2より優れていたのに生産中...

『トヨタサイノスは何故MR2より優れていたのに生産中...』:トヨタ サイノス

解決済みトヨタサイノスは何故MR2より優れていたのに生産中止になったのですか? CMにglobeが出ていたことで有名な車です。

トヨタサイノスは何故MR2より優れていたのに生産中止になったのですか?
CMにglobeが出ていたことで有名な車です。

ベストアンサーに選ばれた回答

多分、カローラ・レビンやスプリンター・トレノとキャラが重なっていましから、
こちらを買うなら、レビンやトレノの1500モデルになったと思います。

間違えていたらすいません。
カローラのシャシーを作られたレビ・トレは意外と広かったのですが、
サイノスはカローラⅡベースでしたよね?

小室哲哉さん黄金期でしたね。
このCM覚えてます。
CMだけ見るとカッコ良かったですよ。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • 売れなかったから。

  • 優れているとは、誰も思わなかったから。

  • 走りが鈍亀で、爺しか買わなかった不人気車。
    当然、販売台数が伸びず、お荷物と成ったから。

  • サイノスがMR2より優れていたのは、乗車定員と燃費(維持費)くらいじゃないかな?

    それと、この手の2ドアクーペは、セクレタリーカーと言われるジャンルに入り、アメリカで人気のあった車種のはず。
    インプレッサ・リトナとか、ミラージュ・アスティなどもそんな感じだったはずで、日本国内では積極的に売っていなかったように思います。


    アメリカでは、子供のいる人の場合、4ドアの車だとリアドアを開けて子供を誘拐されるという危険性があり、2ドアセダンの需要は少なくないと聞いています。


    ここからは若干の邪推が入りますけど・・・・
    セクレタリー(秘書)と言えば、普通の事務員とか工場勤務に比べて所得も多いでしょうし、シングルマザーの比率も高いんじゃないかな?
    仕事柄、あまりかっこ悪い車にも乗りにくいという事で、2ドアセダン→2ドアクーペというスタイルになったんじゃないかな?


    日本ではこの辺りの2ドアクーペは走りに振って若い兄ちゃんが喜んで乗る車(そういう認識が多かったはず)。
    サイノス、リトナ、アスティは普通のエンジンの仕様しかなくて、肩透かしを食ったような気がしました。

    最も、ミラージュとインプレッサは、限定生産でエボとかWRXのエンジン、サスを組み込んだモデルが出ていたと思います。

  • トヨタサイノスは何故MR2より優れていたのに生産中止になったのですか?


    販売台数が

    伸びないのが直接原因・・だと

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。