現在位置: carview! > カタログ > プジョー > 206 > レビュー・評価一覧 > おすすめ度を低くしたのは、この車のマイナ...

プジョー 206 「おすすめ度を低くしたのは、この車のマイナ...」のレビュー

ルビーニョ ルビーニョさん

プジョー 206

グレード:スタイル_RHD(AT_1.4) 2006年式

乗車形式:その他

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

おすすめ度を低くしたのは、この車のマイナ...

2007.6.2

総評
おすすめ度を低くしたのは、この車のマイナス点を受け入れられないと付き合えない独特のキャラクターの持ち主だからです。206が大ヒットしたとはいえ、やはりまだプジョーはマニアックなメーカーです。万人向けではありません。国産車と同じノリで買うときっと我慢できない欠陥車に思えてしまうでしょう。
 だからマイナス点を理解しプラス面がそれを補って余りあると感じる人でない限り、手を出すことはお勧めしません。
 購入を考えている人は必ず試乗してみてください。もしフィーリングがあったら、離れられない車になりますよ!
 私にとっては最高の一台です。
満足している点
満足している点はまずエクステリアです。発売からもうすぐ10年というのに最新の国産車と並べてもまったく古く見えないそのデザインは本当に魅力的だと思います。その個性あるデザインは広い駐車場にとめておいても、どこに止めたか一発でわかります。
 後は走行性能。FF車に常のアンダーステアを感じることが殆どありません。ステアリングを切るとスッとイン側に鼻を向ける感覚はスポーツカーのよう。とは言ってもガチガチに硬い乗り心地ではなく、段差を軽くいなしていく懐の深さを持っています。307で味わったようないわゆる猫足とは少し違うような気がしますが、それでも独特の味わいが残されています。
 そしてなんと言っても上記のことから得られる運転が楽しい!と感じられることがすばらしいです。
不満な点
はじめから分かっていたことなのであんまり気にもならないのですが、やはり装備面でしょうか。シンプルなオーディオ、利きの良くないクーラー。頼りないスイッチ類。
 それから無理やり過ぎる右ハンドル化。つま先が部品にぶつかってちょっと窮屈なのと、左側にあるブレーキシステムを延長して右側から操作している仕組みのせいでブレーキフィーリングが若干曖昧になっているような気がします。
 あとは1.4ℓとしてはごく悪な燃費。ひどいブレーキダスト、各部の作りの荒さ。まぁ「ここがこーだったらなぁ」と思うことはたくさんあります。承知の上なので不満と言う程ではないのですが。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

プジョー 206 レビュー・評価一覧

マイカー登録
プジョー 206 新型・現行モデル