カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『腰高スポーツカー』の口コミ

  • 腰高スポーツカー

    総合評価: 1.0

    投稿日:2018年2月18日

    投稿者:エコブースト350 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:三菱 パジェロジュニア
    グレード:ZR-II_4WD(AT_1.1) (1995年式)

    総評
    小さなからだ。大きなタイヤ。フン張ったオーバーフェンダー。ファニーなお顔。小さなエンジン。ルーフレール、リアスポイラー、赤い泥除けフラップ、リミデフ、別工場装着による希少なダブルサンルーフ(ポップアップのみでプラスチックパネルを取り外す方式。今じゃありえない簡素なオプション)。私にとっては舗装路、ダートに関わらず、純粋なスポーツカーでした。私にとって大事なことは、オシリのすぐ後ろがリアタイヤであるということ。昔、走っていたクラシックカーがそう。ロングノーズにショートデッキ。今のスポーツカーはそれがほぼない。あるのはCCVだけ。ジムニーにこの子にラングラーのショートにそうそうケータハム。ケツが感じるリアタイヤの感触。スポーツカーには私にはこれが大事。チャンスを作ってまた乗ります。
    満足している点
    よくまわるエンジンでした。首都高はセカンドレンジに固定すれば、何でもやってくれました。加速に減速にと。普段はのんびりと動いていました。当時のイタリア車の如く4000回転から先は任せな、と速くもないのに意気がっていましたよ。この子は。それと、SUVとしてではなく、CCVとしての極悪舗装路や砂利道での乗り心地はとてもよいモノでした。この安心感によるお手軽感こそがこのクルマのハイライトなのでは。
    不満な点
    今から思えば、シートの作りがよくはなかったかな?2時間も乗ればおしりが痺れてくるので。タンク35リッター。少ないかな。3ATに大きなタイヤに1100cc。大体300キロ弱で給油でした。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする