現在位置: > > > > > 西部警察でも有名になったマツダロードペーサー(画...

『西部警察でも有名になったマツダロードペーサー(画...』:三菱 デボネア

解決済み西部警察でも有名になったマツダロードペーサー(画像)はトヨタにセンチュリー、日産にプレジデント・三菱にデボネアがあるのにマツダにはそのような設定の車がなかったのでやけくそで追加したのですか?

西部警察でも有名になったマツダロードペーサー(画像)はトヨタにセンチュリー、日産にプレジデント・三菱にデボネアがあるのにマツダにはそのような設定の車がなかったのでやけくそで追加したのですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

中学生の頃コスモに憧れがあった。
ロードペーサーにも乗りたかったが免許取得時には発売されていなかった。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • やけくそというか、当時はトヨタ日産の2大メーカーに次ぐ3番手争いを三菱、いすゞ、マツダで競い合っており、業界3位のメンツを懸けてセンチュリーやプレジデントに匹敵するクラスの最上級車種を各社が欲してたのです。自社の役員が乗る車が5ナンバーサイズではカッコが付かなかったし、あわよくばセンチュリーやプレジデントみたいに大企業の役員や政治家に乗らせたかったんです。それまで手を出してこなかった最上級車市場に食い込むことができれば、シェアを伸ばして3番手争いから抜け出せるかもしれなかったし。

    トヨタ日産ほどの規模を持たない3番手争いの各社にしてみれば、もとより販売台数の見込めないこのクラスの車種を完全自社開発するのは無理だったので、海外メーカーとの協力関係を使って最上級車種の発売を模索しました。マツダは特に後ろ盾を持たなかったものの、GMから買ったボディにロータリーエンジンを載っけたロードペーサーを作り、いすゞはロードペーサーと同じボディのホールデン・ステーツマンを資本提携先のGMから完成車供給してもらい、三菱も合弁相手のクライスラーからヴァリアントシリーズの完成車供給を受けていました。

    必要に迫られて、その当時の条件で出来ることやろうとした結果であって、やけくそとは言えませんよね。

  • でしょう。
    ドンガラはオーストラリアのホールデンですしねえ。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

pitte

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

プレミアムコンパクトかくあるべし。新型Audi A1 Sportbackの全方位進化に驚いた

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

中古車三菱 デボネアアクセスランキング
  1. 1位 3.0 ロイヤルエクストラ
    3.0 ロイヤルエクストラ
    480,000円(埼玉)
  2. 2位
    チョップトップ
    690,000円(広島)
  3. 3位
    se
    700,000円(宮城)
  4. 4位
    V ロイヤルAMG
    1,050,000円(福岡)
  5. 5位
    AMG 旧車 ハチマルヒーロー
    500,000円(茨城)

※2020年2月28日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)