新車価格(税込)

516.0559.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

123.9570.9万円

中古車を検索

グレード情報MINI Crossoverハイブリッド

歴代モデル1件MINI Crossoverハイブリッド

ユーザーレビュー29件MINI Crossoverハイブリッド

MINI Crossoverハイブリッド

  • おしゃれ
  • デザインがかわいい
  • 燃費が良い

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.3
乗り心地:
3.5
燃費:
4.3
デザイン:
4.7
積載性:
3.4
価格:
3.4

専門家レビュー3件MINI Crossoverハイブリッド

所有者データMINI Crossoverハイブリッド

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. クーパー SE クロスオーバー オール4_RHD_4WD(AT_1.5)
    2. クーパー SE クロスオーバー オール4_RHD_4WD(AT_1.5)
    3. クーパー SE クロスオーバー オール4_RHD_4WD(AT_1.5)
  • 人気のカラー

    1. グレー
    2. その他
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    83.7%
    女性
    14.4%

    その他 1.8%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 45.2%
    2. 近畿地方 13.4%
    3. 東海地方 12.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ミニクロスオーバー

平均値を表示しています。

ミニクロスオーバー

ミニクロスオーバーの中古車平均本体価格

306.3万円

平均走行距離31,216km

買取情報MINI Crossoverハイブリッド

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値MINI Crossoverハイブリッド

走行距離別リセール価値の推移

MINI Crossoverハイブリッド
グレード:
クーパー SE クロスオーバー オール4_RHD_4WD(AT_1.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

498.0万円

売却予想価格

162.0万円

新車価格の 33%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 201万円 182万円

162万円

新車価格の
33%

142万円

新車価格の
29%

1万km 198万円 173万円 148万円 123万円
2万km 193万円 157万円 121万円 85万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて MINI Crossoverハイブリッド

2020年9月

■2020年9月
BMWは、プラグインハイブリッドの「ミニクロスオーバーPHEV」を2020年9月30日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインをメインとしたリフレッシュを実施。フロントグリル、前後バンパーのデザインを刷新し、LEDヘッドライトの形状を従来の丸型から角型に変更した。リヤLEDコンビネーションランプも他のミニと同じく、ユニオンジャックをモチーフとしたデザインとした。

オプションの「ミニ オール4エクステリア」を装着すると、前後バンパーにアルミマット調の加飾、同色のアンダーガードが装着される。また、「ピアノブラックエクステリア」を選ぶと、ライトやフロントグリルまわり、ドアハンドル、リヤゲートのCrossoverエンブレムなどのパーツがピアノブラックでコーディネートされる。

ボディカラーには「セージグリーンメタリック」、「ホワイトシルバーメタリック」、「ムーンウォークグレーメタリック」の3色が追加された。

装備では、コーナリングライト付きLEDヘッドライトおよびLEDデイライトリングが標準となる。ナビゲーションシステムにはタッチパネル機能とともに手元でも操作可能なコントローラーを装備。新型マルチディスプレイメーターパネル、ヘッドアップディスプレイはオプションとして用意されている。

2022年1月1日には価格改定を実施した。

同年6月1日には価格改定を実施した。


■2022年6月
BMWは、「ミニクロスオーバー」に特別仕様車「アンテイムドエディション」を設定して、2022年6月16日に発売した。

「アンテイムドエディション」は「クーパーS E クロスオーバー オール4」をベースに、“飼い慣らせない遊び心”をテーマに、完全CGIで生成されたクリエイティブの世界の中でアンテイムドエディションの遊び心を表現して、専用のボディカラーやハイグレードな仕様とした特別仕様車だ。

エクステリアは、専用ボディカラーの「モメンタム・グレー」に、ブラック・ルーフを採用。ピアノ・ブラックのパーツを随所に取り入れるとともに、MINIエンブレムやエアインテーク、アンダーガードなどの加飾パーツをボディカラーと統一することで、落ち着きあるモノトーンとしている。また専用の18インチ2トーン・カラーのホイールを装備した。

インテリアは、自然からインスパイアされたブルーとグリーンを基調とした。運転席メモリー機能付の電動シートとシートヒーターを備えたMINI Yoursレザー・ラウンジシートとドアのアームレスト部分を専用色ハイランドグリーンで統一し、インテリア空間を落ち着いたイメージに仕上げている。また専用インテリアサーフェスは、フローズンブルー塗装にUntamedのロゴが浮かび上がる特別仕様で、カスタマイズ可能なアンビエントライトを備えている。高品質ナッパレザーを用いたステアリングホイールのスポーク下部にはUntamedエンブレムをあしらい、雄大なランドスケープをモチーフとしたドアシルプレートやフロアマットなど、インテリアの随所に専用デザインを施した。

安全装備や運転支援システムは、前車接近警告機能や衝突被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーウォーニング機能を標準装備した。またクルーズコントロール、パークディスタンスコントロール(フロント&リア)、縦列駐車をサポートするパーキングアシストパッケージなどを装備して、安全性を向上。さらにApple CarPlayでiPhoneをMINIのセンターディスプレイに表示し、タッチ操作でGoogle MapやiPhone純正マップの使用、電話やメッセージの送受信などが可能。またMINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能も多数装備している。

■2022年11月
BMWは、「ミニクロスオーバー」に特別仕様車「アルバート・ブリッジ・エディション・PHEV」を設定して、2022年11月10日に発売を開始した。

同特別仕様車は、プラグイン・ハイブリッド・モデルである「クーパーS E クロスオーバー オール4」をベースに、限定のボディカラーやレザーシートなど、上質な装備を与えた内容になっている。

「アルバート・ブリッジ・エディション・PHEV」というネーミングの由来になっているのは、英国ロンドンのテムズ川にある趣あるアルバート橋で、夜間は美しくライトアップされ、ロンドンの名所となっている。ミニは2030年代に全モデルの電気自動車化を目指しており、プラグインハイブリッドモデルである今回の特別仕様車を、現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルと位置付け、アルバード橋の名前を取り入れたという。

エクステリアでは「ミニ」の3ドア、5ドア、コンバーチブルで人気のある「ルーフトップ・グレー」を特別装備し、ブラック・ルーフ、ブラック・ミラー・キャップ、ピアノ・ブラック・エクステリアとのコンビネーションで、都会的かつスポーティな印象に仕立てた。加えて、19インチのアロイ・ターンスタイル・スポーク2トーンのホイールが「ミニ クロスオーバー」のパワフルなSUVらしさを強調し、ミニのプラグインハイブリッドモデル専用カラーである黄色を基調とした専用パーツが各所に採用されている。

インテリアでは、「ミニ クラブマン」の専用シートとして人気を博した「レザー・チェスター・インディゴ・ブルー」を特別装備。深く美しいブルーがドアトリムおよびダッシュボードのアクセント・ストリップと連動し、インテリア全体に一体感をもたらしている。インテリアサーフェスには「ミニ ユアーズ インテリア・スタイル・シェーデッド・シルバー・イルミネーテッド」を採用し、ダッシュボードを彩るイルミネーションが上質な室内空間を演出している。また、今回の特別仕様車の限定デザイン・パーツとして、専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシルを装備しているほか、上質なレザーを用いたナッパ・レザー・ステアリングのスポーク下部にも「アルバート・ブリッジ」のロゴが配されている。

装備面では、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、レーン・ディパーチャー・ウォーニング機能を標準装備。また、ストップ&ゴー機能付きのアクティブ・クルーズ・コントロール、パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リア)や縦列駐車をサポートするパーキング・アシストなども備え、安全性をさらに向上させている。さらに、Apple CarPlayでiPhone上のコンテンツをセンター・ディスプレイに表示し、タッチ操作でGoogle MapやiPhone純正マップの使用、電話やメッセージの送受信などが可能なほか、MINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能も装備している。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。