現在位置: carview! > カタログ > マツダ > MAZDA3セダン > みんなの質問 > マツダ車 ジュネーブモーターショー2019で...

『マツダ車 ジュネーブモーターショー2019で...』:マツダ MAZDA3セダン

解決済みマツダ車 ジュネーブモーターショー2019で、マツダは『CX-30』という新型車を披露しました。ボディサイズなど見ると、CX-3とCX-5の中間というイメージです。注目モデルということもあり、ネットでも記事が話題となっ

マツダ車
ジュネーブモーターショー2019で、マツダは『CX-30』という新型車を披露しました。ボディサイズなど見ると、CX-3とCX-5の中間というイメージです。注目モデルということもあり、ネットでも記事が話題となっていましたが、意外な意見が多くみられました。

ジュネーブモーターショー2019で、マツダは『CX-30』という新型車を披露しました。事前の情報によれば「CX-3の後継モデル」ということだったのですが、意外なことにマツダの発表では「CX-3と違う車種となります。CX-3も併売します」とのこと。ボディサイズなど見ると、CX-3とCX-5の中間というイメージ。そもそもCX-3だって先日大きなマイナーチェンジをしたばかりでした。

マツダの新世代モデル第二弾として発表され、話題となっている新型「CX-30」

さて、今回マツダが発表した新型「CX-30」、ユーザーからは同じような意見が多いようです。どんなクルマを売るかについては、「マツダの事情のため御自由に」なのですが、興味深いのがクルマ好きの反応。総じてネガティブでした。ネット上の「CX-30」記事にコメントされた内容をいくつか紹介しましょう。

「最近のマツダ車ってどれも似たり寄ったり」。「この顔もう飽きました。ここまで同じ顔で引っ張られると次を期待しなくなる」。「全部同じに見えるんすけど」。


また興味深いのが、「カッコいいとは思うけど、もうどれがどれだかわからない」「今のマツダ車デザイン好きだけど、価格が高くて手が出ない」とも。マツダのデザイナーからすれば同じに見えるのは狙い通りでしょう。いずれにしてマツダのクルマが“どこを切っても同じ金太郎飴”になったのは100%間違いなしです。

こういったデザイン戦略を取ってきた自動車メーカーは古今東西皆無。モデルバリエーションの少ないポルシェなど全車似てるような気もしますが、911ですら顔だけ見たらどの世代かハッキリわかる。似ているがイメージからしてけっこう違うのです。ベンツやBMW、アウディなども雰囲気こそ共通イメージながら、上手に“差”を出しています。

これほどラインナップのデザインを似せることはどういうことか、『アイドルグループを作る』ことを例にして考えてみましょう。

2人のユニットであっても3人のユニットであっても、いわゆる「キャラ」はカブらないようなルックスにするのが普通。いろんな好みのファンを作れるし、見飽きないからです。マツダの場合、同じキャラだけをズラリと揃えました。男性ユニットなら同じタイプ。女性なら典型的な美人ですね。

これはもうプロデュースする人の好み。今のマツダのプロデューサーは、同じタイプを揃えるのが好きなのだと思います。趣味や好みの範囲がエラく狭い、ということになります。ここまで読んで「普通なら違う雰囲気のメンバーも入れたらどうです?」という意見も社内から出るのではないかと考えることでしょう。実際、マツダ社内からも不満が出ているそうです。


現在、マツダの新型車開発部門のトップが超ガンコな上、強い権力を持っていると聞きます。新型「マツダ3」は、驚くほど太いCピラーを採用しました。ナナメ後方視界を確保出来るのか、というくらい太い。実車に座ってみた人に聞いてみても「非常に問題あると思います」といっています。

この件をマツダの人に直接聞いてみると、「Cピラーがこれだけ太いと当然ながら見えにくいです」と話します

また「マツダ3」の4ドアセダンはデザインをカッコ良くするため、昔のトヨタ「カリーナED」と同じく屋根が低くて狭いといいます。そもそもCX-3もボディサイズの割にボンネット長いため、ホンダ「ヴェゼル」などのライバル車と比べ狭いキャビンになっています。

今回発表された新型「CX-30」もボンネットが長いため、決してキャビンは広くはないと思います。ユーザーもさすがに見飽きたマツダデザイン、いったいいつまで続くのでしょうか。

どう思われますか?

補足
私のデミオは絶好調! ◎:エンジン最大トルク ::(N・m<kgf・m>/rpm) :250〈25.5〉/1,500-2,500 ◎:使用燃料::軽油 低回転域からの高トルクは、 一度体験すると・・元には戻れない。 ガソリン車でこのトルクは2500CC必要! しかも軽油 コ・ス・パは高い!

ベストアンサーに選ばれた回答

ブランディングとはそういうものです。
例えばCX-5がちょうど良い予算だとします。
しかしCX-3とCX-8は好みのデザインで
CX-5が好みでない場合

a.CX-3に下げる
b.CX-8が買えるように頑張って働く
c.CX-5で我慢する
d.他社にする

abcは妥協でdが妥当です。

アイデンティティを統一する事によりマツダを指名買いしてもらうのが目的です。

またそうする事でマツダ車多く走っているように見えるので
広告効果もあります。

CX-30に関しては欧州車でもあるクーペのようなSUVの位置付けでは
ないでしょうか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。