現在位置: > > > レンジローバースポーツ

pitte

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

マイカー登録はこちら

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    385
  • カタログ燃費
    7.6 km/L

ランドローバー レンジローバースポーツの概要

内装が一部変更され、快適性が向上

2018年モデルが投入された。カットダイアモンドパターンが施されたセミアニリンレザーシートや、新たに設定されたアッパーグローブボックスなど、快適な車内空間を実現。また、ハイパフォーマンスモデルのSVRは、最高出力を575psに向上。オプションでカーボンファイバーボンネットも用意される(2018.4)

ランドローバー史上最速のモデル

レンジローバースポーツは、2005年にランドローバーから発表されたSUVで、その名の通り、ラグジュアリーなレンジローバーに対して、スポーティな性格となる。2013年には2代目にモデルチェンジ。ボディはアルミニウム製で、ピラーをブラックアウトしたフローティングルーフや、寝かされた前後ウィンドウなど、スポーティなスタイリングとなる。搭載エンジンは3L V6スーパーチャージャーと、5L V8スーパーチャージャーで、それぞれ高出力バージョンが存在し、8速ATと組み合わせられる。サスペンションには電子制御式エアサスペンションを採用。オンロード、オフロードそれぞれで最適な性能を発揮する。(2016.3)

ランドローバー レンジローバースポーツ 2018年4月マイナーチェンジ グレード一覧

現行 表の見方 表の見方
グレード SE 4WD(AT) SE 4WD(AT) SE (ディーゼル) 4WD(AT) SE (ディーゼル) 4WD(AT) HSE 4WD(AT) HSE 4WD(AT) HSE (ディーゼル) 4WD(AT) HSE (ディーゼル) 4WD(AT) HSE ダイナミック (ディーゼル) 4WD(AT) HSE ダイナミック (ディーゼル) 4WD(AT) オートバイオグラフィ ダイナミック (3.0リッター) 4WD(AT) オートバイオグラフィ ダイナミック (3.0リッター) 4WD(AT) オートバイオグラフィ ダイナミック (5.0リッター) 4WD(AT) オートバイオグラフィ ダイナミック (5.0リッター) 4WD(AT) SVR 4WD(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 873.0万円 899.9万円 908.0万円 934.9万円 1023.0万円 1049.9万円 1053.0万円 1079.9万円 1111.0万円 1137.9万円 1238.0万円 1264.9万円 1444.0万円 1470.9万円 1681.0万円
基本情報 発売年月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月 2018年4月
駆動方式 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 ABA-LW3SA ABA-LW3SA LDA-LW3KB LDA-LW3KB ABA-LW3SA ABA-LW3SA LDA-LW3KB LDA-LW3KB LDA-LW3KB LDA-LW3KB ABA-LW3SA ABA-LW3SA ABA-LW5SA ABA-LW5SA ABA-LW5SA
トランスミッション 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm 4855×1985×1800mm
車両重量 - - - - - - - - - - - - 2450kg 2480kg 2420kg
乗車定員 5名 7名 5名 7名 5名 7名 5名 7名 5名 7名 5名 7名 5名 7名 5名
タイヤ(前輪) 235/65R19 255/55R20 235/65R19 255/55R20 255/55R20 255/55R20 255/55R20 255/55R20 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21
タイヤ(後輪) 235/65R19 255/55R20 235/65R19 255/55R20 255/55R20 255/55R20 255/55R20 255/55R20 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21 275/45R21
エンジン 過給器 スーパーチャージャー スーパーチャージャー ターボ ターボ スーパーチャージャー スーパーチャージャー ターボ ターボ ターボ ターボ スーパーチャージャー スーパーチャージャー スーパーチャージャー スーパーチャージャー スーパーチャージャー
総排気量 2994cc 2994cc 2992cc 2992cc 2994cc 2994cc 2992cc 2992cc 2992cc 2992cc 2994cc 2994cc 4999cc 4999cc 4999cc
使用燃料 ハイオク ハイオク 軽油 軽油 ハイオク ハイオク 軽油 軽油 軽油 軽油 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 105L 105L 86L 86L 105L 105L 86L 86L 86L 86L 105L 105L 105L 105L 105L
性能 燃費(10.15モード) - - - - - - - - - - - - - - -
燃費(JC08モード) - - - - - - - - - - - - 7.6km/L 7.6km/L 7.6km/L
燃費(WLTCモード) - - - - - - - - - - - - - - -
最高出力(ps(kw)/rpm) 340(250)/6500 340(250)/6500 258(190)/3750 258(190)/3750 340(250)/6500 340(250)/6500 258(190)/3750 258(190)/3750 258(190)/3750 258(190)/3750 380(280)/6500 380(280)/6500 525(385)/6500 525(386)/6500 575(423)/6500
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 45.9(450)/3500 45.9(450)/3500 61.2(600)/2000 61.2(600)/2000 45.9(450)/3500 45.9(450)/3500 61.2(600)/2000 61.2(600)/2000 61.2(600)/2000 61.2(600)/2000 45.9(450)/3500 45.9(450)/3500 63.7(625)/3500 63.7(625)/3500 71.4(700)/5000
最小回転半径 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m 6.1m

ランドローバー レンジローバースポーツ 口コミ

3.9
  • これが高級というものか
    投稿日: 2020年1月27日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ランドローバー レンジローバースポーツ

    グレード: SE(ガソリン)_RHD_4WD(AT_3.0) 2018年式 乗車形式: レンタカー

    思いがけず代車として走行130kmの「新車」をお借りしました。グレードはベースの「SE」です。 ただ3.0のV6自体は既にラインアップから落ちている上に、ボディもどうやらマイナーチェンジ前のデザインのよう。タイヤの製造時期(2017年後半)からしても「長期在庫車が代車に回ってきたのでは?」という感じはありますが、乗ってみるとそんなことなどどうでも良くなるほどすばらしいクルマでした。 ランドローバーとしてはオンロード寄りの性格を与えられた「スポーツ」ですが、その名に違わぬ高いレベルのオンロード性能をもつことが実感できました。 また、オフローダーの出自を示すかのように細やかな操作には忠実に応えながらも唐突な仕草を決して出さないしつけの良さは、知らず知らずのうちに運転手の気持ちを穏やかにする力があります。 はじめは価格を知らず「さすが1000万円超のクルマは出来が違う」と勝手に感心していたのですが、調べてみると当時の車両価格は860万円! まあここには必須となるであろうコーナーセンサーやカメラは含まれませんが、それにしても内容からすればバーゲンと言ってもいい価格だと思いました。お値うち感はイヴォークの600万円とは比べものになりません。 文句なしの5つ星ですが、これに近い乗り味をもっと小さ(くて安)いクルマで味わいたい、というのは所詮無理な願いでしょうか…。

    続きを見る
  • レンジローバー スポーツ評価
    投稿日: 2019年11月6日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ランドローバー レンジローバースポーツ

    グレード: オートバイオグラフィ ダイナミック(ガソリン)_RHD_4WD(AT_5.0) 2018年式 乗車形式: マイカー

    出た直後の雑誌記事ではスポーツ性能を取り上げて褒められていましたが、正直スポーツといえども峠やサーキットを走り回る車ではないと思われます。(マカンGTSからの乗換えなのでそう思うのかもしれませんが…) スポーツしてるのはクラウンのような直線番長なところだけでしょうか?😅 SVRならどうなのか少し気になります(^^)

    続きを見る
  • スタイリッシュ!
    投稿日: 2019年3月27日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ランドローバー レンジローバースポーツ

    グレード: HSE ダイナミック(ディーゼル)_RHD_4WD(AT_3.0) 2018年式 乗車形式: マイカー

    テクノロジー関連の細かい気になる部分はあれど、基本的に車のデザイン、質感、走り全てにおいて不満は無いです。とにかくスタイリッシュ。ドイツ車御三家に無いおもむきやデザインは流石レンジローバーといった所でしょうか。 しばらくは楽しみたいです。

    続きを見る
  • 重心の高いスポーツカー
    投稿日: 2018年12月14日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: ランドローバー レンジローバースポーツ

    グレード: SVR(ガソリン)_RHD_4WD(AT_5.0) 2016年式 乗車形式: マイカー

    重くて重心が高いけれど、スポーツカーって感じで楽しいです とにかく、エンジン音と排気音が、凄いです。 始動時がホント煩い💦ご近所様ほんとにすみません。 荷台の愛犬は騒々しい音色にさぞ満足でしょう?? 子供も妻も心地良いといいます? 22インチオーバーフェンダーモデルです。 大きさは慣れてしまいましたが、例えばディズニーランドの駐車場とかに停めると、うーん確かに他車様と比べて異様な車幅?車軸幅?感を感じます。 めちゃめちゃ気に入っています!

    続きを見る

ランドローバー レンジローバースポーツの口コミ・評価をもっと見る(37件)

ランドローバー レンジローバースポーツ みんなの質問

ランドローバー レンジローバースポーツのみんなの質問をもっと見る(23件)

ランドローバー レンジローバースポーツ 中古車価格表 価格と年式で比較

※枠内の数字は件数を表示しています。

ランドローバー レンジローバースポーツ 中古車価格表 価格と走行距離で比較

※枠内の数字は件数を表示しています。

ランドローバー レンジローバースポーツ 中古車相場推移表

ランドローバー レンジローバースポーツ
平均価格 760.3万円
平均走行距離 19,369km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー