現在位置: > > > テーマ

ランチア テーマグレード・価格・口コミ情報

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    1318
  • カタログ燃費
    - km/L

ランチア テーマの概要

フェラーリエンジン搭載のモデルも設定

サーブとフィアット系3ブランドが共同開発したいわゆるティーポ4計画の一台。1984(S59)年に登場した。エクステリアのデザインはジウジアーロが担当し、直線形状の端正なスタイリングは高級車ランチアの復活を印象づけた。シンプルで上品なインテリアも魅力の一つである。日本へ輸入されたのは2Lの直4DOHCのi.e.、同ターボのターボi.e.、そして2.8LのV6だ。1986(S61)年にはピニンファリーナがワゴン化デザインを担当したステーションワゴンと、かの有名な“テーマ・フェラーリ”が発表された。テーマ・フェラーリは正式名をテーマ8.32と呼び、フェラーリ308クワトロバルボーレ用のV8ユニットをカム角度の変更などのモディファイを施してエンジンルームに押し込んだ、スーパーFFセダンだ。ポルトラナフラウ社製の専用インテリアはマセラティも顔負けの豪華さ。テーマシリーズ自体は1988(S63)年と1993(H5)年にマイナーチェンジを受けており、1988(S63)年は2Lエンジンの16バルブ化、1993(H5)年はアルファ製の3LのV6搭載がニュースであった。(1990.2)

フェラーリエンジン搭載のモデルも設定

サーブとフィアット系3ブランドが共同開発したいわゆるティーポ4計画の一台。1984(S59)年に登場した。エクステリアのデザインはジウジアーロが担当し、直線形状の端正なスタイリングは高級車ランチアの復活を印象づけた。シンプルで上品なインテリアも魅力の一つである。日本へ輸入されたのは2Lの直4DOHCのi.e.、同ターボのターボi.e.、そして2.8LのV6だ。1986(S61)年にはピニンファリーナがワゴン化デザインを担当したステーションワゴンと、かの有名な“テーマ・フェラーリ”が発表された。テーマ・フェラーリは正式名をテーマ8.32と呼び、フェラーリ308クワトロバルボーレ用のV8ユニットをカム角度の変更などのモディファイを施してエンジンルームに押し込んだ、スーパーFFセダンだ。ポルトラナフラウ社製の専用インテリアはマセラティも顔負けの豪華さ。テーマシリーズ自体は1988(S63)年と1993(H5)年にマイナーチェンジを受けており、1988(S63)年は2Lエンジンの16バルブ化、1993(H5)年はアルファ製の3LのV6搭載がニュースであった。(1990.2)

ランチア テーマ 1990年2月マイナーチェンジ グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 2.0 i.e. 16v(左ハンドル)(AT) ターボ 16v LS(左ハンドル)(MT) 2.0 ターボ 16v(左ハンドル)(MT) 3.0 V6 LS(左ハンドル)(AT) 2.8 V6(左ハンドル)(AT) 8・32(左ハンドル)(MT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 413.0万円(税抜) 433.0万円(税抜) 438.0万円(税抜) 443.0万円(税抜) 448.0万円(税抜) 838.0万円(税抜)
基本情報 発売年月 1991年2月 1994年2月 1991年2月 1994年2月 1991年2月 1990年2月
駆動方式 FF(前輪駆動) FF(前輪駆動) FF(前輪駆動) FF(前輪駆動) FF(前輪駆動) FF(前輪駆動)
車両形式 E-A834B2 E-A834F2 E-A834C1 E-A834F6 E-A834E E-A834F
トランスミッション 4AT 5MT 5MT 4AT 3AT 5MT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4590×1750×1435mm 4605×1750×1435mm 4590×1750×1435mm 4605×1750×1435mm 4590×1750×1435mm 4590×1750×1435mm
車両重量 1300kg 1330kg 1310kg 1370kg 1310kg 1410kg
乗車定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名
タイヤ(前輪) 195/60R14 195/60R15 195/60VR15 195/60R15 195/60VR14 205/55VR15
タイヤ(後輪) 195/60R14 195/60R15 195/60VR15 195/60R15 195/60VR14 205/55VR15
エンジン 過給器 なし ターボ ターボ なし なし なし
総排気量 1995cc 1995cc 1995cc 2958cc 2848cc 2926cc
使用燃料 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 70L 65L 70L 65L 70L 70L
性能 燃費(10.15モード) - - - - - -
燃費(JC08モード) - - - - - -
燃費(WLTCモード) - - - - - -
最高出力(ps(kw)/rpm) 140(-)/6000 205(-)/5750 175(-)/5500 175(-)/5500 145(-)/5000 200(-)/6750
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 17.6(−)/4000 30.4(−)/3750 29.9(−)/2500 24.9(−)/3750 22.9(−)/3500 26.8(−)/5000
最小回転半径 5.3m 5.3m 5.3m 5.3m 5.3m 5.3m

ランチア テーマ 歴代モデル一覧

ランチア テーマ 口コミ

3.9
  • 羊の皮を被った跳ね馬
    投稿日: 2017年7月8日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ランチア テーマ

    グレード: 8・32_LHD(MT_2.9) 1990年式 乗車形式: マイカー

    広い室内と広大なトランクを備えた実用性があり、燃費も悪くなく乗り心地もいいので長距離も疲れない。エアコンが日本製なところも良い。

    続きを見る
  • テーマは後期型がおすすめ 連続投稿失礼します。 8.32と同時に数年間だけ所有していたのが、最終型のフェーズ3テーマです。 その中の、アルファの3リッ
    投稿日: 2011年6月24日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: ランチア テーマ

    グレード: 3.0 V6 LS(AT) 1990年式 乗車形式: マイカー

    テーマは後期型がおすすめ 連続投稿失礼します。 8.32と同時に数年間だけ所有していたのが、最終型のフェーズ3テーマです。 その中の、アルファの3リッターV6のLSというグレードのセダン。 とにかく、この車は“ランチア”そのものという雰囲気のクルマで、スタイルに無駄がなく適度なサイズ、かつスタイリッシュで、磨き上げたテーマを見ると思わず舐めたくなるような衝動にかられたものです(笑)。 内装も「アルカンターラ」というスウェードのような合成皮革や、「アフリカン・ローズウッド」というつやを押さえた仕上げのウッドを見事なセンスで使用していて、洗練の極みでした。 8.32を除いたテーマを選ぶなら、この後期型のフェーズ3テーマが断然おススメです。装備類の信頼性なども向上していますし、ボディの剛性感もそれ以前のテーマよりしっかりしているほどに感じられます。 テーマはピニンファリーナが製造したワゴンもスタイリッシュでおススメです。

    続きを見る
  • ランチアというブランドの味が凝固されてる 88年のフェーズ1と呼ばれる初期型の8.32を10年ほど所有していましたが、良くも悪くも、もっとも“ランチア
    投稿日: 2011年6月22日 総合評価: 2.0

    メーカー・モデル: ランチア テーマ

    グレード: 8・32(MT) 1990年式 乗車形式: マイカー

    ランチアというブランドの味が凝固されてる 88年のフェーズ1と呼ばれる初期型の8.32を10年ほど所有していましたが、良くも悪くも、もっとも“ランチア”らしい1台だったと今でも思っています。 日本では、ランチアは特にラリーのイメージが強いのですが、もともとは高品質・高級な仕立てで貴族に愛されたメーカーで、今でもその車作りの思想は脈々と受け継がれています。 なのでランチアというブランドの車はどれも、イタリアのテーラーメイドのスーツを着こなすような感覚・センスが必要なものばかりで、特に8.32はどこもかしこも階級社会の色濃い仕立てなので、私にとっては手放す最後の最後まで結局借り物のような感じはぬぐえませんでした。 しかし、それでもあの例のお馬のエンジンの回転を体感するたびに感じる至福感に取り付かれ、結局かなり散財させられました(笑)。 総合的に見ると、8.32は初期型のほうがおすすめです。後期と比較して音が断然よいです。 ランチアは所有してから、ずるずるとはまってしまう魔力がありますので、ご注意を! 今はランチアのリブラという車に乗っています。なかなかぬけられません。

    続きを見る
  • 知り合いがランチア8.32を所有していて、1ヶ月ほどレンタルさせてもらいました。8.32を知っている人には最高の車ですが、知らない人には全くのダメ車で
    投稿日: 2010年3月15日 総合評価: 0.5

    メーカー・モデル: ランチア テーマ

    グレード: - 乗車形式: その他

    知り合いがランチア8.32を所有していて、1ヶ月ほどレンタルさせてもらいました。8.32を知っている人には最高の車ですが、知らない人には全くのダメ車です。1ヶ月間、乗ってみてあらためていい車だと思いましたが、とても所有できる車ではありませんでした。現に知人が「格安で譲るよ」と言ってきましたが、謹んでお断りしました。 誰もが乗れる車じゃありませんが、所有できる人は幸せだと思います。

    続きを見る

ランチア テーマの口コミ・評価をもっと見る(20件)

ランチア テーマ みんなの質問

ランチア テーマのみんなの質問をもっと見る(15件)

ランチア テーマ 1990年2月マイナーチェンジ 中古車アクセスランキング

ランチア テーマ 中古車相場推移表

ランチア テーマ
平均価格 175万円
平均走行距離 76,000km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー