現在位置: carview! > カタログ > ランボルギーニ > ムルシエラゴ > みんなの質問 > ランボルギーニ ガヤルド ムルシエラゴ ディアブロ

『ランボルギーニ ガヤルド ムルシエラゴ ディアブロ』:ランボルギーニ ムルシエラゴ

解決済みランボルギーニ ガヤルド ムルシエラゴ ディアブロ

ランボルギーニ ガヤルド ムルシエラゴ ディアブロ中古で安くて900万
勿論乗る人を選ぶ車ですが
一般企業に務めているサラリーマンでは所有は不可能なのでしょうか?
大体 300万~500万の年収という仮定でよろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

どのような生活をするかにももちろんよりますが、可能ですよ。

収入のほとんどを生活と他の趣味に使ってしまっていれば無理でしょうが、実際には車にだけお金をつぎ込んで、あとは質素にというサラリーマンで、中古で1,000万円ほどの高価格車を維持している方はたくさんいます。

中身はほとんどアウディというガヤルドであれば、まあ手間がかかることはないと思います。オイル交換なども含めて年に一回正規ディーラーで点検してもらうことで、何もなければ10万円くらい。あとは保険や税金と燃料費です。これで走行距離が極端に長くなるような使い方でなければ、オイル効果は年1回の点検時だけでいいですし、十分射程距離に入るのではないでしょうか。

回答一覧

5件中 1~5件
  • ムルシエラゴ等、V12エンジンのモデルは、流石に厳しいような気がします。フェラーリも、F355や360等、V8エンジンのモデルは、自身の生活を削って維持している人は多いようですが、599や612スカリエッティとなると、車がオーナーを選ぶような気がします。

    ランボルギーニであれば、ガヤルドであれば、不可能では無いような気がします、と言うか、気持ちの問題です!自身の生活を削ってでも所有したい、維持したい、という気持ちがあれば、維持出来ると思います!かく言う私は、将来的にフェラーリにチャレンジしてみたいと思っています笑。

  • この業界のものですが、ガヤルドが一番良いかと・・・

    ムルシエラゴはまず夢のまた夢の存在です。

    ガヤルドは前期モデルと後期モデルがあり、前期のはクラッチが逝きやすいです。なのでクラッチ交換で約80万

    でうからガヤルドを買う場合は07年以降のを選びましょう。でもそうすると予算が足りないのであれば

    前期モデルのMT車しかないですね。ミッションはF1マチックほどクラッチを消耗しないので減りは遅い方です。でもスーパーカーの象徴と言えるパドルでのシフトチェンジが楽しめませんがね

    本気で購入を考えてるならばもっと的確なアドバイスができますが現段階ではこのぐらいですね

    また走行距離とかも大きく関わってきますし・・まあ、がんばってくださいね^^

  • ナンバー付けてれば乗らずに眺めているだけでも、
    年平均で新車価格の5%は維持費として必要ですよ。

    違う質問者の方にも説明しましたが
    中古輸入車を買う上で維持費を気にする事は大切ですが
    逆に維持費が気になるならランクを下げて余裕の有る
    輸入車ライフを送る事が望ましいです。
    ちなみにこのクラスですと、
    ガソリンタンク容量は80ℓ以上でハイオクを要求して来ます。

  • 維持費からしてまず不可能に近いです。

    新車でも点検とオイル交換で10〜20万くらいは簡単にしますよ

  • 車両保険に加入しないのであれば可能性はあります
    加入するのであれは無理です
    年間100万~になりますので…

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。