新車価格(税込)

912.0968.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0249.0万円

中古車を検索

グレード情報アクティブハイブリッド 5

歴代モデル1件アクティブハイブリッド 5

ユーザーレビュー6件アクティブハイブリッド 5

アクティブハイブリッド 5

  • 走行安定性が高い
  • オプションが充実
  • 走行性能が優れている

平均総合評価

3.7
走行性能:
5.0
乗り心地:
5.0
燃費:
3.0
デザイン:
4.0
積載性:
2.0
価格:
2.0

所有者データアクティブハイブリッド 5

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. アクティブハイブリッド 5_RHD(AT_3.0)
    2. アクティブハイブリッド 5 Mスポーツ_RHD(AT_3.0)
    3. アクティブハイブリッド 5 Mスポーツパッケージ_RHD(AT_3.0)
  • 人気のカラー

    1. ガンメタ
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    92.5%
    女性
    3.7%

    その他 3.6%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 44.2%
    2. 近畿地方 13.4%
    3. 信越・北陸地方 9.6%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

オリジナル記事1件アクティブハイブリッド 5

中古車相場 5シリーズ

平均値を表示しています。

5シリーズ

5シリーズの中古車平均本体価格

121.5万円

平均走行距離60,851km

買取情報アクティブハイブリッド 5

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値アクティブハイブリッド 5

走行距離別リセール価値の推移

アクティブハイブリッド 5
グレード:
アクティブハイブリッド 5_RHD(AT_3.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

850.0万円

売却予想価格

17.8万円

新車価格の 2%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 51万円 34万円

18万円

新車価格の
2%

1万円

新車価格の
0%

1万km 50万円 31万円 12万円 0万円
2万km 47万円 24万円 0万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて アクティブハイブリッド 5

2013年9月

■2013年9月
BMWはアクティブハイブリッド5にデザインの変更や装備の充実化、バリエーションの拡充などの改良を加え、2013年9月12日に発売した。

外観デザインはキドニーグリルのデザインを立体的なものにしたほか、リヤコンビランプにLEDライトバーを追加するなどの変更を加えた。またアダプティブLEDヘッドライトを採用した。

バリエーションの拡充では、モダンとラグジュアリー、Mスポーツを設定して選択肢を拡充した。

装備の充実化では、衝突の危険が迫ったときにブレーキをかけて回避や被害の軽減を図る歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキを含むカメラ方式のドライビング・アシストを採用したほか、ミリ波レーダーも加えた仕様としてアダプティブ・クルーズコントロールなどを装備した。

また車載通信モジュールを搭載して乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングの安心感を高めるBMW SOSコールとBMWテレサービスを全車に標準装備し、iDriveのコントローラーにタッチパッドを追加した。


■2013年11月
BMWはアクティブハイブリッド5にデザインの変更や装備の充実化、バリエーションの拡充などの改良を加え、2013年9月12日に発売した。

外観デザインはキドニーグリルのデザインを立体的なものにしたほか、リヤコンビランプにLEDライトバーを追加するなどの変更を加えた。またアダプティブLEDヘッドライトを採用した。

バリエーションの拡充では、モダンとラグジュアリー、Mスポーツを設定して選択肢を拡充した。

装備の充実化では、衝突の危険が迫ったときにブレーキをかけて回避や被害の軽減を図る歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキを含むカメラ方式のドライビング・アシストを採用したほか、ミリ波レーダーも加えた仕様としてアダプティブ・クルーズコントロールなどを装備した。

また車載通信モジュールを搭載して乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングの安心感を高めるBMW SOSコールとBMWテレサービスを全車に標準装備し、iDriveのコントローラーにタッチパッドを追加した。

同年11月29日には、これまでのモダンとラグジュアリー、Mスポーツに加え、標準仕様を追加してバリエーションを拡充した。

2016年10月1日には価格改定を行った。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。