アウディ Q3 新車情報・カタログ

アウディ Q3 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
新車価格(税込)

460.0 万円 561.0 万円

新車見積もりスタート

中古車価格帯

415.0 万円 579.9 万円

中古車を検索

  • アクセスランキング 360
  • 総合評価 4.4
  • ユーザーレビュー (詳細) 63
  • みんなの質問 (詳細) 206
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,490×1,840×1,610mm〜
4,495×1,840×1,610mm
燃料消費率 14.2〜15.4km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 1,497〜1,968cc

概要

■2020年8月
アウディ ジャパンは、SUVの「Q3」を2020年7月7日にフルモデルチェンジ、同年8月19日より販売を開始した。

8年ぶりのフルモデルチェンジを受けたQ3は、Qシリーズ専用のオクタゴン(八角形)シングルフレームグリルにシャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレット、特徴的なバンパーでフロントマスクをデザイン。また、前後のブリスターフェンダー、彫りの深いロワーラインなどでSUVの力強さを表現した。ボディサイズは全長4490~4495㎜×全幅1840㎜×全高1610㎜。先代に対してボディはわずかに拡大し、ホイールベースは75㎜長い2680㎜となった。

インテリアにもオクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルに配された。アウディの上位モデルに共通する10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスターやタッチスクリーンを備えたMMIを設定。セーフティ機能やドライバーアシスタンスシステムも搭載されており、事故を予防し、衝撃を軽減する「アウディプレセンスフロント」に加え、「アウディサイドアシスト」、「アウディアクティブレーンアシスト」、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビューカメラなどが用意されている。

約4.5mの扱いやすい全長でありながらホイールベースの延長によって居住空間は拡大。リヤシートは前後スライドやリクライニングが可能となり、後席ヘッドクリアランスは先代に対して7㎜広くなった。ラゲッジスペースは通常時で70L拡大した530Lの容量を確保しており、リヤシートを格納することで最大1525Lまで拡大することが可能。フロアボードは高さを変更することが出来、フロア下にリヤパーセルシェルフを格納することができる。

パワーユニットは最高出力110kW(150ps)/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1500~3500rpmを発生する1.5リッター直4ガソリンターボ(1.5TFSI)と、最高出力110kW(150ps)/3500~4000rpm、最大トルク340Nm/1750~3000rpmを発生する2.0リッター直4ディーゼルターボ(2.0TDI)を設定。組み合わされるトランスミッションはツインクラッチの7速Sトロニックとなり、2.0TDI搭載モデルには電子制御多板クラッチを用いたフルタイム4WD(クワトロ)が組み合わされる。WLTCモード燃費は1.5TFSIが14.2km/L、2.0TDIは15.4km/L。

同年10月1日には価格改定を実施した。

2022年4月1日には価格改定を実施した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る Q3 2020年8月フルモデルチェンジ

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

歴代モデル一覧 Q3

ユーザーレビュー Q3

平均総合評価 4.4点(63件)
走行性能
4.0
乗り心地
3.9
燃費
3.7
デザイン
4.4
積載性
3.5
価格
3.1
  • 評価が高いレビュー

    こっちの扉を開けてくれた貴重な出会い!

    2017.2.16

    d3-taka d3-takaさん

    グレード:2.0 TFSI クワトロ 211PS Sライン_RHD_4WD(AT_2.0) 2013年式

    乗車形式:仕事用

    評価

    5

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    業務足に欲しかった物ぜんぶ入り~ 6秒台の0-100加速 4人乗れるサイズ キャディバッグを常時ラゲッジに置いておきたい AWD DCT やっぱアウディ乗りたかったのよね(笑) ゴルフGTIのツラと安定のサクサク快速快適性に惚れて~スバルも好きになってS4とレヴォーグの2.0に触れまくり、、、DCTから離れられなかったの、、、レクサスの鳴り物入りデビューNX(試乗で萌えなかったの、、、)あと、ティグアンRラインもやね~ 色々乗り比べて新しい世界に入り込むのが楽しくて楽しくて~でセレクト決め手はドイツ車の剛性塊感とアウディやね☆ 惜しむらくは、、、もう少し頑張ってRSQ3にしておけばと 名機直5の2.5Lターボは間違いなく最高! 乗れるタイミング、興味の沸いたタイミングは2年前あそこやったな、、、 まあ、SQ3で唯一無二最高~満足よ! どこぞやの黒51フーガ改に七曲りでぶっちぎられたからな、、、確か5秒ジャストくらい言うてたかな、ならSQ3は5.5秒くらいかな☆ 初代RSQ3には加速は近くなってる?(笑) 今のプラスは確か4秒台前半よね、、、 ま!まだ乗るよ~
    不満な点
    RSQ3にしとけばよかったとこだけ(笑)
    乗り心地
    ドライブセレクトレスなので基本固めかな~ 好みやろうけど試乗の印象から悪くなく丁度良い感じ。 まあ、超高速、高速、街乗りと(流石にダートはいきません、、、スノーは最高)無難に楽しめるかな♪ 色々乗り比べてくると流石に街乗りは多少ソフトにセットしたいかもね。 やらないけど(笑)

    続きを見る

  • 評価が低いレビュー

    アウディQシリーズの末弟となるQ3 足元から頭のてっぺんまでAudi品質が貫かれている Audiというブランドの拘りが伝わってくる素晴らしい仕上がり

    2012.9.7

    ニックネーム非公開さん

    グレード:2.0 TFSI クワトロ 211PS Sラインパッケージ 4WD(AT) 2012年式

    乗車形式:その他

    評価

    2

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    全長4.3m強というから兄貴分のQ5よりずいぶんと小ぶりなはず、なのだけれども、実物をみると、けっこう堂々たる体躯にみえる。これは、全幅がQ5とほぼ変わらず1.8m強もあるためで、それゆえスタイリングのバランス的にも、Q3の方が、ワイドにひき締まってみえるのだった。  エクステリアの見栄え質感は、セダンシリーズと同じくらい、極めて高いレベルにある。アウディが今、世界で最も秀でているパートのひとつだ。  インテリアも同様だ。最新アウディトレンドにまとめあげられたコクピットデザインは、クリーンでモダン、クールでインテリジェンス、といったキーワードがよく似合う。  要するに、こうゆうことなのだ。国産車にもよくできたコンパクトSUVは多い。価格も半分以下である。けれども、内外装の質感ひとつをとっても、統一感、清潔感、知的さ、スポーティさ、といった官能評価において、国産車や他のドイツ車がとうてい及ばないセンスとクオリティがアウディにはある。その価値を、個人がどう捉えるか。倍の価値があると思うか、思わないか。正に、それぞれのライフスタイルや経験、志向性といったものによる価値観の違い、を問うプロダクトであった。 パフォーマンス自体は、想像通りの仕上がりだ。とにかく、エンジンが頼もしい。7速Sトロニックとの相性がすこぶるよく、望めば想像以上にパワフルに、力を抜けば必要以上にスムースに、Q3を前のめりに加速させる。このパワートレインを味わうのは初めて、というわけでもないのに、とても力強い走りだと思った。おそらく、高い視界と乗用車ライクなアシ回りが、乗り手の気分をそうさせるという側面もあるのだろう。
    不満な点
    注文をつけたい点もあった。それは、ライドフィールのクオリティである。軽快なのはいい。けれども、硬質さやドライさといった、モダンアウディの“らしさ”が足りない。どちらかといえば、ウェットでやさしい、そう、フォルクスワーゲン風味なのだ。 フォルクスワーゲンのライドフィールは当代一流だから、それはそれで悪くはない。ないのだけれど、たとえばアウディA1がきっちりアウディワールドを表現できていたのに比べて、何かと“こだわりの無さ”が目についてしまう。  コッチの方がいいじゃないか、という人もいるだろう。ひょっとすると、より万人ウケするのは、この乗り味かも知れない。  ただ、それでは、ブランドの要諦であるユニークさに、外身はともかくも、中身=走りの面で欠けることになりやしないだろうか。見ためにこだわりました、だけじゃ、今後、長くは通用しない 今後、出力の低い4輪駆動のモデルが追加されるということだが FFにしてもっと安い価格のモデルが出てくると「BMW X1」の真の強敵に成り得る アクセルペダルをほとんど踏むことなく、力が漲ってくる分 アクセルワークに抑揚が無いように感じてしまうところが少しある
    乗り心地
    -

    続きを見る

新着順レビュー

  • デザインに一目惚れしました

    2022.2.23

    jb_******** jb_********さん

    グレード:Q3 35 TDI クワトロ アドバンスト_RHD_4WD(AT_2.0) 2020年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    燃費
    3
    デザイン
    5
    積載性
    5
    価格
    3
    満足している点
    -
    不満な点
    -
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • まぁ満足です

    2022.1.25

    猿犬雉 猿犬雉さん

    グレード:Q3 35 TFSI Sライン_RHD(AT_1.5) 2020年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    4

    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    燃費
    3
    デザイン
    3
    積載性
    5
    価格
    3
    満足している点
    -
    不満な点
    -
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • 走りの割に燃費が悪い

    2021.12.31

    よさころ よさころさん

    グレード:Q3 35 TFSI Sライン_RHD(AT_1.5) 2020年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    2
    乗り心地
    3
    燃費
    2
    デザイン
    4
    積載性
    2
    価格
    3
    満足している点
    小回りがきいて気軽に使える
    不満な点
    パワー不足で燃費が悪い
    乗り心地
    柔らかすぎず、ちょうど良い

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

みんなの質問 206 Yahoo!知恵袋で質問してみる Q3 ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

所有者データ Q3

  • 人気のカラー

    1. 62.5%
    2. 12.5%
    3. グレー
      12.5%
  • 人気の排気量

    1,500cc
    47.5%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    FF
    47.5%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      36.8%
    2. 近畿地方
      21.0%
    3. 東海地方
      15.7%
  • 男女比

    男性
    92.3%
    女性
    7.6%
    その他
    0.0%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング Q3

中古車相場 Q3

アウディ Q3
平均価格 515.1万円
平均走行距離 8,611km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

Q3を見た人はこんな車と比較しています

アウディを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/