現在位置: > > > > > アウトドア大好きで、 よく高速を使って...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『アウトドア大好きで、 よく高速を使って...』の口コミ

  • アウトドア大好きで、 よく高速を使って...

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2008年2月19日

    投稿者:ろびろび さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:アウディ A6オールロードクワトロ
    グレード:3.2FSI_RHD_4WD(AT_3.2) (2008年式)

    総評
    アウトドア大好きで、
    よく高速を使ってデイ&泊まりキャンプに出かける我が家。
    街中でもキャンプサイトでも様になるクルマが欲しい。
    さりとて、本格SUVでしか走破できないようなオフロードには行かないし、
    あの独特の威圧感とか、
    見た目いかにも燃費が悪そうなのも気になる。
    で、このクルマを購入し、
    市街、高速、山道、オフロード織り交ぜて1000km走りました。

    基本的には満足していて、買ってよかったと思っています。

    試乗レポートではダイナミック・モードでのコツコツした突き上げが気になる、と書いてありましたが、他の車のことはあまり詳しくないからでしょうか、全然気になりません。

    燃費は、都内の一般道で6~7km/l, 高速巡航中で12~13km/lです。
    満足している点
    都会でも自然の中でも独特の存在感を放つ、エレガンスとワイルドさをあわせ持った美しい外観。セダンやクーペで美しいのはいっぱいあるけど、ワゴンでここまで美しいのは見たことない。

    自分としてはインテリな感じがして悪くないと思っている、インパネのクオリティーとデザイン。

    運転席以外の座り心地、内装のクオリティーは、試乗を繰り返したXC70, Eクラスステーションワゴンより上と感じました。

    そして荷室にすらそのハイ・クオリティは貫かれていますが、美しいカーペット敷きの床板を取り去ると、ヘビー・デューティーに耐える樹脂床が出てくるため、ウェスや泥で汚れたキャンプ道具をどんどん載せられる。

    街中走行でも「さすがエアサス!」な、滑らかな乗り心地。
    にもかかわらず、山中のワインディングでは、運転がうまくなった?と思わせてくれる、ヒタッとロールを抑えるアシと、キレのいい、程よく軽いステアリング。

    高速での素晴らしい直進安定性。

    縦方向に広く、いつでも静かな室内。

    以前乗っていたA3と比べても、この大きさを余り感じなくてすむ、任意にON/OFF可能な障害物回避用のセンサー&グラフィック。
    不満な点
    とは言え、やはりこのデカさの物理的制約はいかんともしがたい。たとえば、幅1850mm制限の立体駐車場に入らない。A3では廻れた狭い路地への交差点が廻れず、遠回りを余儀なくされてます。

    でかい割りに、同じEセグメントのライバルに比べ、室内の横方向がややタイト。特に、クワトロ装備のためか、センタートンネルがでかく、全席の足元の横方向が若干タイト。運転席では左足がほとんど動かせない。

    XC70, Eクラスステーションワゴンと比べ、荷室も横方向が狭い。
    可倒式後席を前にいっぱいに倒しても、荷室がフラットにならない。

    前席のカップホルダーが1コ分しかない。

    不必要とも思える渋滞回避を繰り返すカーナビ。

    革シートのオプションをつけると850万だが、車に詳しくない人にはそれほどの金額のクルマには見えないらしい。(笑)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)