現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープ「レネゲード」をマイナーチェンジ 高効率エンジン搭載&新デザイン採用

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.15

ジープ「レネゲード」をマイナーチェンジ 高効率エンジン搭載&新デザイン採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは、フロントとリア周りのデザインが刷新された「Jeep Renegade(ジープ・レネゲード)」を、2019年2月23日より全国のジープ正規ディーラーを通じて販売を開始する。


グレード構成は、従来通り「Longitude(ロンジチュード)」「Limited(リミテッド)」「Trailhawk(トレイルホーク)」の計3モデルの導入を予定。
先ず、レザーシート始め充実した装備により高い快適性を誇る「リミテッド」を2月23日に発売。エントリーモデルの「ロンジチュード」と、4WD仕様の「トレイルホーク」については、今春の発売を予定している。

    メルセデス・ベンツ、最高速315km/hの「AMG GT 4ドアクーペ」発表

今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイシアの色やデザインが一新され、より精悍な佇まいとなった。
また、フロントヘッドライトとリアコンビネーションランプは、新型ラングラーにインスピレーションを得たアイコニックな意匠に変更、モダンな表情に生まれ変わっている。


機能面での刷新も図り、新設計のヘッドライトは、デイタイムランニングライトを始め、ハイビーム、ロービーム、フォグランプのすべてがLEDに統一。その結果、従来のキセノンヘッドライトに比べて明るさは20%向上し、夜間走行時の視認性が大幅に高められた。このほか外観上では、ドアミラーの色がシルバーからグレーに変更(リミテッド)されたほか、ホイールデザインも一新されている。

また、新しい高効率エンジンとして、従来の1.4l 直列4気筒マルチエアエンジンに代わり、新世代1.3l 直列4気筒マルチエア2エンジンが採用された。この新型エンジンは、セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付ターボチャージャー、ならびにSTART &STOP機能を搭載し、優れたパフォーマンスと低燃費を両立している。
エンジンスペックは、Limited(リミテッド)の場合、従来モデルに比べて11ps増となる最高出力151psを発生。最大トルクは、40Nm増となる270Nmを発揮。燃費性能については、実用燃費に近いWLTCモードで13.5km/lとなっており、高出力・高トルクながら、優れた燃費性能を実現した。

さらに、さらなる装備の充実を図った結果、ドアミラーにオート格納機能が追加されたほか、オーディオナビゲーションシステムUconnectには、地上デジタルTVチューナーが標準装備。また、全車でカーエアコンの冷媒使用量を減少させるなどして、環境面にも配慮している。
メーカー希望希望小売価格(税込)は、3,550,000円。

ジープ・レネゲード 商品サイト

ジープ レネゲード 関連情報
ジープ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します