現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が元気になった? ミニバンをGT-R化!? 多くの人が注目した「エルグランド」とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.16

日産が元気になった? ミニバンをGT-R化!? 多くの人が注目した「エルグランド」とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ミニバンをGT-R化!? 「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」

 東京オートサロン2019の日産ブースに展示された車両の中でも、多くのユーザーが途切れることなく車両をチェックしたり撮影したりと、注目度の高い車両となっていたミニバンが出展されていました。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 その車両は、「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」。

 先日、ビッグマイナーチェンジを実施したばかりのエルグランド。一時期はLクラスミニバンではトップクラスの人気を誇る車種だった同車ですが、近年はライバル車種の勢いに押されてしまっているというのが実情です。

 しかし、エルグランドが持ち合わせるスポーティさとプレミアムさというのは未だにライバルに引けを取らないもの。そんなスポーティさとプレミアムさを極限まで強調したのが、このコンセプトモデルというわけです。

 まず一番に目を引くのがGT-Rと同色のアルティメイトシャイニーオレンジに塗られたボディカラー。そしてメッキのグリルをピアノブラック塗装とすることでより精悍でスポーティなイメージを持たせています。

 さらに足元にはGT-Rが装着する20インチホイール(フロント用の9.5jインセット45サイズ)を4本装着し、タイヤも同様に255/40ZRF20サイズを装着。ブレーキもGT-Rと同様にブレンボ製のものがおごられています。

 なお、フロントにGT-Rサイズのタイヤホイールを装着したことで若干はみだしが生じてしまったため、フェンダーアーチモールが追加されているのはメーカー謹製だからこそと言えるポイントです。

 内装もGT-Rのシートに使用されているものと全く同じ赤の本革の表皮に張替え、プレミアム感とスポーティ感のアップに一役買っています。

 エンジンは標準車のまま2.5リッターの直4エンジンとなっていますが、ここはメーカーが作るコンセプトカーということで、常識的なラインを超えないという配慮があったのだそう。

 日産の説明員曰く「乗せようと思えばVR38DETTを載せることもできると思います。コンパクトSUVの『ジューク』にも載るくらいですから」とのことです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 小鮒 康一 (通称 フナタン))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します