現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > お値段以上! 200万円以下でコスパ最高のファミリー向け新車6選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

お値段以上! 200万円以下でコスパ最高のファミリー向け新車6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全車家族の安全を守る衝突被害軽減ブレーキが標準装備

 経団連が発表した2018年冬のボーナスは、平均が95万6744円で昨年より3.49%アップしたそうですね~。オリンピックイヤーに近づき、ちょっとは景気のいい話も増えてきている気がしますけど、皆さんのお財布事情はどうでしょう? 私としては、来年には消費税10%への移行が避けられないらしいし、相変わらず銀行にお金を預けてもぜんぜん利子はつかないし、やっぱりまだまだ引き締めていかなきゃなぁ、なんて思ってしまうのですが。子育てにはクルマがあった方がダンゼン便利ですが、買うとしてもコスパ重視、という人も多いのではないでしょうか?

    お金はないがクルマが欲しい……な人にオススメのコミコミ20万円でも普通に使える中古モデル4選と選び方

 でもクルマの価格は、10年前と比べて明らかに高騰しています。昔は100万円あればけっこう選べた印象だったんですけど、今じゃ150万円でもあんまり選択肢がないんですよね。家族で乗って満足できるクルマとなると、なおさら厳しいわけです。

 そこで今回は、車両本体価格で200万円以下から買えて、家族のファーストカーとして満足度の高いクルマをご紹介したいと思います。すべてにおいて、マストな条件としたのは「衝突被害軽減ブレーキ」が標準装備であること。いくらコスパ重視とはいえ、家族で乗るなら安全装備をケチりたくないですからね。

 1)スズキ・ソリオ/三菱デリカD:2

 ということでまずは、小さなお子様がいる家族に嬉しい、スライドドアのつくクルマのなかから、スズキ・ソリオ/三菱デリカD:2。軽自動車のスーパーハイトワゴンより大きく、5ナンバー規格いっぱいよりもひとまわり小さいという独自のボディサイズで、1745mmの高いルーフを生かした広大な室内空間が魅力です。

 スズキならではの使いやすいシートアレンジ、豊富な収納スペースはもちろん、1.2リッターエンジン+モーターのマイルドハイブリッドによるスムースで低燃費な走りも嬉しいところです。

 2)トヨタ・ルーミー&タンク/ダイハツ・トール/スバル・ジャスティ

 続いて同じくスライドドアが欲しい家族には、トヨタ・ルーミー&タンク/ダイハツ・トール/スバル・ジャスティ。ボディサイズはソリオに近いのですが、ルーフはやや低く全幅が少し大きめなので、スライドドアでも生活感がちょっと和らぎ、4ブランドの異なるデザインから好みで選べるので、ご近所さんとのカブりが心配な家族にも安心です。

 カスタムのターボエンジンでも200万円以下で、LEDヘッドライト+フォグランプ、アルミホイールといった贅沢装備も付いちゃいます。

 3)トヨタ・ポルテ&スペイド

 そしてスライドドアは片側のみの3ドアとなりますが、トヨタ・ポルテ&スペイドもなかなかの実力。スライドドアの開口部が横幅1020mmとガバッと開くので、自転車やベビーカーなど大きく重い荷物の出し入れがスムースなんです。もちろん、子どもの乗り降りもしやすく、アンブレラホルダーや紙パック飲料も入るカップホルダーなど、子育て中に助かる工夫があります。

 パワートレインは1.5リッターのノンターボ(NA)のみなので、パワフルな走りを求める人にはオススメしませんが、私の友人家族は、スペイドに4~6人用のテント、テーブル、イス、コンロ、炭、食材などキャンプ道具を積み込んで、アウトドアレジャーを楽しんでいますよ。

 200万円以下なら軽自動車も外せない

 4)スズキ・スペ―シア

 それから、購入後の維持費を考えたら軽自動車がいいなぁ、という人にオススメしたいのは、スズキ・スペーシア。両側スライドドアのスーパーハイトワゴンです。このクラスではホンダ・N-BOXがひとり勝ちしている状況で、もちろんN-BOXだって家族にぴったりなクルマなのですが、スペーシアの魅力はまさにコスパの高さ。スライドドアのクルマを買うからには、絶対に電動開閉機能のパワースライドドアが付いてた方がいいんですが、それをN-BOXで選ぶと160万円台後半になっちゃいます。

 でもスペーシアなら140万円台でOK。また、軽自動車だと後席にはエアコン吹き出し口がないのが普通なので、猛暑の日など後席までなかなか温度が下がらないのが悩みなんです。でもスペーシアには、エアコンの風を素早く後席に届けて快適な温度にしてくれる、リヤサーキュレーターが装備されているので、家族に嬉しいんですよ。

 5)ホンダ・フィット

 さ、お次はベーシックなコンパクトカー代表として、ホンダ・フィット。室内の広さ、シートアレンジの豊富さ、荷物の積みやすさ、といった弱点のないユーティリティに加えて、2017年のビッグマイナーチェンジでボディの剛性感や加速フィールの滑らかさ、上質感なども劇的に進化。家族で乗るなら、1.5リッターエンジンを搭載して長距離ドライブも快適な15XL HondaSENSINGがオススメです。

 6)スズキ・ジムニーシエラ

 そして最後は、人気のSUVで、海へ山へとアクティブに出かけたい家族にぴったりな、スズキ・ジムニーシエラです。軽自動車のジムニーだと、やっぱりちょっと家族で乗るには非力さを感じる場面があったり、舗装路での乗り心地も快適とはいえないので、新開発の1.5リッターエンジン搭載で、高速走行での快適性もアップしたシエラを推します。

 3ドアなので乗り降りはちょっと手間どりますが、乗り込んでしまえば後席も十分にスペースがありますよ。世界にも誇れる悪路走破性が手に入ることを考えたら、シエラも本当にコスパ優秀だと思います。

 ということで、200万円以下から買えるクルマでも、あらためて見てみるとワクワクするものですね。ちなみに輸入車では、さすがに200万円以下でオススメできるファミリーカーは見つかりませんでしたが、あと10万円ほど予算を上げると、輸入車でもVWポロなどが射程圏内に入ってきたり、もっと面白い選択肢が出てきます。ぜひいろいろ検討して、ベストなクルマと出会ってくださいね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP まるも亜希子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します