現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス 新型「ES」を評価厳しい日本でも自信あるから初導入 はたしてその出来栄えは

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.1

レクサス 新型「ES」を評価厳しい日本でも自信あるから初導入 はたしてその出来栄えは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■3シリーズやCクラスなどのライバルに対し、ESは競争力あるクルマになっているのか

 レクサスの主力モデル「ES」がついに日本でも導入されました。レクサスとしても気合の入ったモデル、どんなクルマに仕上がっているのか? 新型ESの開発者は、「世界でも評価が厳しいこの日本でも十分に評価いただけるクルマに仕上がりました。その自信があるので新型『ES』は初じめて日本導入に踏み切りました」。私(国沢光宏)がさまざまな観点でチェックしてみたいと思います。

    レクサス、新型セダン「ES」初公開 「ウィンダム」が帰ってくる!日本では秋に導入予定

 改めて説明するまでもなくレクサス新型「ES」は、トヨタ「カムリ」と兄弟関係にあります。パワーユニットに関して言えば、細かいスペックを含め全く同じ。車体もホイールベースなど若干「ES」の方が長いものの、トヨタ開発の『GA-Kプラットフォーム』(TNGA)を使っています。価格差を見るとその差約250万円。カムリは330万円からですが、ESは580万円からです。

 新型ESの価格帯になると、国産車だけでなくBMW3シリーズやベンツCクラス、アウディA4、ボルボV60なども視野に入ってきます。はたして競争力のあるクルマに仕上がっているでしょうか。

 ちなみにレクサスファンなら私の評価など気にしなくてOKです。今や「これは酷い」という内容のレクサス車などはありませんので。私は「どこのメーカーのクルマでも自由に選べる観点」から評価しています。まず走りからチェックしたいと思います。

 試乗車は売れ筋という『バージョンL』。Dレンジをセレクトして走り出すと、当たり前ながらカムリと大差ありません。178馬力の2500ccエンジンに120馬力のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、静かで滑らか。何のストレスもなく走ってくれました。

 カムリと同じ条件で比較していないので不正確ながら、新型ESの方が一段と静かな感じを受けました。遮音材などをふんだんに使っているのでしょう。とはいえカムリだって十分以上に静かです。実用燃費は都市部で16km/L程度。流れの良い郊外路なら20km/Lを少し超える数値というからこのサイズのクルマとしては文句無しです。しかし強いて言うなら、輸入車のような個性はありません。個人的にはもう少し“味”が欲しかったところです。

 乗り心地は走り出すや「素晴らしい!」。KYB製の『スウィングバルブショックアブソーバー』というダンパーが採用されているのですが、滑らかで路面のザラザラ感をシャットアウトしてくれてます。しかし速度域が上がってくると「あらら?」。直進安定性がイマイチで、ステアリングレスポンスは、明確に悪いです。

 乗り心地を確保するため動き出しの減衰力をフワフワにしたら、ハンドル切った時までフワフワになってしまったのだと思います。都市部だけ移動するなら柔らかくすごく滑らかながら、横風強い日に高速道路などを走ったらけっこう厳しいはずです。私の基準からすると、「アカンです!」。カムリの方がずっと好ましかったのですが、この点は人によって感じ方が違うため試乗で確かめてください。

■新型ESで注目のデジタルアウターミラー、老眼には厳しい?

 インテリアなどの趣味も人によって大きく異なるでしょう。気に入れば良いと思います。私が気になったのはセンターコンソール側面の硬質樹脂。試乗車は早くも擦り傷がついており(シートベルト着脱時に時計の文字盤でひっかいた?)、安っぽく見えました。加えてデジタルアウターミラーの室内モニターが美的センスからすればあり得ない位置です。

 デジタルアウターミラーですが、私のような“ロウガンズ”だと最初からあり得ないです。というのも、後方カメラの画像を表示するのは50cmの距離にあるスマホサイズより一回り大きいだけの液晶画面だからです。老眼鏡が無ければスマホも読めない人ですと、前方を見た直後の焦点が合いません。50歳代以上の人は老眼が進行した時に、これは厳しいかもしれません。

 ジジイの意見だけですと不公平なので、老眼鏡で矯正して改めてチェックしてみました。すると4つの課題を発見。

1)画像出るレスポンスが実際よりワンテンポ遅れる。2)画像の解像度は普通のミラーより明確に劣る。3)LEDヘッドライトのクルマが後ろにいるとチカチカする。4)夕方に乗って試すと、逆光に極めて弱い。

 以上、現状のデジタルアウターミラーは、若い人でも厳しいのではないだろうか。

 逆に評価出来る点は、後方死角がないこと。カメラ性能や画像処理速度が上がればかなり実用的になると思います。2018年時点では21万6千円も出して使い勝手の悪い装備を選ぶことも無いというのが素直な感想です。

 もし知人や友人に「デジタルアウターミラー、どうよ?」と聞かれたら瞬時も迷わず「考え直した方がいいよ」とアドバイスするでしょう。デジタルインナーミラーも私的にはパスです。

 以上。レクサス新型ESのカッコ良さが気に入り、価格も問題ないと思う人なら、ぜひ購入検討してもよいクルマだと思います。感性の鋭い人なら、多少乗り心地が硬くなりますが素直に走ってくれる「Fスポーツ」グレードをオススメします。その場合は、ブラインドスポットモニターをオプションで付けることを強く勧めます。なぜ安全確保に効果ある装備を落とすのかが理解出来ません。そのあたり、私のレクサス不信の一つになっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 国沢光宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します