サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 法整備から20年のチャイルドシート 近年増加する中古品は購入しても問題ない?

ここから本文です

法整備から20年のチャイルドシート 近年増加する中古品は購入しても問題ない?

■「履歴」が分からないチャイルドシートは安全性に不安あり?

 チャイルドシートの使用が法制化されて、2020年4月で20年になります。近年は、リサイクルショップやネットオークションなどを経由して、チャイルドシートがセカンドユースされる例も増えていますが、古いチャイルドシートを使用することは問題ないのでしょうか。

購入援助はほぼ無し、でも着用義務の「チャイルドシート」何歳まで必要?

 国の安全基準への適合が確認されたチャイルドシートには、「E43」や「自」のマークがついており、このマークがついたチャイルドシートを使うよう推奨されています。

 日本における現行(2012年7月以降)の安全基準は、国連(ヨーロッパ)の安全基準「UN(ECE)R44」または「R129」に基づいたもので、それ以前は、「自」マークがついていました。

 チャイルドシートメーカーは、2012年7月以降、R44またはR129に適合した製品でなければ新規に出荷、販売することはできませんが、ユーザーが使う分には古い基準でも問題ありません。

 近い将来、新基準のR129に完全移行したとしても、ECE R44に適合するチャイルドシートをそのまま使用することは問題ありません。

 しかし、使用に法的な問題はなくても、リサイクルショップやネットオークションなどで販売されている「リユース品」や「中古チャイルドシート」においては、その安全性が完全に証明されているわけではありません。これはどういうことなのでしょうか。

 古いチャイルドシートの安全性について、国内・海外の大手4メーカーに聞いてみました。回答してくれたのはコンビ、タカタ(ジョイソン・セーフティ・システム)、エールベベ(カーメイト)、マキシコシの4ブランドを扱うメーカーです。4社の回答を以下にまとめました。

「最近は、個人売買などでリユース品を使うユーザーがとても増えています。新品でチャイルドシートを購入し、上のお子さまや近くに住む親せきのお子さまが使っていたものをおさがりとして譲り受けたものであれば、ある程度履歴が分かっているため問題ないと考えられます。

 しかし、前のユーザーがどんな使い方をしてきたのか、いつ頃、どのような方法で入手したか、落としたり、事故で衝撃を受けたりしたことはなかったか、リコール対象品なら正式な改善処置を受けているかなど、チャイルドシートの履歴が明らかではない場合は、安全のため使用を控えたほうが良いでしょう」

 この考え方は日本だけではなく、日本が安全基準を採用している欧州でも啓発が進んでいます。

 マキシコシ&ブリタックスレーマーの日本正規輸入総代理店GMPインターナショナルの担当者は、次のようにいいます。

「チャイルドシートは事故の衝撃からお子さまを守るための安全装置です。ベビーカーなどとは違い、衝撃を受けた際に、本来備わる安全性能をどれだけ完全に発揮できるかが重要です。

 古いチャイルドシートは外見上はキレイに見えても、経年劣化が進んでいる場合があります。外側のシェルは問題なくても、なかの発泡スチロールが割れていることもあります」

■チャイルドシート使用期間の目安は?

 チャイルドシートは、どれくらいの期間まで問題なく使えるのでしょうか。こちらについても各社に聞いてみました。

「使用環境などにより大きく差異が出るので、ホームページなどで明記はしていません。0-4歳用が2人目までの想定で8年間。1-11歳用は2人目までは想定せず、10年間が目安となります」(エールベベ)

「使用方法・保管状態により状況が異なりますが、『ひとりのお子さまに1台』が望ましいといえます。これは世界共通の考え方で、アメリカでは“one seat one user”と啓発をおこなっています」(タカタ)

「経年劣化における観点から、注意事項には10年以上経過しているものは使用しないでくださいと記してあります」(マキシコシ&レーマー)

 またコンビでは、過去扱ってきた製品を含めほぼすべてのチャイルドシートの標準使用期間を、公式サイトで公表しています。

●乳児用(~10kgまたは13kg):5年
●乳幼児用(~18kg):8年
●学童用(~36kg):10年

「弊社商品は長い期間御愛用頂いているものが多く、赤ちゃんを守る商品で万が一のことがあってはいけないとのことから標準使用期間を定めました。

 これまで経年劣化が原因の事故があったわけではないのですが、やはり避けられない劣化が起こっている場合もあります。そこでユーザーが目安にして頂きやすいように、公式サイトに掲載しております。」(コンビ)

※ ※ ※

 急増するセカンドユースに対して、取扱説明書の無料ダウンロードや冊子の販売(300円から500円)、紛失したり劣化したりしたパーツの購入を一点から可能にしているメーカーも増えています。

 さらに、チャイルドシートを載せたクルマが事故に遭った場合、ユーザー登録や事故証明書の提出を条件に無償で新品に交換する制度を設けているメーカーもあります。

 国内メーカーではエールベベがいち早くこの制度を導入し、年間で約100件の交換に応じています。(生産終了品の場合は代替品で対応)

 事故に遭った場合のチャイルドシートの取り扱いについて、エールべべは次のようにいいます。

「チャイルドシートは軽度の事故でも衝撃吸収による変形等の可能性があるため、再使用しないのが原則です。

 回転式などの場合、元々衝撃吸収の役目でもあるサポートレッグが変形している可能性があります。ベース(台座)部分とシェル(お子さまが乗る)部分の結合部分やISOFIXのコネクター部分など、可動するパーツ部分、結合するパーツ部分の変形などが想定されます。

 ただし、目で見てわかるような破損などはほぼ発生しないので、逆にそのあたりがリサイクル品などではわからないリスクといえます。

 エールベベの対象製品では保証制度(3年-4年)により、再度チャイルドシートを購入する必要がありません。なお、保証適用の際には事故証明書が必要となります。」

 また、エールベベ以外に、マキシコシおよび、ブリタックスレーマーでも正規輸入元であるGMPインターナショナルによって、同社の直営店及び正規取扱店にて購入された製品を対象に「カーアクシデント無償交換プログラム」を導入しています。

 購入から2年の保証期間内に事故に遭った場合、所定の書類を提出すると無償で新しいチャイルドシートに交換されるので、万が一の事故の際にはこのプログラムを活用すると良いでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します