現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「“ミニ”シビック」初公開!? 精悍デザインに刷新の「新5ドアハッチバック」! VTEC搭載でめちゃ楽しそうなタイの「シティ」とは

ここから本文です

ホンダ新型「“ミニ”シビック」初公開!? 精悍デザインに刷新の「新5ドアハッチバック」! VTEC搭載でめちゃ楽しそうなタイの「シティ」とは

掲載 9
ホンダ新型「“ミニ”シビック」初公開!? 精悍デザインに刷新の「新5ドアハッチバック」! VTEC搭載でめちゃ楽しそうなタイの「シティ」とは

■まるで「ミニシビック」? 新型「シティ」初公開

 2024年2月7日、ホンダ・オートモービル・タイランドはマイナーチェンジした現地仕様の新型「シティ」を初公開しました。 

【画像】「えっ…!」これが ホンダ新型「ミニシビック」です!画像で見る(37枚)

 マイナーチェンジにおけるわかりやすい変更部分は刷新されたフロント部の意匠。そのデザインを見て筆者が感じたこと、それは「ミニシビック」です。

 もちろんシビックは現地でも販売されていて、今回新型が発表されたシティはシビックよりもひとまわり小さな車体のコンパクトカー。

 しかし、従来モデルに比べて明らかにシビックの雰囲気が感じられるのです。フロントグリルのデザイン変更(「RS」以外のモデルも水平基調からハニカム形状になった)などで、よりシャープに感じる意匠となったことがその理由でしょう。

 さらにスポーティタイプの「RS」はボンネットフードとヘッドランプ&グリルの境目やバンパー下部中央もブラックで引き締められることで、よりシビック(ただし先代)に近い印象。従来モデルよりもスポーティ感が増したように感じられます。

 今回のマイナーチェンジではフロントのみならず、リアバンパーやアルミホイールも新しいデザインに。

 また一部グレードにはルーフをブラックとした2トーンカラーも設定さするなど新しいトライもおこなっています。こちらもスポーティな雰囲気を強調するコーディネートと言っていいでしょう。

 パワーユニットは従来モデルと変わらず、4気筒の1.5リッター自然吸気エンジンと2モーターを組み合わせたフルハイブリッドの「e:HEV」と、3気筒の1リッターターボエンジン(122ps)を積むガソリン車「VTEC TURBO」の2タイプを設定。

 シティは日本でいうと「フィット」に相当するモデルですが、ガソリン車に関してはフィットと異なるエンジンを積むのが興味深いところですね。タイ仕様のほうがパワフルなので、「日本向けにもこのターボエンジンを組み合わせたらもっと楽しくなりそう」と思うところです。

 ところで「シティ」といえば、ある程度の年代以上の人はかつて日本で売っていたモデルを思い出すかもしれません。

背の高いフォルムで人気を博した国内版シティの初代モデルは1981年から1986年にかけて、一転してロー&ワイドなプロポーションとなった2代目は1986年から1995年に日本で販売されていました。

 日本ではその後「ロゴ」時代を経て「フィット」へと続くわけですが、海外では独自の道をたどっているというわけです。

 タイにおいては、「シビックフェリオ」をベースとしたモデルをシティとして販売したのをはじめ、日本でも「フィットアリア」や「グレイス」として発売したコンパクトセダンもタイでの名称は「シティ」でした。

 現在はセダンのほかにハッチバックも展開。ハッチバックに関して先代までは日本のフィットと同じモデルを「ジャズ」として売っていましたが、現行世代からセダンと同じ名前を冠した「シティハッチバック」へと変更されています(欧州向けは日本のフィットに準ずる車体の「ジャズ」を継続)。

 同時に、フィットとは決別しデザインだけでなくボディサイズも異なるコンパクトカーの道を歩むこととなったのです。

 車体サイズは日本のフィットが全長3995mm×全幅1695mmなのに対し、タイ仕様のシティハッチバックは同じプラットフォームを活用しつつ全長4360mm×全幅1748mmとひとまわり大きなサイズです。

ところで、「シティハッチバック」が、同じ5ドアハッチバックのコンパクトカーながらフィットとサイズが異なるのにはふたつの理由が考えられます。

 ひとつは実用性の面です。

タイをはじめ東南アジアでは、コンパクトカーを5人家族のファミリーカーとして使うことも一般的。そこで、コンパクトカーとは言っても“大きなこと”と“余裕”が求められるというわけです。

 もうひとつは見栄えの面です。

タイなどではクルマは見栄えが重要で、ライバルよりも大きいほうが立派に見えるから好まれるというわけです。

 逆に日本のコンパクトカーは“小ささ”が重視され、5ナンバー枠からはみ出ると敬遠されるほど(シティハッチバックは5ナンバー枠に収まっていない)。

 同じメーカーのコンパクトハッチバックながら、仕向け地のニーズによって車体サイズを変えて対応しているのはなかなか興味深いですね。

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「商用バン」発表! 6速MT設定も嬉しい! ちょっとビッグな斬新“大口顔”採用の「プロエース」仏に登場へ
トヨタ新型「商用バン」発表! 6速MT設定も嬉しい! ちょっとビッグな斬新“大口顔”採用の「プロエース」仏に登場へ
くるまのニュース
クルマを巡り米中の殴り合い勃発! 中国[EV]に関税100%アップ表明で始まった[米中自動車戦争]の行く末は!?
クルマを巡り米中の殴り合い勃発! 中国[EV]に関税100%アップ表明で始まった[米中自動車戦争]の行く末は!?
ベストカーWeb
コンパクトでもしっかりホールド! スタイリッシュで使いやすいスマホホルダーが登場 
コンパクトでもしっかりホールド! スタイリッシュで使いやすいスマホホルダーが登場 
月刊自家用車WEB
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
ベストカーWeb
F1エミリア・ロマーニャGP FP2:RBの角田裕毅は初日3番手。トップはルクレール、ピアストリが2番手に続く
F1エミリア・ロマーニャGP FP2:RBの角田裕毅は初日3番手。トップはルクレール、ピアストリが2番手に続く
AUTOSPORT web
圏央道は砂漠だ! もっとオアシスを!【清水草一の道路ニュース】
圏央道は砂漠だ! もっとオアシスを!【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
カワサキ「Z400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
カワサキ「Z400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!
マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!
ベストカーWeb
フラットスペースとボックスシートが同時展開できる便利な車内! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
フラットスペースとボックスシートが同時展開できる便利な車内! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
中嶋一貴が2024年ル・マン24時間レースのグランドマーシャルに任命される
中嶋一貴が2024年ル・マン24時間レースのグランドマーシャルに任命される
AUTOSPORT web
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ベストカーWeb
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ベストカーWeb
【正式結果】ボルトレートが今季2度目のPP獲得。再審査でプレマ勢がポジション取り戻す/FIA F2第4戦予選
【正式結果】ボルトレートが今季2度目のPP獲得。再審査でプレマ勢がポジション取り戻す/FIA F2第4戦予選
AUTOSPORT web
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

9件
  • hor********
    日本ではクルマは価格が重要で、ライバルよりも大きいほうが立派に見えるから好まれる。な感じでしょうか。
    タイトルも「初公開!?」など「!」を乱発しないで普通にタイのシビックというタイトルで良い。
  • BBS
    また
    引っかかってしまった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索
シティの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

82.7112.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

75.9398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村