現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】

ここから本文です
中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】
写真を全て見る(6枚)

 2023年11月17~26日まで開催された中国・広州モーターショー2023。2003年に第1回が始まり、以後毎年開催されているモーターショーだが、今回広州市現地を訪れ、感じたことをレポートしよう。

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】

■毎年開催の広州モーターショーだが、熱気は衰えず!

広州モーターショー2023プレスデー初日の会場前での筆者

 来場者数は現地での発表によると、約84万7000人。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
motorsport.com 日本版
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
グーネット
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
AUTOSPORT web
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
くるまのニュース
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
VAGUE
トヨタ「ハイエース」に対応した新製品「エルゴスター」や「西陣織カーボン」など、ブリッドのシートに注目です!
トヨタ「ハイエース」に対応した新製品「エルゴスター」や「西陣織カーボン」など、ブリッドのシートに注目です!
Auto Messe Web
山陽道に直結! 国道180号「総社・一宮バイパス」2025年度開通 スマートICの改良と同時完成へ
山陽道に直結! 国道180号「総社・一宮バイパス」2025年度開通 スマートICの改良と同時完成へ
乗りものニュース
とにかく狭い「大森駅西口」大変貌の道路拡幅ついにスタート 駅前空間ゼロ→ 立体”でスぺース確保
とにかく狭い「大森駅西口」大変貌の道路拡幅ついにスタート 駅前空間ゼロ→ 立体”でスぺース確保
乗りものニュース
今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」
今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」
motorsport.com 日本版
ジープ『グラディエーター』改良新型にオフロード仕様「ルビコンX」登場
ジープ『グラディエーター』改良新型にオフロード仕様「ルビコンX」登場
レスポンス
超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ
超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ
WEB CARTOP
なぜいまジープ乗りの間で「アヒル」が大流行に!? ラングラーの特別仕様車まで登場した「ジープ・ダック」って何だ?
なぜいまジープ乗りの間で「アヒル」が大流行に!? ラングラーの特別仕様車まで登場した「ジープ・ダック」って何だ?
くるくら
超ハイスピードで闘うWECマシンなのにリヤウイングがない! 斬新すぎるプジョー9X8の中身
超ハイスピードで闘うWECマシンなのにリヤウイングがない! 斬新すぎるプジョー9X8の中身
WEB CARTOP
可夢偉組のエンジニア交代/最終戦から「帰ってない」/ル・マン公式ゲーム発売 etc.【テスト前日Topics】
可夢偉組のエンジニア交代/最終戦から「帰ってない」/ル・マン公式ゲーム発売 etc.【テスト前日Topics】
AUTOSPORT web
マツダ新型「爆速ハッチバック」実車公開! 市販化予定の「超凄いマツダ3」! 迫力エアロ装備の「MAZDA SPIRIT RACING 3」とは
マツダ新型「爆速ハッチバック」実車公開! 市販化予定の「超凄いマツダ3」! 迫力エアロ装備の「MAZDA SPIRIT RACING 3」とは
くるまのニュース
竜巻並み!! ハイパーカーが最高速チャレンジへ…『ヴェノムF5』
竜巻並み!! ハイパーカーが最高速チャレンジへ…『ヴェノムF5』
レスポンス
視界が悪くなるだけではなくクルマの挙動も変化する! ゲリラ豪雨などの悪天候時の運転で気を付けなければならないこととは?
視界が悪くなるだけではなくクルマの挙動も変化する! ゲリラ豪雨などの悪天候時の運転で気を付けなければならないこととは?
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

35件
  • rea********
    中国のEVブームも淘汰の時代になってチラホラ新興メーカーの中には倒産や撤退を余儀なくされた所もあるみたいだから、各ブースも必死だわな。
    只、クルマの魅力じゃなくて食べ物やお姉さんの肌で人呼んだりしてるブースもあるとかないとか?
  • ケン
    政策で補助金とエンジン車のナンバー登録にかなり高額取られるからBEVしか売れなくなってるんでしょ。
    そりゃ出さないよ。
    日本車だけじゃないんでしょ?
    日本メーカーがEVに手を出さないのは中国に牛耳られたバッテリーや原材料では供給も不安定でそちらに行かないだけ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0467.0万円

中古車を検索
カムリの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0467.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村