サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国内消滅したのに海外で超絶進化した日産車

ここから本文です

国内消滅したのに海外で超絶進化した日産車

 国内市場のクルマはイマイチなのに、なぜか海外専売車には、かっこいいものが多い、日産車。かつて日本でも売られていたクルマも、日本を卒業し、海外専売車となると、なぜかカッコよくなるケースが多く、日本市場へのカムバックを熱望されているクルマも多くあります。

 今回はそんな「国内市場では消滅したのに、海外で超絶進化した日産車」をご紹介。これを日本市場にいるときにやってくれていたら、卒業せずに済んだのでは…。

日本EV界の先駆者 気づけば10周年 日産リーフが世の中に与えた功と罪

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日本でも売ってくれ!! 日産のかっこいい海外専売車をギャラリーでチェック!!

アルティマ(日本名:ティアナ)

 日本では、2019年12月、L33型を最後に生産終了となってしまった、ラージサイズFFセダンのティアナ。しかし、北米及び中国では、L34型となったモデルが、「アルティマ」として、いまも販売されています。

 現行アルティマの特徴のひとつが、「世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」。圧縮比を8対1から14対1の間でシームレスに変えることで、燃費と動力性能の両立を図った、日産の自信作です。

 現時点、日本国内で、VCターボを積んだ日産車はなく、デザインもカッコいいことから、日本導入が強く熱望されているモデルです。現在日本市場のラージサイズFFセダンは、トヨタカムリの独壇場。海外市場でもアルティマとカムリはライバルとして戦っていますが、日本でも、2台の戦いをみたいものです。

日産のミドルサイズセダンが、高額車であるスカイラインしかないことから、新型アルティマを国内販売すれば、それなりに売れる可能性もあると思われます

国内最終型となった、L33型ティアナ サイズのわりに手頃な価格で評判も高かった

シルフィ/セントラ(日本名:シルフィ)

 日本市場では、B17型を最後に2020年9月に生産終了となった、日産のミドルクラスセダン「シルフィ」。現在は、B18型が、中国市場のほか、北米でも「セントラ」として販売されています。2019年4月の上海モーターショーで初公開された際には、そのスタイリッシュな姿が「カッコいい!」と話題となりました。

 国内最終型となったB17型に対し、B18型は、全長が2mm伸び、全幅は55mm広がり、全高は45mmも下がり、ワイド&ローなスタイルへと進化しました。

 北米でも中国でも、現時点はガソリンエンジンのみとなってはいますが、パワートレインをe-POWERもしくはEVへとブラッシュアップした「シルフィe-POWER「もしくは「シルフィEV」の開発がなされているのではないか、と、筆者は予想しています。

 ちなみに、中国で販売されているEV「シルフィ・ゼロエミッション」は、シルフィと冠してはいますが、BEV「リーフ」のセダンボディ仕様です。

新型シルフィのボディサイズは全長4641×全幅1815×全高1450mm、立派なボディサイズに成長

国内最終型となった、B17型シルフィ 日産屈指の名門車「ブルーバード」の系譜をひくシルフィの生産終了はなんとも残念だ

パトロール/アルマーダ(日本名:サファリ)

 2007年まで日本で販売されていた3列シートの高級フルサイズSUV 「サファリ」は、いまも中東市場では「パトロール」として、北米では「アルマーダ」として販売されています。日産SUVの中では最大級のボディサイズであり、巨大戦艦のようなSUVです。インフィニティブランドで販売されているQX80とは、兄弟車にあたります。

 現在販売されているモデルは、2010年から販売されているY62型。2020年12月にビッグマイナーチェンジが行われ、新しいフェイスへと変更されています。ラダーフレーム構造の頑丈な車体に、ストロークが大きくとれる前後ダブルウィッシュボーン形式のサスペンションをもち、トーイングキャパシティはなんと8500lb(約3855kg)。

 装備も豊富で、前席のヘッドレスト後ろに備えたモニターで、ゲームを映して遊ぶことができたり、後席には専用のサウンドシステムも用意されています。パワーバックドアや3列目パワーシートのほか、先進技術もブラインドスポットワーニングや、レーンキープサポート、アダプティブクルーズコントロールなど万全。走破力に加えて、快適性、安全性も、非常に高いクルマです。

 日本で販売されていたサファリよりも、ひとまわり以上大きくなったため、日本での取り回しにはかなり苦労しそうなサイズ感ではありますが、トヨタのランドクルーザーよりも大きいことから、このようなクルマが好きな人には、たまらないはず。

 また、こうした立派なフルサイズSUVがラインナップされていることで、国内での日産のイメージアップにも貢献してくれるかもしれません。

最新型アルマーダのボディサイズは5306×2029×1925(全長×全幅×全高mm)、ホイールベース3076mmの巨大なSUV

国内最終型となった、Y61型サファリ かつてはトヨタランドクルーザーや三菱パジェロとともに、日本の本格クロカンとして人気を博した

キャシュカイ(日本名:デュアリス)

 欧州市場で販売されている「キャッシュカイ」は、かつて日本市場で「デュアリス」の名で販売されていたコンパクトSUVです。初代キャシュカイは2007年にデビュー、CセグメントのSUVとして、欧州日産の屋台骨となってきたクルマです。

 2021年2月18日、欧州日産は新型キャッシュカイをワールドプレミアしています。デザインは、アリアや新型ノートにも似た、カーブを意識した方向へと進化しました。1.3リッターの直噴ターボエンジンと、1.5リッターサイズの可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電専用エンジンとして搭載した新型e-POWERがホットポイント。2021年夏ごろ発売の予定とのこと。

 筆者は、キャッシュカイとプラットフォームを共有する兄弟車であり、今秋のデビューが期待されている次期型エクストレイルにも、この「VCターボ+e-POWER」が搭載される、と予想しています。

新型キャシュカイは3代目にあたる。現行型キャシュカイに比べて、ひとまわりほどサイズが大きくなった

日本ではこの初代モデル(J10型)で姿を消したデュアリス もともと「欧州戦略車」として開発された経緯をもつデュアリスの国内撤退は、必然だったのかもしれない

ムラーノ

 初代ムラーノ(Z50型)が誕生したのは2002年のこと。当時、ティアナにも使われていたFF-Lプラットフォームを使用した2列シート5人乗りのクロスオーバーSUVであり、北米専売車として開発されたクルマです。しかし、そのデザインの斬新さに、国内市場から販売熱望の声が上がり、2004年、日本でも発売となりました。

 残念ながら、日本市場では2015年に2代目の販売終了と共に、姿を消してしまいましたが、北米では、3代目となったムラーノが、いまも販売されています。

 厳ついフロントデザインや、最大20インチの大径タイヤホイールなど、北米専売車らしい、ド派手なデザインがムラーノの特徴。レクサスRXと張り合えるほどのボディサイズをもち、そののびやかな雰囲気も相まって、実にカッコいいクルマです。

 レクサスRXがあれほど売れていることを考えると、国内にこのムラーノもあってもいいはず。ぜひ新型キャッシュカイの「VCターボ+e-POWER」を搭載し、日本に再上陸してほしい、と思うクルマです。

Z52ムラーノのサイズは、4887 mm×1915 mm×1720 mm(全長×全幅×全高) ハリアー(4740 mm×1855 mm×1660 mm)と比べると、ひと回り大きく、大らかな雰囲気だ

国内最終型となった、Z51ムラーノ 伸びやかな「モダンアートデザイン」のコンセプトは斬新だった

やってくれ、日産!!

 マイクラやジュークなど、日本からは卒業してしまったカッコいい日産車は、他にもあります。「ムラーノ」が日本導入された時のように「ユーザーの声を聞き入れる」ということを、いまの日産ならばやってくれそうな気がします。

 たとえば、100台限定、とかでもいいからやってくれると、もうちょっと日産界隈が盛り上がるのでは、と考えます。

【画像ギャラリー】日本でも売ってくれ!! 日産のかっこいい海外専売車をギャラリーでチェック!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します