現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今さら聞けない】カタログに記載のあるトレッドって何?

ここから本文です

【今さら聞けない】カタログに記載のあるトレッドって何?

掲載 更新
【今さら聞けない】カタログに記載のあるトレッドって何?

ホイールベースとの比率で大まかな走りの特性が決まる

トレッドはクルマの主要諸元のひとつで、左右のタイヤの中心間距離のこと。輪距やトレッド幅ともいう(もうひとつ、タイヤが路面と接触する部分のゴム層=トレッド面という意味もある)。クルマの基本的な性格・特性は、このトレッドとホイールベースで決まるといっても過言ではなく、クルマのパッケージを語るうえで、非常に重要な数字。

【今さら聞けない】カタログに書いてあるホイールベースって何?

単純にいえば、トレッドが広い=ワイドトレッドになれば、ハンドリングは機敏になり、トレッドの狭い=細長いクルマは、直進安定性がよく乗り心地がいい。より詳しく説明すると、ホイールベースを前後トレッドの平均値で割った数字を「ホイールベース・トレッド比」といい、乱暴に言えば、このホイールベース・トレッド比でクルマの走りの性格は決まる。

たとえばNDロードスターのホイールベース・トレッド比は、1.54とかなり小さい。ミニバンのトヨタ ヴォクシーは、1.92と大きい。クラウンアスリートは、1.84。スズキ スイフトスポーツは、1.65。スバル XVは、1.71。ホンダの新型NSXが、1.60といったところ。

運動性能を重視するスポーツカーなら、スイフトの1.65あたりがひとつの上限。乗用車なら、クラウンの1.84ぐらい。サードシートまであって、ホイールベースが長いミニバンは、必然的にホイールベース・トレッド比が大きい。

全高との比率や前後のトレッドの差も重要な要素

もうひとつ、「全高(重心高)÷トレッド」も重要な数字。重心高が同じなら、トレッドが広い方がロール剛性は高くなる。この重心との関係に加え、タイヤサイズも影響してくるので、じつはほとんどのクルマは、前後のトレッドが微妙に違う。

上記の例でいえば、NDロードスターは、前1495mm:後1505mm。クラウンアスリートは前後とも1545mmで同じ。XVは前1555mm:後1565mm。日産ノートは、前1470mm:後1465mm。市販車でいうと、トレッドの数字はフロントがややワイド、リヤがややナローというのが多い。

しかし、ポルシェ911のように、RRでリヤタイヤの負担が圧倒的に大きいクルマは、リヤのトレッドが大胆に広く、タイヤの幅も大きい。

逆に一般的なFF車は、フロントのトレッドのほうが広いケースが多い。前後でトレッドが異なる場合、基本的にはトレッドの広い側の安定性が上がる。このようにトレッドは、前後の重量配分や、前後のタイヤサイズが同サイズかどうかでも、影響力が変わってくる。

簡単にトレッド幅が調整できるレーシングカートの例でいえば、フロントのトレッドが広く、リヤが狭いと、オーバーステア傾向に、逆にフロントが狭くリヤが広いとアンダーステア傾向なるといわれているが、アンダー・オーバーといっても、ターンイン、クリッピング、立ち上がりのどこでその症状が出るかによっても、フロント・リヤ、どちらのトレッド幅をいじるかが変わってくるので奥が深い。

というわけで、とりあえず気になるクルマは、ホイールベース・トレッド比を計算してみて、どういうハンドリングの素姓のクルマかを、いろいろ調べてみると面白いだろう。

こんな記事も読まれています

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「CES2024などに見るSDV・HMIやAI統合に向けたグローバルトレンド」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「CES2024などに見るSDV・HMIやAI統合に向けたグローバルトレンド」
レスポンス
スーパーGT第2戦富士のエントリーリストが発表。GT300の12チームが第3ドライバーを登録
スーパーGT第2戦富士のエントリーリストが発表。GT300の12チームが第3ドライバーを登録
AUTOSPORT web
【スクープ】最高出力は444psから671psにアップ!? アウディRS4アバント後継の電動ワゴンとなる「RS5 アバント」は攻撃的なデザインで登場か?
【スクープ】最高出力は444psから671psにアップ!? アウディRS4アバント後継の電動ワゴンとなる「RS5 アバント」は攻撃的なデザインで登場か?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【特集:最新SUV「絶対試乗!」主義(1)】レクサスGX550オーバートレイルへはすべてで期待を上まわる
【特集:最新SUV「絶対試乗!」主義(1)】レクサスGX550オーバートレイルへはすべてで期待を上まわる
Webモーターマガジン
HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
くるまのニュース
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
AUTOSPORT web
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
バイクブロス
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
AUTOSPORT web
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
日刊自動車新聞
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
くるまのニュース
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
バイクのニュース
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
motorsport.com 日本版
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
AUTOSPORT web
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
ベストカーWeb
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
モーサイ
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
バイクブロス
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
THE EV TIMES
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

396.4618.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0480.0万円

中古車を検索
クラウンアスリートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

396.4618.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0480.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村