現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「コンパクトカー」登場! “新”ハイブリッド搭載でめちゃ速くなった!? GRSも用意の新「ヤリス」西で発表に反響アリ

ここから本文です

トヨタ新型「コンパクトカー」登場! “新”ハイブリッド搭載でめちゃ速くなった!? GRSも用意の新「ヤリス」西で発表に反響アリ

掲載 6
トヨタ新型「コンパクトカー」登場! “新”ハイブリッド搭載でめちゃ速くなった!? GRSも用意の新「ヤリス」西で発表に反響アリ

■新ハイブリッド搭載!トヨタ新「ヤリス」に反響アリ

 2023年9月にトヨタのスペイン法人は、コンパクトカー「ヤリス」の新たな2024年型を発表しました。

【画像】めちゃカッコイイ!” 速くなった”トヨタ新型「ヤリス」を画像で見る(36枚)

 日本でも販売されるヤリスの海外仕様車に様々な反響が集まっています。どのようなクルマなのでしょうか。

 ヤリスといえば、日本国内でかつて「ヴィッツ」として販売されていたコンパクトカーで、初代は1999年1月に登場しました。ヴィッツは2代目、3代目と登場するも2020年には販売終了。

 その後、同年のフルモデルチェンジで車名が世界共通の「ヤリス」に変更されました。なお、現行モデルはヴィッツから数え4代目にあたります。

 車名は世界共通であっても仕様は登場する地域によっても異なり、ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmと、欧州市場では「アイゴX」よりも、日本市場では「パッソ」よりも一回り大きなサイズ感です。

 日本にはないヤリスの海外仕様に、「海外のワイドなヤリスのほうが好き」「一度乗ったことあるけど運転しやすかったなあ」「ほしい」など日本ユーザーからの支持を集める声が見られます。

 では、スペインに登場したヤリスの2024年型はどのような特徴があるのでしょうか。

 ヤリス2024年型モデルでは、上位グレードとなるプレミアエディションと、スポーティグレードとなるGR SPORTに、第4世代ハイブリッドをベースに電気モーター・ジェネレーターを大型化・高性能化した新たな第5世代ハイブリッドシステムの新型トランスアクスルを採用。

 また、パワーコントロールユニット(PCU)のソフトウェアとハードウェアを見直した新パワートレインを搭載しています。

 システム総合出力は116馬力から130馬力に向上したほか、トルクも141Nmから185Nmに上昇しています。

 これにより、0-100km/h加速は9.2秒を達成するほか、80-120km/h加速も7.5秒と、加速性能が進化。より力強く、ダイナミックな走行が可能となりました。

 さらに、安全性先進安全装備も追加・改良。最新世代のToyota Safety Senseを搭載し、無線ソフトウェアアップデートも組み込まれ、Toyota Safety Senseとマルチメディアシステムの機能を簡単にアップデートできるようになりました。

 新しいカメラとレーダーにより、事故リスクの検出範囲を大幅に増加。例えば、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)は、歩行者、自転車、さらにはオートバイを含む、より広範囲の物体や車両を認識できるようになりました。

 前方車両との衝突の危険を検知した場合に急加速を抑制する「加速抑制機能」や、プロアクティブドライビングアシスト(PDA)、緊急運転停止システム(EDSS)なども追加しました。

 コネクテッド機能は、トヨタスマートコネクトシステムを全グレードに標準装備。エントリーグレードとなるSエディションは9インチのマルチメディアスクリーンが標準化されました。

 また、スマートフォンをクルマの鍵として使用できるデジタルキーも標準化し、利便性を高めています。

 スペインに登場したヤリス2024年型モデルの価格は、2万2300ユーロ(約360万円)から、新エンジンを搭載したGRスポーツは2万8050ユーロ(約453万円)から、プレミアエディションは2万9750ユーロ(約480万円)からです。

こんな記事も読まれています

「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
くるまのニュース
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
AUTOSPORT web
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
motorsport.com 日本版
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
AUTOCAR JAPAN
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
くるまのニュース
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
Auto Messe Web
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
AUTOSPORT web
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
レスポンス
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
バイクブロス
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
バイクブロス
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
バイクブロス
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

6件
  • gv0********
    片道30kmの通勤にヤリスはサイズ、燃費と本当に丁度よさそうと思う。
    ほしーなー。
    NA軽から卒業したい。
  • 272soma
    欧州では走っている車の半分はこのサイズ。日本だと軽自動車みたいなもの。
    そりゃ各社力を入れるよ。ここでシェア取れなければ敗退と同じだからね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村