現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 従来の評価は通用しない!? 姿見せたSONYカー「アフィーラ」はどんな車?

ここから本文です

従来の評価は通用しない!? 姿見せたSONYカー「アフィーラ」はどんな車?

掲載 14
従来の評価は通用しない!? 姿見せたSONYカー「アフィーラ」はどんな車?

<26年発売だが量産を意識した完成度に>
自動車業界にとって、2023年最初の注目ニュースがアメリカ・ラスベガスから届きました。同地で開催されている見本市CES2023にて、ソニー・ホンダモビリティが新ブランド「AFEELA」(アフィーラ)を発表、2026年にローンチ予定のプロトタイプを初披露しました。

プロトタイプとはいいますが、写真でも確認できるようにかなり量産モードといえる仕上がり。ソニーとホンダの協業によって生まれるBEV(電気自動車)の姿がついに露わになったという風に捉えることができます。

>>1月4日はソニー・ホンダの次世代カーに注目! NSX並みの高級EV登場か?

SONYのブランドを押し出してほしかった!?
もっとも「ソニーカー」を求めていたファンからすると、アフィーラという新ブランドを立ち上げたことは残念ポイントかもしれません。実際、プロトタイプの内外装にはSONYやHondaのロゴは確認できません。

インパネの左右いっぱいまでディスプレイが並んだコクピットのデザインには、ホンダのBEV専用モデル「Honda e」の経験が感じられる部分もありますが、いずれにしてもSONYやHondaというビッグネームを前面に押し出さないというブランド戦略を選んだようです。

さらに驚いたのは、そのボディが基本的には4ドアセダンに分類されるものだったことです。世界的なトレンドに合わせてSUVスタイルとなるという予想もありましたが、これまでにないラウンドフォルムとなっています。このあたりも、新しいトレンドを生み出そうという意思が感じられます。

>>ホンダ アコードのカタログ情報をチェックする
>>ホンダ アコードのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのカタログ情報をチェックする


<3mの長大なホイールベースが特徴>
さて、プロトタイプの発表に合わせて、いくつかの基本スペックも公開されました。気になるボディサイズは次のようになっています。

AFEELAのボディサイズ(※プロトタイプ)
全長:4895mm
全幅:1900mm
全高:1460mm
ホイールベース:3000mm

BEVのオーソドックスな設計思想としては前後タイヤに挟まれたフロア部分にバッテリーを搭載することが多く、そのスペースを確保するために最低地上高の稼げるSUVスタイルが人気というのもありますが、アフィーラはホイールベースを伸ばすことでバッテリー搭載量を増やそうという思想のようです。

>>ホンダ アコードのカタログ情報をチェックする
>>ホンダ アコードのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのカタログ情報をチェックする


<アコードと似たようなボディサイズ>
数字だけではボディの大きさを感じづらいかもしれませんが、ホンダのラインナップでいえば、4ドアセダンの「アコード」と同じようなスリーサイズとなっています。

ホンダ アコードのボディサイズ
全長:4900mm
全幅:1860mm
全高:1450mm
ホイールベース:2830mm

アフィーラのサスペンション形式は、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク。タイヤサイズは前245/40R21・後275/35R21となっています。駆動方式はAWDと発表されていますので、おそらく前後に駆動モーターを積むことでハイパフォーマンスを実現していると予想されます。バッテリー総電力量や航続可能距離などの情報が不明なのも気になるところでしょう。

>>ホンダ アコードのカタログ情報をチェックする
>>ホンダ アコードのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのカタログ情報をチェックする


<主戦場はそれなりに台数が出るマーケット?>
もっとも、アフィーラという新ブランドのコンセプトとして『クルマを構成する主な要素が動力性能やパフォーマンスから、ソフトウェア、ネットワーク、ユーザーエクスペリエンスに変わっていく転換点で、私たちは、常識に捉われず今までのクルマに求められた個性や在り方を見つめ直したい』としています。

ユーザー側もセグメントであったり、スペックであったりという点において、従来の基準を当てはめては、アフィーラというモビリティの価値を測ることはできないといえそうです。

いずれにしても、アフィーラのプロトタイプがアコード級のサイズ感ということは、けっしてニッチ狙いの商品企画ではないといえます。少なくとも北米市場においては、それなりに大きなボリュームのあるマーケットを狙った意欲作といえそうです。

そうであれば、価格帯としてもそれなりに普及を狙えるゾーンが期待できますが、どうなりますでしょうか。

>>ホンダ アコードのカタログ情報をチェックする
>>ホンダ アコードのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>ホンダeのカタログ情報をチェックする


文:山本 晋也
写真:ソニーホンダモビリティ

こんな記事も読まれています

ランチア『イプシロン』新型、5月27日に新展開へ…高性能な「HF」仕様登場か
ランチア『イプシロン』新型、5月27日に新展開へ…高性能な「HF」仕様登場か
レスポンス
日産「3列シートSUV」まるで高級車な豪華内装がスゴい! 上質すぎるインテリア採用した「主力SUV」とは
日産「3列シートSUV」まるで高級車な豪華内装がスゴい! 上質すぎるインテリア採用した「主力SUV」とは
くるまのニュース
【WR-V vs ヤリスクロス】スペック比較…人気のコンパクトSUV、燃費に大きな差が
【WR-V vs ヤリスクロス】スペック比較…人気のコンパクトSUV、燃費に大きな差が
レスポンス
デリカD:6にパジェロ、アウトランダーはラリーアート追加? 三菱が公開した近未来の画像が衝撃すぎる!
デリカD:6にパジェロ、アウトランダーはラリーアート追加? 三菱が公開した近未来の画像が衝撃すぎる!
ベストカーWeb
「ランボルギーニ・ウルスSE」が日本初公開!ランボ初のプラグインハイブリッド・スーパーSUVに注目必至!
「ランボルギーニ・ウルスSE」が日本初公開!ランボ初のプラグインハイブリッド・スーパーSUVに注目必至!
LE VOLANT CARSMEET WEB
“5強”の牙城が崩れ始めている! モナコ8位の角田裕毅も自信「僕たちはアストンに追い付きつつある」
“5強”の牙城が崩れ始めている! モナコ8位の角田裕毅も自信「僕たちはアストンに追い付きつつある」
motorsport.com 日本版
富士スピードウェイに世界初の常設キャンプ場がオープン決定、2024年秋開設
富士スピードウェイに世界初の常設キャンプ場がオープン決定、2024年秋開設
ベストカーWeb
「ハチロク」「ナナマル」「アールビーニーロク」 とか型式で呼ぶだけじゃまだまだひよっこ! 型式の意味まで理解してこそガチマニア!!
「ハチロク」「ナナマル」「アールビーニーロク」 とか型式で呼ぶだけじゃまだまだひよっこ! 型式の意味まで理解してこそガチマニア!!
WEB CARTOP
「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」2択アンケート、結果は圧倒的【クルマら部 車論調査】
「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」2択アンケート、結果は圧倒的【クルマら部 車論調査】
レスポンス
チーム戦略とも違うじゃないか……! アルピーヌのガスリー、不必要な同士討ちに憤慨。僚友オコンに“変化”求める
チーム戦略とも違うじゃないか……! アルピーヌのガスリー、不必要な同士討ちに憤慨。僚友オコンに“変化”求める
motorsport.com 日本版
悲願の母国優勝で涙止まらず。ルクレール「ビアンキや父のことが頭をよぎって集中するのに苦労した」
悲願の母国優勝で涙止まらず。ルクレール「ビアンキや父のことが頭をよぎって集中するのに苦労した」
motorsport.com 日本版
F1モナコGP1周目に大クラッシュのペレス、接触したマグヌッセンの”お咎めなし”に驚き「危険なドライビングだった」
F1モナコGP1周目に大クラッシュのペレス、接触したマグヌッセンの”お咎めなし”に驚き「危険なドライビングだった」
motorsport.com 日本版
モナコでもらい事故のヒュルケンベルグ、絡んだペレス&マグヌッセンを双方批判「どちらにとっても無駄で避けられたアクシデント」
モナコでもらい事故のヒュルケンベルグ、絡んだペレス&マグヌッセンを双方批判「どちらにとっても無駄で避けられたアクシデント」
motorsport.com 日本版
【MotoGP】スプリント転倒、因縁のターン5で見せた! 優勝バニャイヤ「あそこで追い抜いて“虚像”を破りたかった」
【MotoGP】スプリント転倒、因縁のターン5で見せた! 優勝バニャイヤ「あそこで追い抜いて“虚像”を破りたかった」
motorsport.com 日本版
角田裕毅が予選8番手「モナコだからなおさら嬉しい。プレッシャーのなか、マシンの力を絞り出すことができた」
角田裕毅が予選8番手「モナコだからなおさら嬉しい。プレッシャーのなか、マシンの力を絞り出すことができた」
AUTOSPORT web
ナイトセッションは雨に。霧雨の舞うなかTKRI松永建設AMGが首位に立つ/富士24時間16時間レポート
ナイトセッションは雨に。霧雨の舞うなかTKRI松永建設AMGが首位に立つ/富士24時間16時間レポート
AUTOSPORT web
高速道路アクセスが向上! 群馬・太田大間々線の4車線バイパス28日開通 北関東道までスイスイ
高速道路アクセスが向上! 群馬・太田大間々線の4車線バイパス28日開通 北関東道までスイスイ
乗りものニュース
“はたらくくるま”DX! 建設・測量業界の技術革新…CSPI-EXPO 2024
“はたらくくるま”DX! 建設・測量業界の技術革新…CSPI-EXPO 2024
レスポンス

みんなのコメント

14件
  • 車自体には何の魅力すら感じられない。

    ただソニーとホンダの異業種が車造った話題性のみ。
  • 挑戦は評価したいけれど、現段階で見えている内容だけだとWiLLブランドの再来という感じしかしない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

465.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.1345.0万円

中古車を検索
アコードハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

465.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.1345.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村