現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 32】マツダ アテンザは3つのボディバリエーションでヨーロッパのライバルと真っ向勝負

ここから本文です

【懐かしの国産車 32】マツダ アテンザは3つのボディバリエーションでヨーロッパのライバルと真っ向勝負

掲載 更新 25
【懐かしの国産車 32】マツダ アテンザは3つのボディバリエーションでヨーロッパのライバルと真っ向勝負

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「マツダ アテンザ」だ。

マツダ アテンザ(2002年)
カペラの後継としてデビューしたアテンザは、デザイン、シャシ、エンジンはもちろん、車名まで一新して、新生マツダを世に問う入魂のミドルサルーンとして登場した。ヨーロッパではC/Dセグメントと呼ばれる、ミディアム/ミディアムハイのクラスに参入するわけだが、日本市場ではミドルサルーンの人気はなく、コアとなるファミリーユーザーはミニバンやコンパクトカーに移ってしまった。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

だが、ヨーロッパなど海外市場では、このクラスは激戦区。海外では「マツダ 6」の名で販売されるアテンザは、このクラスのライバルたちに挑むために、グローバルスタンダードになるべく開発された。

アテンザには、3つのボディバリエーションが設定された。4ドアセダン、「スポーツ」と呼ばれる5ドアハッチバック、そしてスポーツワゴンだ。今回、注目されるのはスポーツだろう。日本のミドルクラスでは絶えて久しいボディ形状だが、なだらかなリアウインドーのラインと短いノッチは、アテンザのシャープなフロントマスクと調和しており、名前のとおりスポーティだ。問題は、このボディ形状が日本でどれだけ人気を得られるかだろう。

ワゴンはスポーツワゴンと呼ばれるように、フロントまわりは5ドアのスポーツと共通だ。リアエンドのガラス面積を減らすことで、ワゴンにありがちな重さを軽減している。セダンは、シンプルなグリルでコンサバティブなスタイルだが、ウエッジシェイプで躍動感を表現している。

インテリアは基本的に3タイプとも共通だ。オーソドックスなT字型デザインのインパネは、メーター類の操作性やスイッチ類の視認性がよく考えられている。カーナビのディスプレイは7インチと大きく、しかもダッシュボード中央からポップアップするタイプ。チタン調のセンターダッシュは質感も高く、そこにレイアウトされたオーディオやエアコンのスイッチ類も扱いやすい。

ヨーロッパで通用するサイズとして全幅を1780mmと比較的ワイドにしたアテンザは、室内の広さも特筆ものだ。リアシートの幅やフットスペースは、このクラスとしてはトップクラスだ。ラゲッジスペースも、セダンが500L、スポーツが492L、ワゴンが505Lと、いずれも十分な容量がある。しかも、スポーツとワゴンのリアシートは座面が沈み込みながらシートバックが倒れる優れものだ。

搭載されるエンジンは2Lと2.3Lの直4 DOHC。今回、主に試乗したのは2.3Lを搭載した5ドアのスポーツ23Sだ。ミッションはマニュアルモードを備えた4速ATのアクティブマチック。新開発のエンジンは高回転までスムーズに吹け上がり、しかも不快なノイズは発しない。低回転では静粛性も高い。215/45という低偏平なタイヤを履いていたが、乗り心地は硬すぎることもなくフラットで快適だ。ステアリングレスポンスも良く、ブレーキの利きもいい。

2Lを搭載したセダンにも乗ってみた。さすがに2.3Lほどのパワー感はないが、タイヤサイズの違いもあって乗り心地は2Lのほうが良く、市街地走行が中心ならパワー的にも不満はないだろう。ただし、組み合わされるミッションは普通の4速ATとなる。世界を目指すマツダのアテンザ。この内容なら、ヨーロッパのライバルたちにも比肩しうるのではないだろうか。

■マツダ アテンザ スポーツ23S 主要諸元
●全長×全幅×全高:4670×1780×1445mm
●ホイールベース:2675mm
●車重:1390kg
●エンジン形式:直4・DOHC・横置きFF
●排気量:2260cc
●最高出力:131kw(178ps)/6500rpm
●最大トルク:215Nm(21.9kgm)/4000rpm
●ミッション:4速AT
●タイヤ:215/45R17
●当時の価格:230万円

[ アルバム : マツダ アテンザ(初代) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

25件
  • 前期型に11年乗ったけど乗りやすいし荷物そこそこ乗るし安かったから良い車だったなぁ。

    zoomzoomやり出してからのMAZDA結構好きです。
  • 去年までマツダスピードアテンザに13年乗ってたけど、サイズも良かったし、カリカリしてないところが良かった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

283.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0320.0万円

中古車を検索
アテンザセダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

283.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村