現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】魂動デザインが進化! ブランド最小モデルの「マツダ2」次期型は2024年デビューへ!

ここから本文です

【スクープ】魂動デザインが進化! ブランド最小モデルの「マツダ2」次期型は2024年デビューへ!

掲載 25
【スクープ】魂動デザインが進化! ブランド最小モデルの「マツダ2」次期型は2024年デビューへ!

ロータリーエンジン搭載のPHEVモデルも投入か?

マツダは現在、ブランド最小モデル『2』次期型を開発中だが、最新情報をもとに予想CGを制作した。

【スクープ】最高出力は何と500ps! BMW「M2」のACシュニッツァーチューン「ACS2スポーツ」デビューへ!

【画像6枚】マツダのコンパクトハッチ「マツダ2」の次期モデル予想CGを見る

マツダ2は、2014年から販売されていた第4世代、「デミオ」が大幅改良された2019年に、「マツダ2」としてリボーンしたモデルで、これが10年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

次期型のエクステリアデザインだが、面の凹凸を流麗にデザインした、マツダ独特のフォルムを採用、魂動デザインの進化がみられそうだ。ディテールを予想すると、タイヤハウスの調和された膨らみで、踏ん張り感をイメージアップし、グリルは薄型に変更、高級感がアップ。ヘッドライトはシャープなデザインに変更され、二段型プロジェクター内蔵、アンダーグリルは、前面に押し出したデザインとなり、そのデザインに合わせたデフューザーもオシャレな仕上がりが期待出来そうだ。キャビン内では、最新の「ニューマツダコネクトインフォテインメントシステム」を搭載する。

パワートレインは、1.5L直列3気筒ガソリン+マイルドハイブリッドの「SKYACTIV-G1.5」、およびディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」をラインナップするほか、1.5L直列3気筒「SKYACTIV-X 1.5」が導入される。SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術を世界に知らしめた画期的エンジンで、現在は2.0L直列4気筒を展開している。またロータリーエンジンを発電機として使用するプラグインハイブリッド「e-SKYACTIVE R-EV」も期待されている。このエンジンは発電用の830ccロータリーエンジン(8C型)と電気モーターが組み合わされ、17.8kWhのリチウムイオンバッテリーを積む。

マツダ2次期型のワールドプレミアは、2024年秋以降と予想される。

こんな記事も読まれています

ニッポン初開催のフォーミュラEを疑似体験!?日産「フォーミュラEパーク」開催 銀座
ニッポン初開催のフォーミュラEを疑似体験!?日産「フォーミュラEパーク」開催 銀座
グーネット
交換後のタイヤ保管に!4本まとめて収納できる厚手タイヤカバー新登場 マックスウィン
交換後のタイヤ保管に!4本まとめて収納できる厚手タイヤカバー新登場 マックスウィン
グーネット
開幕戦は王者バウティスタ未勝利。新人ブレガとカワサキのロウズが優勝を飾る/SBK第1戦オーストラリア
開幕戦は王者バウティスタ未勝利。新人ブレガとカワサキのロウズが優勝を飾る/SBK第1戦オーストラリア
AUTOSPORT web
日曜朝にマシンが到着したキャデラック。テスト開始時刻までに準備が終わらない可能性も/WECプロローグ
日曜朝にマシンが到着したキャデラック。テスト開始時刻までに準備が終わらない可能性も/WECプロローグ
AUTOSPORT web
君の商談はノットエレガント! 何カ月も時間をかけちゃダメよ……今大事なのはスピードと一途な思い!
君の商談はノットエレガント! 何カ月も時間をかけちゃダメよ……今大事なのはスピードと一途な思い!
ベストカーWeb
ホンダ「NSX」がついにレースから勇退。「鈴木亜久里」「土屋圭市」…ゆかりあるドライバーに思い出を語ってもらいました
ホンダ「NSX」がついにレースから勇退。「鈴木亜久里」「土屋圭市」…ゆかりあるドライバーに思い出を語ってもらいました
Auto Messe Web
BYD ATTO3やドルフィンを体感!全国約30ヶ所を巡る展示・試乗イベント開催
BYD ATTO3やドルフィンを体感!全国約30ヶ所を巡る展示・試乗イベント開催
グーネット
グレーカラーがクール!シンプル・イズ・ベストな洗車アイテム登場 RHET.
グレーカラーがクール!シンプル・イズ・ベストな洗車アイテム登場 RHET.
グーネット
WRX S4 STIスポーツ#は623万円超え!? レースのノウハウで前後異形ホイール採用!! レイバックにもSTIパーツ登場するゾ
WRX S4 STIスポーツ#は623万円超え!? レースのノウハウで前後異形ホイール採用!! レイバックにもSTIパーツ登場するゾ
ベストカーWeb
スズキ「ジムニー」で『呪術廻戦』の聖地巡礼。渋谷事変で封印は解かれた!? オフロードでなくても十分楽しい!【AMWリレーインプレ】
スズキ「ジムニー」で『呪術廻戦』の聖地巡礼。渋谷事変で封印は解かれた!? オフロードでなくても十分楽しい!【AMWリレーインプレ】
Auto Messe Web
フィアット 名車「パンダ」をフィーチャー!5つの新コンセプトカー発表へ【動画あり】
フィアット 名車「パンダ」をフィーチャー!5つの新コンセプトカー発表へ【動画あり】
グーネット
先代「X5 M」へ肉薄!な加速力 BMW X5 xドライブ50eへ試乗(2) ガソリンを燃やさず通勤可
先代「X5 M」へ肉薄!な加速力 BMW X5 xドライブ50eへ試乗(2) ガソリンを燃やさず通勤可
AUTOCAR JAPAN
大幅強化のハイブリッド BMW X5 xドライブ50eへ試乗(1) 巨大モニターパネルに489ps
大幅強化のハイブリッド BMW X5 xドライブ50eへ試乗(1) 巨大モニターパネルに489ps
AUTOCAR JAPAN
【超お宝写真】大阪万博にフェラーリやインディカーが展示されていた! 当時の写真で振り返る日本万国博覧会の思い出【クルマ昔噺】
【超お宝写真】大阪万博にフェラーリやインディカーが展示されていた! 当時の写真で振り返る日本万国博覧会の思い出【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
トムス加入で注目集まる坪井翔「正直、ウエットで走りたかった」。ホンダ勢2チームを警戒
トムス加入で注目集まる坪井翔「正直、ウエットで走りたかった」。ホンダ勢2チームを警戒
AUTOSPORT web
ウェッズがヨシムラのホイールを作った!? どうして2輪用ではなく軽トラ用なのか、理由を解説します
ウェッズがヨシムラのホイールを作った!? どうして2輪用ではなく軽トラ用なのか、理由を解説します
Auto Messe Web
こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力
こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力
AUTOCAR JAPAN
「雨でもオープン」でパトロール MGA 1600 デイムラーSP250(2) 多くの命を救った誇らしい歴史
「雨でもオープン」でパトロール MGA 1600 デイムラーSP250(2) 多くの命を救った誇らしい歴史
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

25件
  • まだ現行型をひっぱると思う、デミ………マツダ2
  • 無くなるとの噂もあるくらいだから、純粋な次期型は無いと思う
    マイナーチェンジで引っ張るか大規模フェイスリフトで誤魔化すかくらいだろう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.3227.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8164.5万円

中古車を検索
デミオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.3227.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8164.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村