現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まるで「ケンメリ」な「新型」初公開! 丸目4灯の70年代テイストに「ダッジ」意見も? 各世代が”グッときた”ミツオカ「M55」に現役デザイナーはどう思う?

ここから本文です

まるで「ケンメリ」な「新型」初公開! 丸目4灯の70年代テイストに「ダッジ」意見も? 各世代が”グッときた”ミツオカ「M55」に現役デザイナーはどう思う?

掲載 40
まるで「ケンメリ」な「新型」初公開! 丸目4灯の70年代テイストに「ダッジ」意見も? 各世代が”グッときた”ミツオカ「M55」に現役デザイナーはどう思う?

■彷彿とさせるのは「スカイライン」か「チャレンジャー」!?

 光岡自動車(ミツオカ)が創業55周年を記念して発表した「M55コンセプト」は、1970年代を再現したコンセプトカーですが、世代によってその受け止め方はさまざまなようです。
 
 国産メーカーの現役カーデザイナーの意見も交え、その反応を分析してみました。

【画像】めちゃカッコいい! ミツオカ新型「M55コンセプト」を画像で見る(30枚以上)

 2023年に創業55周年を迎えたミツオカが、11月16日に公開した記念モデルが「M55コンセプト」です。

 ミツオカと同じ55年を歩んだ同世代の人々をターゲットにしているというこのコンセプトカーは、「夢と希望に満ちた1970年代のたぎるようなエネルギーを蘇らせた」という1970年代風のデザインを再現したといいます。

 SNSを中心に大きな反響を呼んでおり、その多くが「かっこいい!」「良い感じ」「発売してほしい」「シブい」「大手メーカーではできないこと」などの、好意的な意見が寄せられています。

 ベース車の発表は行われていませんが、各部の形状から現行型のホンダ「シビック」であろうと思われます。

 しかしフロントとリアを大きく変更し、70年代のGTカー的なスタイルを獲得しています。

 内装を見ても、ダッシュボードにベース車の面影を残しつつ、70年代前半に数多くのクルマが採用した「ハトメ加工」を施したシートが目を引きます。

 長年にわたってレトロ調のクルマを発売してきたミツオカの経験とセンス、アイデアの豊かさや高い技術力が感じられる、いわば集大成というべきモデルです。

 ところで、最新デザインのクルマを見事に70年代調に変えたM55コンセプトを見て、どんなクルマを想像したでしょうか。

 筆者(遠藤イヅル)は52歳。まさに光岡が想定するユーザー層に近いため、まず思い出したのは、「ケンメリ」と呼ばれた4代目の日産「スカイライン(C110系)」でした。

 M55コンセプトのグリルは、ケンメリのGT系が採用していた2分割グリルを思わせ、丸目4灯のヘッドライトとグリルを囲むメッキパーツも、ケンメリの印象を強くしています。

 しかしその一方で、1970年から1974年に販売されたダッジのマッスルカー「チャレンジャー」、そして現行型となる3代目チャレンジャーも脳裏に浮かびました。

 SNSの反応を改めて確認してみると、同様に「スカイライン」「ダッジ」に似ているという声が多く見られました。

 そのほかには2代目の日産「ローレル(C130型)」や初代日産「バイオレット(710型)」という感想もあり、当時の日産車の雰囲気を思い出したという声は多いようです。

■世代によって「思い出すクルマ」が異なる!?

 そこでM55コンセプトのデザインについて、現役のカーデザイナーA氏に意見をうかがいました。

 とある国産メーカーで長年デザイナーを務める人物です。

「いろいろ意見があると思いますが、私は『これはこれでアリ』です。

 ミツオカはちょっとした工夫で、ベース車とは全く異なる価値を産み出しているのが素晴らしいと思います。

 私も、こういうパズルのようなちょっとした工夫は大好きなので共感できます。

 プロのデザイナー目線で見ると、着想は面白いと感じる一方で、ボリュームやラインのコントロールにやや物足りなさも見受けられますが、このクルマの場合は細かいことを気にさせない勢いがありますね。

 個人的には、ミツオカのレトロ風モデルと、完成車メーカーが時折登場させる『ニュービートル』や『ミニ』などのヘリテージデザインとは、やや趣きが異なると思っています。

 前者は、できるだけ昔の見た目を復刻しようとしているのに対し、後者は、過去のモチーフやテーマを現代に置き換え解釈し直しているのが興味深いです」

 前述のようにM55コンセプトはいろいろなクルマを思わせるのですが、それに関する興味深い話もデザイナーA氏から聞くことができました。

「40代のスタッフにM55について聞いたところ、彼もやはりチャレンジャーだと思ったそうです。

 僕がケンメリだと言ったら『なるほど……』と、合点が行ったのか行かなかったのか、微妙な顔をしていました。

 たしかに、世代によってケンメリやハコスカを特別に感じるか感じないかというギャップがあり、その感覚によって、何を想像するかに違いが出るのではないか、と思いました」

※ ※ ※

 さまざまな意見が飛び交うのは、それだけM55コンセプトが話題を集める注目のクルマだという証といえます。

 あえて希望をいうならば、このフロントとリアビューを持った4ドアセダンもぜひ見てみたいところ。

 その際には、SNSに「“ケンメリ”スカイラインGTの復活だ!」という声があふれるに違いありません。

 光岡によればM55コンセプトの市販化予定はないとのことですが、反響によっては発売される可能性が生まれるかもしれません。

 今後の動きに期待したいと思います。

こんな記事も読まれています

やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE

みんなのコメント

40件
  • イヨタン
    >SNSに「“ケンメリ”スカイラインGTの復活だ!」という声があふれるに違いありません。

    ないと思いますけどね。
  • あいかりん
    どうみても、ダッチでしょ。
    ケンメリの特徴皆無。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村