現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさかの超人気ロッキー/ライズでも不正!! 認証申請不正発覚から見えたダイハツの「危機感の甘さ」

ここから本文です

まさかの超人気ロッキー/ライズでも不正!! 認証申請不正発覚から見えたダイハツの「危機感の甘さ」

掲載 135
まさかの超人気ロッキー/ライズでも不正!! 認証申請不正発覚から見えたダイハツの「危機感の甘さ」

 ダイハツの海外向け生産車両における不正に続き、2023年5月19日には国内販売されるロッキー/ライズのハイブリッド車にも認証手続きの不正が発覚! ダイハツの一連の不正が起こった背景とは一体?

※本稿は2023年6月のものです
文/佃義夫、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、トヨタ、ダイハツ
初出:『ベストカー』2023年7月10日号

まさかの超人気ロッキー/ライズでも不正!! 認証申請不正発覚から見えたダイハツの「危機感の甘さ」

■国内向け車両でも不正が発覚

使いやすい5ナンバーサイズかつ好燃費のロッキーは魅力的なクルマだけに今回の不正は残念。単純なミスなのか、恣意的なものなのか、早急な解明が望まれる(写真はガソリンモデル)

 2023年5月19日、ダイハツが生産しトヨタでもOEMで販売されるロッキー/ライズのハイブリッド車両にて、ポール側面衝突試験(UN-R135)に関する認証手続きに不正が発覚。ダイハツは同日、該当車両の出荷・販売を停止。国土交通省に報告した。

 ダイハツは4月28日にも海外向け生産車両の側面衝突試験(UN-R95)にて、フロントドアの内張り部分に切れ込みを入れて衝突時に壊れやすい部分を作り、乗員への攻撃性をより低くコントロールしようとしたという不正が内部告発により発覚したばかり。今回の不正はそれを受けての社内点検で発覚した。

 今回の不正の内容はいかなるものか。通常、ポール側面衝突試験は、下図で示したように時速32kmで直径254mmのポールに衝突させ、1.ダミーへの入力値が一定値以下であること(頭部・胸部・腹部など)、2.ドアが外れないこと、3.衝突後の燃料漏れの量が一定値以下であることを確認する。

 これを運転席側、助手席側でそれぞれ行い、その数値の提出が必要となるが、ダイハツは助手席側こそ審査官立ち会いのもとで試験を実施したものの、運転席側は社内試験を選択(これ自体は問題ない)。その後、運転席側のデータを提出すべきところ、なぜか助手席側のものを提出した。

ポール側面衝突時の乗員保護試験(出典:国土交通省)

 5月19日に行われた会見のなかでダイハツは、ガソリン車は運転席側、助手席側双方のデータを提出しており、ハイブリッド車の運転席側も充分法定基準値内に収まっていると主張。その後、5月24日に滋賀のテクニカルセンターにて運転席側の社内試験を行い、全測定項目で法定基準を満たしたと発表した。

 だとしても、どうにも不可解な部分が残る今回の不正。国土交通省は5月26日、「型式認定申請における不正行為は、自動車ユーザーの信頼を損なう行為であり、極めて遺憾」とし、ダイハツに対し事実関係の詳細な調査と再発防止策の検討を実施し、速やかに報告するよう指示を出した。

●今回の認証申請における不正行為 対象車種
・ダイハツ ロッキーHEV(2021年11月販売開始):累計販売台数2万2329台
・トヨタ ライズHEV(2021年11月販売開始):累計販売台数5万6111台
※累計販売台数は2023年5月18日時点

■不正発覚後に見えたダイハツの甘さ

2023年4月28日の不正発覚の対象車種中、8万6000台以上と最も大きな販売規模であったヤリス エイティブ。新興国向けの小型セダンで、生産国はタイおよびマレーシアとなっている

「ダイハツよ、何をやっているのか」というのが、一連のダイハツの認証不正の受けとめだった。ダイハツと言えば唯一、関西の大阪に本拠を置き、その歴史も1907(明治40)年に発動機製造として創立しその後、大阪発動機に社名変更してダイハツブランドとなった由緒ある自動車メーカーだ。

 1951年に現在のダイハツ工業となり、その後1967年にトヨタ自動車工業と業務提携し、1998年にトヨタが51.25%の株式を取得してトヨタの連結子会社に。2016年にトヨタ100%株式取得による完全子会社となった経緯がある。

 言わばトヨタの「軍門」に下ったダイハツだが、小さいクルマづくりへの「良品廉価」を社是としてトヨタでも立ち入れない領域で確固たる地歩を築いてきた。

 国内では、あの鈴木修氏率いるスズキをも抜いて軽自動車トップを確保し、ASEAN地域ではインドネシア、マレーシアでダイハツブランドの強さを形成した。

 トヨタもグループでのダイハツの位置づけを重視して2017年1月に社内カンパニーのひとつ「新興国小型車カンパニー」を、ダイハツの良品廉価なモノづくりをベースとした競争力ある商品展開を目的として設立。

 開発・生産・調達は基本的にダイハツに一本化され、トヨタは側面からサポートする体制となっていた。それだけ、トヨタはダイハツを信頼していたのだ。

 それが今回、ダイハツ内部告発から東南アジアでの認証不正が発覚。5月連休直前に奥平総一郎ダイハツ工業社長が謝罪会見を行ったが、ダイハツサイドの危機感の薄さ、甘さが感じられた。

 むしろ、トヨタのほうが豊田章男会長がタイ現地でダイハツの不正行為について改めて陳謝して「トヨタグループ全体の問題として先頭に立って信頼回復に努める」と、危機感の強さを示した。

不正が続いたことで販売現場への影響は避けられない。再発防止対策を徹底し、ユーザーの信頼回復が急務だ

 ダイハツは海外向けだけでなく、国内向けでも安全性認証不正が見つかり、ダイハツの体質を問う厳しい声が相次いでいる。

 もともとトヨタより歴史が古くプライドも高いダイハツ内部では、トヨタ完全子会社化の後からトップ以下幹部クラスがトヨタから天下りしてくることへの反発もあったようだ。現在の奥平社長もトヨタ時代は10代目カローラ開発責任者を務めるなど、佐藤恒治トヨタ新社長にとって“大先輩”にあたる。

 おりしもエンジン不正問題で苦境にあったトヨタグループの商用車分野の日野自動車が、独ダイムラートラック傘下の三菱ふそうトラック・バスと統合することが突然、発表された。

 50.1%出資の連結子会社である日野自をトヨタが支えきれないとして決断したようだが、ダイハツのケースもスズキとの統合があるか予断を許さない状況だ。

*   *   *

【続報】2023年5月31日、ダイハツは今回の認証申請の不正を受け、開発と法規認証の体制見直しを発表した。

 ダイハツは衝突安全分野において性能開発・評価・認証の一連の流れを、ひとつの室の中で担当しており、チェック機能が働かなかったことが不正の原因のひとつと推定し、開発部門において性能開発・評価・認証の各機能を分離。

 客観性を要する認証機能については開発部門から独立させ、品質保証部門とともに新たな本部組織へと改変するとして、全社的な品質マネジメント機能体制を強化するとしている。

こんな記事も読まれています

新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
グーネット
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
AUTOSPORT web
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
AUTOCAR JAPAN
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
Auto Messe Web
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
driver@web
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
乗りものニュース
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
AUTOSPORT web
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
くるまのニュース
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
AUTOCAR JAPAN
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
Auto Messe Web
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
AUTOSPORT web
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
AUTOSPORT web
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
motorsport.com 日本版
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
AUTOSPORT web
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
GQ JAPAN
セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web

みんなのコメント

135件
  • × まさかの超人気ロッキー/ライズでも不正!!
    ○ 超人気ロッキー/ライズでもまさかの不正!!

    タイトル、まさかの使い方を間違えてるね。
  • 日野に続いてダイハツもやらかした。トヨタさん大変ですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

166.7231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.0313.0万円

中古車を検索
ロッキーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

166.7231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.0313.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村