現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「シルビア ヴァリエッタ」なら100万円台でまだ買える! 想定外のオープンモデルは1143台しかないレアなクルマでした

ここから本文です

日産「シルビア ヴァリエッタ」なら100万円台でまだ買える! 想定外のオープンモデルは1143台しかないレアなクルマでした

掲載 31
日産「シルビア ヴァリエッタ」なら100万円台でまだ買える! 想定外のオープンモデルは1143台しかないレアなクルマでした

ほしいと思っている人は今が購入のチャンス!

日産「シルビア」と言えば日産のスペシャリティーカーであるが、コンパクトなボディにFRレイアウト、そしてチューニングの引き出しも多いSRエンジンを搭載したモデルだ。ドリフト競技のベースマシンとして、生産が終了して20年以上が経過する今でも高い人気を誇っている。そんなシルビアの最終型であるS15型をベースに、オーテックジャパンが手掛けたコンバーチブルモデルが「ヴァリエッタ」と名付けられた1台だった。

【瀬戸済】アメリカ仕様の日産「シルビア」を徹底的にディテールアップ!低い車高でも思いっきり走れる秘訣とは

S13シルビア以来のオープンモデル

なお、ヴァリエッタ自体はS15型シルビアが登場した1999年10月に開催された第33回東京モーターショーに出品されていたが、実際に販売がスタートしたのは2000年7月と1年以上後となっていた。

これはモーターショーに出品した当時は市販する予定がなかったからとも言われており、反響の大きさから市販化するまでに紆余曲折があったことが垣間見えるエピソードと言えるだろう。

シルビアをベースとしたコンバーチブルモデルは、S13型に設定されて以来、久々の登場ということになったが、S13型の時はソフトトップであったのに対し、ヴァリエッタは電動メタルルーフを備えたクーペカブリオレとなっていたのが最大の差異である。なお、電動ルーフは約20秒で開閉が可能となっていた。

パワートレインもS13型ではターボエンジンとATの組み合わせのみだったのに対し、ヴァリエッタはNAエンジンに5速MTもしくは4速ATを選択することができた。

なお、制作を担当したのはS13型のときと同じく高田工業であり、元々コンバーチブル化を想定していなかったシルビアをベースとしたこともあって見えない部分でかなり補強がなされている点は、ノウハウを持つ高田工業ならではと言えるところだろう。

インテリアは基本的にベースとなったS15型シルビアのものを踏襲しているが、オプションとしてシートヒーター付きの本革シートが用意されていたのはコンバーチブルならでは。また標準のフロントシート表皮には、世界初となるモルフォ蝶の鱗粉の発色原理を応用したモルフォテックスを織り込んだモルフォトーンクロスを採用。

このモルフォトーンクロスは、濁りのない澄んだ色が得られ、見る方向によって光の干渉度が変わり色調が変化するもので、日産自動車と帝人、田中貴金属工業、川島織物と共同開発したものだった。

ここまで手の込んだモデルでありながら、価格は4AT車が289万5000円、5MT車が279万8000円と今考えれば非常にリーズナブルなものとなっていたが、当時はターボエンジンを搭載したスペックRの最上級グレードよりも高価だったこともあり、生産台数は1143台(MT659台、AT444台、詳細不明40台)と言われている。

中古車となった現在でも、まだ総額100万円台で購入できる個体もそれなりに存在しているため、希少なシルビアのクーペカブリオレモデルを欲しいと考えている人は今が購入のチャンスと言えるかもしれない。

こんな記事も読まれています

無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
@DIME
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
motorsport.com 日本版
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
motorsport.com 日本版
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
AUTOSPORT web
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
くるまのニュース
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
VAGUE
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

31件
  • sa2********
    あぁ・・・あの頃が輝いて見える・・。
  • lan********
    買えるって、どこで売ってるんだよ?
    カーセンサーネットに出てたんか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村