現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「最上級ミニバン」初公開! 高級感が凄すぎる「新型オデッセイ」“純正カスタム仕様”がカッコいい! スポーティさも楽しめるアイテムとは

ここから本文です

ホンダ「最上級ミニバン」初公開! 高級感が凄すぎる「新型オデッセイ」“純正カスタム仕様”がカッコいい! スポーティさも楽しめるアイテムとは

掲載 7
ホンダ「最上級ミニバン」初公開! 高級感が凄すぎる「新型オデッセイ」“純正カスタム仕様”がカッコいい! スポーティさも楽しめるアイテムとは

■新型「オデッセイ」の魅力を引き立てる「純正オプション」

 ホンダ車の純正アクセサリーの開発・販売を手掛けるホンダアクセスは2023年12月7日、新型の上級ミニバン「オデッセイ」用の純正アクセサリーを発表しました。

【画像】これはカッコイイ! 新型オデッセイ「カスタム仕様」を画像で見る(93枚)

 オデッセイは、1994年に初代モデルが登場したホンダの伝統的なミニバンです。

 3列シートを備えつつ全高をやや低めの設計としたことで、大人数が乗車可能でありながらもセダンのように優れた走行性能やスタイリッシュな雰囲気を獲得している点が特徴。

 今回発表された新型オデッセイは、2013年11月に登場した5代目モデルで、2020年に大規模なマイナーチェンジを実施後、2021年末に一度販売を終了していたモデルをさらに改良したうえで再投入するという複雑な経緯を持ちます。

 ホンダアクセスが今回発表した新型オデッセイ用の純正アクセサリーには、主に「黒」をテーマに開発されたアイテムが多く見られます。

 まず力強い形状が斬新な「フロントグリル」は、上部がブラッククロームメッキ、下部の開口部にはベルニナブラック塗装を施した重厚な印象の仕上がりで、さらに開口部にハニカムメッシュを取り入れたことでスポーティさも漂うデザインとなっています。

 また、リアビューを印象づける「テールゲートスポイラー」も、ハイマウントストップランプ周辺にブラッククロームメッキのアクセントが加えられ、フロントグリル同様に高級感とスポーティさを両立したデザインです。

 そのほか、精悍さを際立たせるブラッククロームメッキ仕上げの「ブラックエンブレム」や「アルミホイールセンターキャップ」も用意します。これは新型オデッセイに新設定されたグレード「ブラックエディション」の魅力をより引いたてるアイテムと言え、同グレードのオーナーにとって必見となるかもしれません。

 もちろんインテリアを演出するオプションも数多く用意され、運転時のスポーツマインドを高めるステンレス製の「スポーツペダル」や、同乗者にも快適な車内空間を提供するプレミアプタイプの「フロアカーペット」、さらにスマートフォンなどのデバイスの充電ニーズに応えるべく「USBチャージャー」を新開発。

 これは1列目シートの助手席側、あるいは3列目シートの運転席側にUSB充電口を追加するというもので、さらにセンターコンソールボックス後部に最大45Wに対応する「USB PDチャージャー」を設定するオプションも用意しています。

 そのほか夜のドライブシーンを艶やかに演出するイルミネーションアイテムも設定。

 1列目や2列目、センターコンソールリフトアップトレーを優しく照らす「フットライト」や、フロントドア周りを彩る「インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション」が取り揃えられました。

 機能装備では、大画面の「11.4インチホンダコネクトナビ」と「9インチホンダコネクトナビ」をラインナップ。

 近年長時間のドライブには必須ともいえる「リア席モニター」には15.6インチの大型タイプを用意し、新型オデッセイに相応しい最上の乗車体験を楽しめます。

 これら新型オデッセイ用に設定された純正オプションは、12月8日から全国のホンダディーラーにて発売される予定です。

こんな記事も読まれています

メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
motorsport.com 日本版
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • ハンセン
    くまのプーさんを、乗せたら逮捕される?
  • mnd********
    スポーティさを求める人はミニバンなんて買わないぞ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村