サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜ2年ぶりに首位奪還??】令和初の年間販売No.1がノートでなくプリウスの訳

ここから本文です

 日産 ノートが首位陥落。令和初の登録車販売No.1は、2年ぶり首位奪還のトヨタ プリウスに!

 2019年(令和元年)における日本国内の新車販売台数は519万5216台であった(速報値)。ピークだった2019年の778万台に比べると、67%にとどまる。直近の流れを見ても、2017年/2018年より若干少ない。

【東京オートサロン2020】日産はスカイライン400Rだけじゃない! 市販可能性大の2モデルも登場!!

 そして、登録車の販売ランキングには異変が生じた。1位はプリウス(PHVとαを含む)、2位はノートになり、前年とは異なる。1/2位の差は7115台だから、暦年の販売実績としては僅差だが、車種の変化に注目したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ