サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜ2年ぶりに首位奪還??】令和初の年間販売No.1がノートでなくプリウスの訳

ここから本文です

【なぜ2年ぶりに首位奪還??】令和初の年間販売No.1がノートでなくプリウスの訳

 日産 ノートが首位陥落。令和初の登録車販売No.1は、2年ぶり首位奪還のトヨタ プリウスに!

 2019年(令和元年)における日本国内の新車販売台数は519万5216台であった(速報値)。ピークだった2019年の778万台に比べると、67%にとどまる。直近の流れを見ても、2017年/2018年より若干少ない。

【東京オートサロン2020】日産はスカイライン400Rだけじゃない! 市販可能性大の2モデルも登場!!

 そして、登録車の販売ランキングには異変が生じた。1位はプリウス(PHVとαを含む)、2位はノートになり、前年とは異なる。1/2位の差は7115台だから、暦年の販売実績としては僅差だが、車種の変化に注目したい。

 2018年の登録車販売ランキングは、1位がノート、2位はアクア、3位がプリウスだったから、2019年はプリウスが一気に1位まで浮上して、ノートとアクアを追い抜いた。

 この販売ランキングの変化は、2019年の対前年比にも裏付けられる。1位のプリウスは、対前年比が約9%の増加となった。順位を下げたノートは約13%の減少、アクアも18%減ったから、プリウスが繰り上がった。

  なぜ、新車効果の薄れたこのタイミングで登録車No.1の座が交代したのか?

 ちなみに、新車販売の約37%を占める軽自動車の販売ランキング上位は、ホンダ N-BOX(25万3500台)、ダイハツ タント(17万5292台)、スズキ スペーシア(16万6389台)で、これらの台数は登録車を凌駕している点もトピックだ。

2019年 暦年の年間販売台数ベスト10(※日本自動車販売協会連合会データをもとに作成。プリウスはPHV、αを含むシリーズ合計台数)

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、NISSAN

【図表/画像ギャラリー】プリウス&ノートなど主要4車と2019年の売れ行きを詳しく見る

プリウスは16-17年のNo.1ながら2018年はノート首位で後退

2018年12月改良型のプリウス。同改良は2015年の発売以来、初となるマイナーチェンジ。外観もスッキリとしたフロントマスクに改められた

 過去を振り返ると、現行プリウスは2015年12月に発売されている。

 2016年には月平均で2万台以上を登録して登録車の販売1位になったが、売れ行きの評価は良くなかった。なぜなら先代型の3代目は、2009年5月に発売されて1か月後の受注が18万台に達し(現行型は同10万台)、2010年の登録台数も1か月平均で2万6000台と多かったからだ。

 先代プリウスは、2代目ホンダ インサイトに対抗して発売寸前に価格を引き下げ、販売系列はそれまでのトヨタ店とトヨペット店に対して、トヨタ全店(4系列)に増えた。

 現行プリウスはこの先代型と比較されたから、プラットフォームの刷新などによって走行安定性や操舵感を向上させながら、売れ行きが伸びないといわれた。

 もちろん現行プリウスにも問題点はあった。フロントマスクやリアビューのデザインが奇抜で、上級グレードのインパネに装着される乳白色のトレイは、洗面器などを連想させた。デザインの評判は総じて良くない。

 さらに、現行プリウスの発売からちょうど1年を経過した2016年12月には、ハイブリッドシステムやプラットフォームを共通化したSUVのC-HRが登場して好調に売れている。

 プリウスはユーザーを少なからずC-HRに奪われた。2017年の登録車販売1位は、前年に引き続いてプリウスだったが、対前年比は35%以上のマイナスであった。

 しかも、2017年の2位には、2016年11月にe-POWERを加えたノートが迫っていた。プリウスの対前年比は35%以上減ったが、ノートは36%増えている。ノートの発売は2012年と古かったが、e-POWERの効果はそれだけ大きかった。

 そして、2018年の登録車販売ランキングは、前述のように1位がノート(対前年比2%減)、2位はアクア(同4%減)、3位はプリウス(同28%減)になった。ノートとアクアの売れ行きは微減だが、プリウスは大幅に落ち込み、ランキング順位を後退させた。

首位陥落から王座奪回! プリウスがノートを逆転した理由とは?

2016年12月発売のC-HR。翌2017年4月にはプリウスやノートを上回り、SUVとして初の販売台数No.1に! こうした人気車の動向もプリウスの売れ行きに影響?

 ところが、2019年は、前述のとおりプリウスが挽回してノートとアクアを抜き返した。トップ3車の顔ぶれは、2017年と同じプリウス/ノート/アクアに戻った。

 戻った経緯は、2018年と「逆のパターン」だ。2018年のプリウスは28%減ったが、2019年のプリウスは9%増加した。ノートは13%、アクアは18%減ったから、プリウスが繰り上がった。

 そこで注目されるのは、プリウスが対前年比を9%増やした理由だ。

 2019年におけるプリウスの対前年比を振り返ると、1~3月は横這いで、登録台数もノートを下まわっていた。

 しかし、2019年4月になると、プリウスの対前年比が32%増えてノートを上まわり、登録車の1位になっている。5月も対前年比はプラス19%、6月は10%、7月は34%、8月は9%、9月は17%という具合に、対前年比のプラスを保った。

トヨタ プリウスと日産 ノートの2019年各月販売台数と前年同月比(日本自動車販売協会連合会データをもとに作成)

 2019年4月から対前年比が上向いた背景には、複数の理由がある。

 まず、2018年12月に実施されたマイナーチェンジの効果だ。先に述べたデザイン面の不満がある程度は解消され、安全装備も充実させた。プリウスは法人需要も多いから、新年度を迎えて(つまり2019年4月に入って)乗り替えが進んだことも考えられる。

 C-HRやアクアの売れ行きが下がり、販売力がプリウスに戻った事情もあるだろう。プリウスの対前年比が目立って増えた2019年4月には、アクアは18%減っている。7月にはプリウスが34%増えて、C-HRは37%減った。

 このほか2019年5月には、登録台数は少ないものの、プラグインハイブリッド車のプリウスPHVが一部改良を行って充電機能などを充実させている。

2018年登録車No.1のノートが後退した理由は?

2016年11月にモーターで駆動し、エンジンで発電する「e-POWER」の追加。2018年には登録車販売年間No.1に輝いた日産 ノート。

 一方、ノートが下がった理由は、2016年11月に発売されたe-POWERが行き渡ったことだ。


 2019年3月にはデイズがフルモデルチェンジを行い、ノートの需要が奪われたこともあるだろう。

 前述のとおり、ノートのノーマルエンジン搭載車の発売は2012年と古いから、e-POWERの追加で1位になったことがむしろ異例であった。

 日産の場合、2010年以降は新型車の発売が激減しており、設計の古い車種が目立つ。この影響で、デイズ+デイズルークス+ノート+セレナの販売台数を合計すると、国内で売られる日産車全体の70%近くに達する。

 このような状態だから、ノートが登録車の販売1位を争いながら、メーカー別の国内販売ランキングは、トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位になってしまう。

◆  ◆  ◆

 以上のように販売ランキングの首位争いには、いろいろな事情が絡む。

 好調に売れるクルマは、多くの人達が使っている以上は優れた商品だが、販売ランキングのトップグループに入るには商品力以外の要素も必要だ。それを探ると、国内販売の実態が見えてくる。

【図表/画像ギャラリー】プリウス&ノートなど主要4車と2019年の売れ行きを詳しく見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します