現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「お値段以上」の進化っぷりもMTは廃止! CX-5の大幅商品改良をまとめてみた

ここから本文です

「お値段以上」の進化っぷりもMTは廃止! CX-5の大幅商品改良をまとめてみた

掲載 69
「お値段以上」の進化っぷりもMTは廃止! CX-5の大幅商品改良をまとめてみた

 この記事をまとめると

■CX-5が一部改良を実施

アウトランダー・CX-5・RAV4・アウトバックを乗り比べ! 国産最強ミドル級SUVの決定戦!!

■装備の追加などで価格が変更されたほか、グレード整理も行われた

■今回の改良のタイミングでMTの設定が廃止となった

 マツダで1番売れているSUV「CX-5」がパワーアップ

 グローバルにみると、マツダ車のなかで最多販売を誇る基幹モデルはミドル級SUVの「CX-5」であることをご存じだろうか。マツダの新車販売におけるCX-5のシェアは、なんと33%となっている。日本国内の販売状況においても、CX-5はマツダ車の最人気モデルだ。

 2022年度の国内販売実績は約2.7万台。新しくFRプラットフォームのSUVモデル「CX-60」が登場しているが、CX-5の人気は陰りをみせるどころか好調を維持している。

 そんなCX-5が商品改良を実施する。10月中旬という発売を前に、その進化ポイントを紹介しよう。

 まず、パワートレインやシャシー性能といったハードウェアについての具体的な進化はアナウンスされていない。今回はグレード体系の見直し、内外装デザインや標準装備の拡充による既存グレードの価値鮮明化がアピールポイントとなっている。

 グレード体系でいえば、長らくマツダのプレミアム志向グレードとしておなじみだった「Lパッケージ」が廃止された。そのほか、安全装備を充実させた「Proactive」も今回の商品改良で消えている。

 その理由は明確で、従来モデルにおいてスポーティ仕様の「スポーツアピアランス」や「ブラックトーンエディション」といったグレードへの支持が集まっていたからだ。この2グレードで53%のシェアとなっているという。とくにお買い得感のある「ブラックトーンエディション」は20~30代の若者層、また女性比率が高いのだという。

 クロスオーバーSUVという激戦区においては、各社がさまざまな個性を示すことでブランド価値を高めているが、マツダのSUVはスポーティをキーワードに選ばれていることを、これまでの実績は示しているわけだ。

 2023年9月に発表されたCX-5商品改良後のグレード体系は次のようになっている。 ●最上級プレミアム志向 エグゼクティブモード

●レジャー志向 フィールドジャーニー

●賢い選択肢 スマートエディション

●スポーツ志向 スポーツアピアランス レトロスポーツエディション(特別仕様車) ブラックトーンエディション 特別仕様車「レトロスポーツエディション」を追加することでスポーティグレードの選択肢を増やしたというわけだ。

 レトロスポーツエディションは、CX-5だけでなくMAZDA3、CX-30にも同時に設定されるもので、ボディカラーはカーキ系の「ジルコンサンドメタリック」をイメージカラーとしながら、ドアミラーなどをブラックアウトすることで引き締めた印象に仕上げた仕様。

 テラコッタとブラックのコンビネーションでまとめたインテリアが、レトロという名前にふさわしい雰囲気を生み出している。

 値段が上がっても追加装備は価格以上!

 もちろん、それ以外のグレードはそのままというわけではない。

 スポーツアピアランスについては、CX-8で採用された縦基調ブロックメッシュパターンのフロントグリルが新採用され、ボーズサウンドシステムが標準装備となった。

 フロントシートにベンチレーション機能が追加されたのも見逃せない。クリーンディーゼルを積むXDスポーツアピアランスのメーカー希望小売価格は、従来の366万9600円から390万600円(FF)と大幅に価格上昇しているが、サウンドシステムとシートベンチレーションの採用を考えれば妥当だ。

 なお、エグゼクティブモードも縦基調のフロントグリルや高輝度ダーク塗装の19インチアルミホイールなどを新採用している。

 フィールドジャーニーは、従来の明るいイメージのインテリアを上質感のあるものへとカラーチェンジ。フロントグリルのカラーコーディネートも大人びたものへと変更している。カジュアルなSUVから上級シフトしたといえるだろう。

 スマートエディションとブラックトーンエディションについては、内外装の変更はないが、従来はオプション扱いだった地上デジタルチューナー(フルセグ)を全グレードに標準装備化。スマートエディションにはスマートキーも標準装備となった。ブラックトーンエディションでは、パワーリフトゲートや10.25インチセンターディスプレイなどが標準装備となっている。

 今回の商品改良により、CX-5は平均9万2000円の値上げとなっている。しかし、追加装備された機能を計算すると、スマートエディションで8万8000円、ブラックトーンエディションで13万9000円、フィールドジャーニーでは16万1000円相当になるというから、単なる値上げではなく装備追加による価格改定という部分もありそうだ。

 こうして標準装備を増やして、メーカーオプションをBOSEサウンドシステムとガラスサンルーフの2アイテムだけに絞ったのは、けっしてCX-5の価格を上げようと狙っているからではないという。さまざななコストアップ要因に対応するためにはバリエーションを絞る必要があり、そのために各グレードでユーザーが満足いくよう完成度を上げた結果といえる。

 残念なのは、バリエーションを絞っていくなかで、MTを残せなかったことだろう。マツダによれば、今後は基本的にSUVモデルからはMTの設定がなくなっていくという。MTの販売台数自体は非常に少なく、MTの設定を残すことは合理的でないのは理解できるが、マツダのSUVにスポーティなイメージがあるのは、MTを選べるという点にあったことも貢献していたと思うが、ユーザーやファンはこの点についてどのように思うのだろうか。

関連タグ

こんな記事も読まれています

車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
AUTOCAR JAPAN
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
Auto Messe Web
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
AUTOCAR JAPAN
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
AUTOSPORT web
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
AUTOSPORT web
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
乗りものニュース
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
くるまのニュース
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
WEB CARTOP
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
グーネット
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
Merkmal
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
GQ JAPAN
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
乗りものニュース
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
レスポンス
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

69件
  • どこが進化してるんだ?
    どうでもいいとこしか変わってない。
  • CX60も街中で見かけるようになりましたが、やっぱり実車もカッコ悪いですね。CX5の方が全体的なバランスが良い気がします。

    最近のマツダ車は、ほら、カッコ良いでしょ?美しいでしょ?と言う、恩着せがましい主張のあるデザインが逆にカッコ悪くて敬遠しちゃいますね。

    以前試乗した際、インテリアはよく出来ていたので感心したのですが、触っていたら変な箇所がベコっと凹んでしまい、メッキ感が満載でした、、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村