現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤリスクロスを買うなら。納期が長くてもハイブリッドが魅力に感じる理由と“買い”のグレードを検証した

ここから本文です

ヤリスクロスを買うなら。納期が長くてもハイブリッドが魅力に感じる理由と“買い”のグレードを検証した

掲載 88
ヤリスクロスを買うなら。納期が長くてもハイブリッドが魅力に感じる理由と“買い”のグレードを検証した

>>ヤリスクロスのカタロググレードをチェックする
>>ヤリスクロスハイブリッドのカタロググレードをチェックする

2020年8月の販売開始以来、売れに売れまくっている「トヨタ ヤリスクロス」。コンパクトSUVには同胞のライバル「ライズ」も存在し、登録車販売ランキングでは2台揃って常に上位に名を連ねている。販売の現場によるとヤリスクロスは純ガソリン車より高価なハイブリッド車の方がよく売れている模様。そこで今回は、売れ筋のヤリスクロスハイブリッドにスポットライトを当て、購入を検討している人に参考となる情報をまとめてみた。

トヨタ「ヤリス クロス」はGグレードがおススメ。燃費やサイズと価格のバランスでライバルに優勢

同じ燃料量で1.5倍の距離を走れる
まずはハイブリッド車の人気の理由に迫ってみたい。燃費(WLTCモード)の人気の違いをエントリーグレードの「X・2WD」で比べてみると、ガソリン車の20.2km/Lに対し、ハイブリッドは30.8km/Lと大きな差がある。これは同じ燃料量で1.5倍の距離を走れるということ。一方、車両価格は純ガソリン車の189万6000円に対しハイブリッドは228万4000円と、同等グレードで37~38万円程度の差があり、これを燃料代で取り返そうとすると、ガソリン価格170円/L、年間走行距離1万kmと仮定して、大体13年かかる計算となる。つまり、燃料代だけ考えると純ガソリン車の方がお得なのだ。

しかし、ハイブリッドは環境性能割等の税金で優遇されるから、実質的な価格差は30万円弱まで縮まる。そして、売却時のリセールもハイブリッドの方が期待できるから、実際はより短い年数で元が取れるのだ。しかもハイブリッドは1.5L直3エンジン単体の出力(91PS)こそ純ガソリン車(120PS)に劣るが、フロントモーター(80PS)のパワーが加わるためスムースな加速が味わえる。ということで、実質的な負担額と走行性能を合わせた総合力でハイブリッドが選ばれているというのが実情。今後ヤリスクロスを買う人は、やはりハイブリッドが正解となりそうだ。

>>トヨタ ヤリスクロスの中古車相場をグラフで見てみる
>>トヨタ ヤリスクロスハイブリッドの中古車相場をグラフで見てみる

オススメのグレードは「G」
では、オススメグレードはどれだろう。まず、ベーシックモデルのX(228万4000円)は、スチールホイール+フルキャップがやや貧弱に見えるうえ、充電用USB端子がオプションでも選択できない。荷室のデッキボードやデッキフックがない等、デイリーユースで不便を感じる部分がある。

中間グレード「G」(239万4000円)と最上級の「Z」(258万4000円)は、ホイールサイズ(G:16インチ、Z:18インチ)や運転席パワーシートの有無などが主な違い。だが20万円の価格差を考えると、コンパクトSUVにそこまで必要かという疑問も感じる。

むしろ、ここはGでしか選べない運転席イージーリターン機能(3万1900円)に注目したい。これは、手動調整したシートポジションを記憶しておく機能で、降車時に目一杯シートを下げても、次回乗車時にレバー操作一発で記憶したポジションへ戻すことが可能。しかも、シートヒーター、ステアリングヒーター、助手席シートアンダートレイまでセットになってこの値段だからお買い得度は高いだろう。ということで、オススメはG。ちなみに雪国にお住まいの方など4WDが必要な人は約23万円高(262万5000円)で用意されている。

高価格なライバルに対するアドバンテージ
次に、ライバルと比べてみよう。ヤリスクロスハイブリッドの競合車として挙げられるのは、「ホンダ ヴェゼル」や「日産 キックス」といったコンパクトSUV。このうち、ヴェゼルは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mmとヤリスクロス(同4180mm×1765mm×1590mm)より長くワイドなボディで、室内寸法にもやや余裕がある。しかしその分、価格もハイブリッドのエントリーグレードで265万8700円(e:HEV X・2WD)とやや高め。その割には運転席以外のパワーウインドウがワンタッチ式ではない、ステアリングの素材がウレタンなど装備や質感でヤリスクロスハイブリッドGに分がある面も多い。

>>ホンダ ヴェゼル ハイブリッドのカタロググレードをチェックする

また、日産キックスは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmと、これまたヤリスクロスハイブリッドより110mm長く、発電用エンジンを使う特殊なe-POWERを採用するためかエントリーグレードが275万9900円とさらに高価だ。そのうえ、燃費は21.6km/Lとヤリスクロスハイブリッドより10km/L近く下がるなど、大きなボディが必要でなければヤリスクロスハイブリッドにアドバンテージを感じる人が多いのも納得だ。

>>日産 キックスのカタロググレードをチェックする

中古車よりも新型車が得
以上、なるほどライバルと比べてみても魅力も多いヤリスクロスハイブリッド。唯一の弱点は、6か月以上の納期だろう。しかし中古車を見ても認定中古車は2020年式で新車とほぼ同価格であり、納期を急がない人にとっては新車の方がコスパはいい。ということで、ヤリスクロスハイブリッドを買うなら早めに注文し、待ち期間を楽しみに待つのが正解といえそうだ。

>>ヤリスクロスのカタロググレードをチェックする
>>ヤリスクロスハイブリッドのカタロググレードをチェックする

こんな記事も読まれています

メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
motorsport.com 日本版
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

88件
  • それにしてもヤリスクロスは爆発的大ヒット作になったよな。
    本当トヨタは売れる車を作るのが上手。
    そりゃ売れるわ。
  • 価格、大きさ、ちょうど良い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.5315.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

161.0370.0万円

中古車を検索
ヤリスクロスハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.5315.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

161.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村