現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?

ここから本文です

「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?

掲載 14
「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?

 1980年にフルモデルチェンジを受けた4代目C31型ローレル。かの有名なデザイナー、ジバンシィの名が付けられた特別仕様車もあったのだ。第12回目となる日産ヘリテージ連載は、4代目C31型ローレルとその限定車「ジバンシィ・バージョン」を取り上げよう。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、日産

「アウトバーンの旋風」と銘打ち欧州を意識して誕生の日産「4代目ローレル」! 「ジバンシィ」の名が付いた特別仕様車を知っているか!?

■欧州風のデザインを身にまとった4代目ローレル

1980年にフルモデルチェンジを受けて登場した4代目C31型ローレル

 クルマのCMに、タレントや著名人が登場することは多いが、1980年代の日産でも、海外の著名人をイメージキャラクターとして起用。最も有名なのが、6代目R30型スカイラインのポール・ニューマンだろう。

 そして、同時期に4代目ローレルの販売テコ入れのために、白羽の矢が立ったのがなんとフランスのファンションデザイナー、ユーベル・ド・ジバンシィであった。驚くべきことに、「ジバンシィ」の名を冠した限定車まで登場した。

 4代目となる日産C31型ローレルは1980年(昭和55年)11月5日、フルモデルチェンジを発表した。開発を指揮したのは、基本構造を共有するスカイラインと兼任で桜井眞一郎氏が担当。

 伝統の豪華なハイオーナーカー路線を継承しつつ、桜井氏の「走る、曲がる、止まる」の基本性能を重視し、走りもいいローレルへと進化。「アウトバーンの疾風(かぜ)」というキャッチコピーが物語るように、エクステリアも劇的に変わり、シャープなヨーロピアン調デザインのエクステリアが与えられ、走りのよさを感じさせる仕上がりだった。

[articlelink]

■ボディは4ドアモデルに特化

4代目ローレルは先代までの2ドアや3ドアモデルをなくし、HTとセダンの4ドアのみのラインナップになった

 ボディタイプは、2代目と3代目にあった2ドアハードトップを廃止し、4ドアに一本化。日産お得意のスタイリッシュな4ドアピラーレスハードトップと、王道の4ドアセダンの2本立てに。

 いずれもスラントノーズの端正な顔立ちが与えられていたが、フロントグリルとリアテールランプ周りを変更することで差別化。人気の4ドアハードトップは、フロントガラスとリアガラスの傾斜を強め、よりスポーティなスタイルに仕上げられ、空気抵抗係数(Cd値)は0.38と優れた値を実現。ボディカラーには、お洒落で上品なツートンも用意された。

4代目ローレルのインテリア。ソファのようなシートが特徴的だ

 インテリアは、ゆとりあるソファのようなシートを中心に構築された贅沢な空間に仕立てた。さらに快適性を高めるべく床面を下げることで室内高を拡大し、ドア構造を見直すことで室内幅も拡大させている。

 サスペンションは、走りのよさを高めるだけでなく、スプリングをソフトとすることで乗り心地のよさも両立。もちろん、徹底した騒音と振動の対策を施すことで静粛性も高められていた。

 ハイオーナーカーにふさわしい豪華な装備を誇り、マイコン制御オートエアコン、電子チューナーラジオとダイレクトドライブカセットデッキなどを備える高性能オーディオ、リヤガラスアンテナ、クルーズコントロールなどを採用。

 さらに国内初の運転席の無断調整式シートリフターに加え、世界初となるタイマー付きパワーウィンドウとコラムAT車の足踏み解除式パーキングブレーキを採用するなど時代の先を行く快適機能も備えていた。

■ガソリンとディーゼルの多彩なパワーユニットを設定

2L直6ターボのL20ETエンジンも4代目ローレルは搭載していた

 パワーユニットも多彩で、ガソリン車では自然吸気の1.8Lと2Lの4気筒エンジンを始め、自然吸気の2Lと2.8Lの6気筒エンジン、俊敏な加速を得意とする2L直6ターボエンジンを。さらにディーゼル車は、自然吸気の2L4気筒と2.8L6気筒エンジンをそれぞれ用意。いずれもSOHCエンジンであるのは時代を感じさせるところだ。

 高級車らしく、ほとんどのグレードに3速ATが選択可能なうえ、セダン上位グレードのAT車では、フロアシフトとコラムシフトの両方から選択ができた。このコラムシフトを選択すると、フロントが3名乗車可能な6人乗りとなっている。

 発売当時の新車価格は4ドアセダンが109万8000~230万5000円、4ドアハードトップが128万2000~240万円(ともに東京地区標準価格)であった。ちなみに、メダリストが最も豪華な仕様となっており、その最高潮が、ハードトップの2800メダリスト(3速AT車)であった。

 簡単にC31型ローレルの歴史を振り返ると、1981年(昭和56年)2月には、桜井スピリッツを感じさせるスポーティ仕様「GX」をハードトップとセダンに各々追加。エンジンは、2L6気筒の自然吸気仕様とターボ仕様が用意され、上位モデルを中心に採用されていた4輪独立懸架の採用を始め、4輪ディスクブレーキとリアスタビライザーが奢られた。

■ファッション界の巨匠の名をイメージキャラクターに

ジバンシィの名が入った特別仕様車も登場した4代目ローレル

 1981年11月にはターボ車のエンジン制御を電子化するなどの一部改良を実施し、新グレード「ターボメダリスト」が誕生した。この改良時には、驚きの発表も行われた。それがパリ・ファッション界の巨匠、「ユーベル・ド・ジバンシィ」のイメージキャラクターへの起用だ。

 ジバンシィ氏が、日本の宣伝キャラクターとして出演するのはこの時のローレルが初のこと。当時の広報資料によれば、「ローレルがその華麗なスタイル、卓越した動力性能などにより真の高級ハイオーナーカーとして不動の地位を確立している実績を高く評価したため」とある。

 1982年(昭和57年)9月27日、マイナーチェンジを実施。内外装の変更を行うことで、より豪華に。エクステリアではフロントグリルやフロントランプ、リアコンビネーションランプなどのデザインを変更し、全車を大型バンパー仕様とするなどイメチェンを図った。

 内装ではメダリストに高級なダブルラッセル地を使用したほか、全車でメーターパネルやインストルメントパネルなどのデザインを変更し、より上質さを追求。メカニズムでは、シートやミラー角度を記憶できるメモリー機能とデジタルメーターパネルをターボメダリストにオプション化したほか、チルト&テレスコピックステアリングやダイバーシティFM受信システム付きシステムコンポなどを採用。

 さらにガソリン直6エンジン車のATを電子制御OD付ロックアップ4速式にアップデートし、高性能化を図っていた。

■ジバンシィ自らがデザインした特別仕様車も設定

座間のヘリテージコレクションにはジバンシィ・バージョンIが収蔵されている。その程度はとてもいい

 そのマイナーチェンジモデルをベースに送り出された贅沢な特別仕様車が、「ローレル ジバンシィ・バージョン」だった。最上級グレードである4ドアハードトップ「ターボメダリスト」(4速AT)をベースに、ジバンシィ氏自ら内外装をデザインしたという。

 エクステリアの特徴はブラックとグレーのツートンカラーを纏ったボディに、ジバンシィエンブレムをフードマスコット、フロントグリルエンブレム、オペラウィンドウマーク、リアフィニッシャーエンブレムに採用。

ジバンシィ氏の名が入ったフロントフェンダーエンブレム

 さらにジバンシィ氏のサインをデザインしたフロントフェンダーエンブレムとアルミホイールを装着し、より上質な雰囲気に仕立てた。

 内装では、豪華なボタン止めのダブルラッセル地シートに、ジバンシィエンブレムをデザインしたワンポイントを採用。さらにドアトリム、ステアリングにもジバンシィのオーナメントを取り入れ、インストルメントパネルにはジバンシィ氏のサインがデザインとして添えられている。500台限定であった特別仕様車の当時の価格は、255万3000円(東京地区標準価格)とされた。

 ジバンシィ・バージョンは好評だったようで、1983年(昭和58年)3月には、第2弾となる「ジバンシィ・バージョンII」が登場。ボディカラーが、ダークグレーとシルバーのツートンに変更された。同仕様は限定400台で、256万3000円(東京地区標準価格)だった。

 また、同仕様はジバンシィ氏の創作活動開始30周年を記念したイベントの日本開催では、ジバンシィ氏本人と30周年イベント名誉会長を務めた女優オードリー・ヘップバーン氏の来日中の移動車としても提供されたという。そして、1984年(昭和59年)2月にも最後となる「ジバンシィ・バージョンIII」が限定400台で投入されている。

■ヘリテージには第1弾モデルを収蔵

ヘリテージコレクションの4代目ローレルジバンシィ・バージョンI

 日産ヘリテージコレクションには、その第1弾となる「ジバンシィ・バージョン」が収蔵されている。同車は大丸百貨店を創業した下村家十二代目当主で、大丸百貨店の社長でもあった下村正太郎氏の愛車だったものだ。

 かつての住まいであった京都「大丸ヴィラ」に保管されていたものが、2022年に寄贈された。下村正太郎氏は2007年に79歳で亡くなっているが、同車を手放さなかったのは、とても思い出深い1台だったからだそう。

 そのエピソードのひとつが、ジバンシィ氏の創作活動30周年イベントの来日と重なるものだ。来日中のジバンシィ氏とオードリー・ヘップバーン氏は京都を訪れているが、その際、伊丹空港まで下村氏はこのローレルでふたりを迎えに行ったという。その道中、ローレルも話題のひとつとしてひと役買ったに違いない。

室内にもジバンシィ氏のサインが入っている

 永い眠りについていたジバンシィ・バージョンだが、大切に保管されていたこともあり、そのビジュアルはとてもいい。装備も純正のままであり、当時の雰囲気をしっかりと今に伝えてくれる。兄弟車のR30型スカイラインのような目立つ存在ではなかったが、ローレルをジバンシィがさり気なく飾り立てたことで、より上品さが増した姿は現代でも魅力的に映る。

 いや、ローレル自身が持っていた魅力をしっかりと引き出してくれているように思えてならない。単に高級アパレルブランドの名を冠しただけのモデルとも思っていたのだが、実車を前にしてみると、よりいい作品にしたいというジバンシィ氏の想いが込められているようにも思えた。

こんな記事も読まれています

トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
Merkmal
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
AUTOSPORT web
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
ベストカーWeb
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
ベストカーWeb
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ベストカーWeb
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
ベストカーWeb
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
AUTOSPORT web
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ベストカーWeb
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
motorsport.com 日本版
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
グーネット
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
AUTOSPORT web
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
AUTOSPORT web
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
ベストカーWeb
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
motorsport.com 日本版
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
AUTOSPORT web

みんなのコメント

14件
  • kmq********
    この時代のニッサン車が全部好き
  • ******
    今見るとすごくコンパクト
    車高もトヨタのアヌスより全然低い
    前方も見やすいし車両感覚も掴みやすい
    最近の、特にトヨタ車は厚化粧BBAで醜い
    トヨタのデザイナーはこのクルマを見習え
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.0340.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0460.0万円

中古車を検索
ローレルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.0340.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0460.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村