現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 30年に1度の革命車!? 新型プリウスは誰が見ても新しいと思えるワケ

ここから本文です

30年に1度の革命車!? 新型プリウスは誰が見ても新しいと思えるワケ

掲載 39
30年に1度の革命車!? 新型プリウスは誰が見ても新しいと思えるワケ

 クルマはどんどん快適で使いやすを求め、気づけばSUVブームにもなってしまった。しかし新型プリウスは誰もが知る実用車でありながらスーパーカールックで登場!! 誰もがカッコいいと思える理由を探してみよう。

文/清水草一、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年10月10日号※本稿は2023年9月のものです

30年に1度の革命車!? 新型プリウスは誰が見ても新しいと思えるワケ

■「革命的に新しい!」は難しい?

スーパーカールックの「実用車」というのが新しいトヨタ プリウス

 今日び、初代プリウスみたいな、「革命的に新しい!」というクルマは存在しない。そういうのは20~30年に1台くらいしか生まれないので無理もない。逆に原点回帰や温故知新のクルマも多く、そっちのほうが新鮮さも感じやすい。さもなきゃひたすらSUV化だ。そこにはもう特段の新しさはない。

■今どきあえての「速そうなスーパーカー」スタイルが新しい!

インパネのデザインも斬新で新鮮

 そんななか、プリウスの逆張りは光っている。クルマは低速化・安楽化・堅牢化に向かって進んでいるのに、プリウスはあえて速そうで、非実用的で、災害に弱そうなスーパーカールックで登場した。

 「それを言うならカリーナEDのほうが早かった」とも言えるけど、プリウスはカリーナEDよりも速そうなカッコだし、室内も意外に広いんだからスゲエ。あそこまでスーパーカーみたいなフォルムの5ドア実用車は、これまで世界中に存在しなかった。

 プリウスの新しさは、ほぼその一点にある。パワートレーンやインテリアなどは特に新しくないけれど、見ただけで「こりゃ新しい!」と理解できるし、幅広い層に大好評だ。みんな、実はああいうカッコに憧れていたんだね!

こんな記事も読まれています

メルセデスAMG「Gクラス」 ゴールドのアクセントが際立つ特別仕様車が登場!
メルセデスAMG「Gクラス」 ゴールドのアクセントが際立つ特別仕様車が登場!
グーネット
マクラーレン 新型「アルトゥーラスパイダー」誕生!最速330キロのHV車【動画あり】
マクラーレン 新型「アルトゥーラスパイダー」誕生!最速330キロのHV車【動画あり】
グーネット
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
AUTOSPORT web
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
AUTOSPORT web
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
グーネット
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
AUTOCAR JAPAN
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ベストカーWeb
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
AUTOSPORT web
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

39件
  • yxfxtxkx
    危険運転車の代名詞カーなので、ドライブ中に一番出会いたくない車です。特にブラックプリウスは危険運転確率高い。無理な合流、割り込み、信号無視は日常茶飯事。
  • ハンセン
    ライターさん、今すぐ眼科に直行してください。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村