サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「スポーツカー=悪」が理由だった! かつて存在した280馬力規制と「突破した」スポーツカーじゃないモデルとは

ここから本文です
スポーツカー叩きが280馬力自主規制の発端

 昭和の時代、排ガスによる公害や交通事故の急増が社会問題になるなか、クルマは外貨を稼ぐ重要な基幹産業となり、便利な道具として普及していった。1970年代から’80年代にかけて日本の経済成長が高水準に達しクルマも進化するにつれて、「クルマが速いから事故が起きる」とか「スポーツカーがあるから珍走団(暴走行為をする集団)が生まれる」だのという風潮もあり、高性能車やスポーツカーが「悪」という時代になってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン