現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2万7000人のニッサンファンで沸いた「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」

ここから本文です
2万7000人のニッサンファンで沸いた「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」
写真を全て見る(15枚)

ニッサンのモータースポーツ史を肌で感じる。「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」が静岡県の富士スピードウェイで12月4日(日)に行われた。

「サステナブルなモータースポーツへの挑戦」をテーマに、電動化技術やCNF(カーボンニュートラルフューエル)を活用した車両、ニッサンのモータースポーツ史に欠かせないマシンたちの実走行などさまざまなコンテンツが用意された「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2023」が開催された。

【トヨタの近未来EV戦略】トヨタが電気自動車攻勢を開始 2026年までに少なくとも6台の電気自動車を投入

夜明け前にはオープンを待つファンのクルマでサーキット周辺は大渋滞。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
AUTOCAR JAPAN
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
くるまのニュース
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
motorsport.com 日本版
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
くるまのニュース
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
バイクのニュース
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
レスポンス
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
LE VOLANT CARSMEET WEB
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
カー・アンド・ドライバー
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
バイクのニュース
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
レスポンス
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
ベストカーWeb

みんなのコメント

8件
  • m33********
    日産の大ファンです。
    現行車、憧れる車がありません……
    誰もが憧れ、後年にも愛される様な車、作ってください。
    ファンは、ず〜っと待ってますよ!
    頼むよ日産!
  • yel********
    年々イベント内容が地味になって行くように思うのと(個人的な感想)、手数料含むチケット代金の値上げや紙パンフレットの廃止など、来年の参加を考えてしまう2023ニスモフェスティバルでした。それと サーキットに入ってからの 駐車場への誘導の悪さから起こる大渋滞も何とかしてほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村