現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オモシロ軽自動車は意外なほど本格派だった──新型ダイハツ タント ファンクロス試乗記

ここから本文です

オモシロ軽自動車は意外なほど本格派だった──新型ダイハツ タント ファンクロス試乗記

掲載 7
オモシロ軽自動車は意外なほど本格派だった──新型ダイハツ タント ファンクロス試乗記

マイナーチェンジを受けたダイハツ「タント」に追加された「ファンクロス」に小川フミオが試乗した。SUVテイストを盛り込んだハイト軽ワゴンの実力とは?

意外なほどよく走る

意外なほどホットハッチ──新型ホンダ フィットe_HEV RS試乗記

機能的なクルマが1台欲しいならば、ダイハツのタント ファンクロスなんてどうだろう。2022年10月3日に、マイナーチェンジを受けたタントシリーズに追加されたSUVテイストのモデル。

意外なほどよく走るのだ。

タントのマイナーチェンジの眼目は「多様化するユーザーのニーズにあったモデルバリエーションの充実にあります」とはチーフエンジンニアを務める秋本智行氏。

たとえばタント カスタムは、グリルにクロームの縁取りが設けられ、アグレッシブ感が強くなった。車体色も「各モデルの個性を表現した新色を追加」(ダイハツ工業)とされる。

ファンクロスは、「キャンプ場などでの“映え”を意識なさるお客様に受け入れていただけるよう設定したモデル」と、秋本氏は説明してくれる。

特徴は「ラギッド(ragged)」と、デザイナーを務めた井藤孝一氏が表現するフロントマスクの造型にある。ラギッドとは、“ゴツい”といった意味で、クロカン型SUVの表現として時として使われる用語だ。

ファンクロスは、バンパーコーナーに変形六角形の合成樹脂製ガードを設け、それを同じ合成樹脂で結んでいる。力強いフロントマスクがそれによって形作られている。

イメージカラーはサンドベージュメタリック。グリルは黒色で塗装されるとともに、ルーフラックをそなえるなど、パリ~ダカール・ラリーの出走車のようなイメージもほのかに感じられる。

純正アクセサリーで独自デザインのロードホイールや、大型のルーフキャリア、さらにルーフに装着できるタープなども用意され、それらがなかなかよく出来ている模様。このあたりのクオリティの高さはさすがだと思う。

想像以上の安定感タント シリーズの特徴はトールボーイスタイルにある。「これがメインストリーム」(前出の秋本氏)という前提にたって、そこから動力性能を磨き上げている。

私が乗ったのは、前輪駆動版の「ファンクロス ターボ」。658ccの3気筒エンジンはインタークーラー付きターボチャージャー装着で、最高出力は47kW、最大トルクは100Nmに達する。力強い走りが特徴だ。

なによりいいのは、アクセルペダルをやや強めに踏み込んでいったときに、加速にいわゆる息継ぎ感がない点。かなりの速度までスムーズに加速していく。CVT変速機は静かだし、よく出来ている。高速でもかったるさがない。

しかもカーブを曲がるとき、中速コーナーだったら、重心高が低めに設定されているのだろうか? 想像以上に安定している。前輪駆動版は全高が1785mmあるけれど、車体のロールは適度に抑えられているのだ。

ターボエンジンはアクセルペダルへの反応がいいうえに、操舵感もしっかりしていて、ドライブしていて楽しさすら感じられる。両側にセンターピラーのない巨大な開口部の「ミラクルオープンドア」をもつ車体であるものの、ボディ剛性も高いと感じられるのだ。

「マイナーチェンジでも(2019年発売の)従来モデルから基本的な部分は変えていません」と、秋本氏。オリジナルの設計がかなりよいということなんだろう。

100万円台で手に入る!ファンクロスの内装は、他のモデルと異なる。迷彩模様のシート表皮と、黒色をベースに、エアコンの吹き出し口にメタリック調オレンジを使って「タフさを表現」(ダイハツ)することをねらったという。

欲をいえば、コンセプトにより忠実に、オフロードと密接に結びついたスポーツ性が内装各所に盛り込んであると、もっともっと楽しくなるんだろう。

このあたりは、フォルクスワーゲンが得意とする分野だ。ダイハツのデザイナー諸氏は優秀なので、表現の場が拡がると、私たちユーザーのメリットにもつながるはずだ。

ファンクロスは、ロードクリアランスもエンジン特性も、シリーズ共通である。ハードウェアとしてオフロード性能に特化したところはない。そうした事情もあって、まぁ、このあたりが限界なんだろうか。

ファンクロス ターボの燃費はリッターあたり24.3km。正面からは縦の長方形に見えるボディを考えると、りっぱな数値だ。

タント シリーズは、ベーシックモデル「L」(138万6000円)からはじまり、もっとも売れ線という「カスタム」シリーズ(NAで178万2000円~、ターボで187万円~)、そして「ファンクロス」シリーズ(NAで172万1500円~、今回のターボで180万9500円~)。

依然、けっこう買いやすい価格が維持されているのも見逃せない。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

こんな記事も読まれています

300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
ベストカーWeb
日本では激レア!!「ディフェンダー110」のシングルキャブピックアップに恋して英国から並行輸入! 厳選パーツのシンプル仕立てがオシャレ
日本では激レア!!「ディフェンダー110」のシングルキャブピックアップに恋して英国から並行輸入! 厳選パーツのシンプル仕立てがオシャレ
Auto Messe Web
1000馬力以上!V12PHEVの「ランボルギーニ レヴエルト」を徹底テスト&レポート!
1000馬力以上!V12PHEVの「ランボルギーニ レヴエルト」を徹底テスト&レポート!
AutoBild Japan
【限定マットカラーと鮮やかな赤】 マセラティ・グレカーレ 内外装それぞれに日本向け限定仕様
【限定マットカラーと鮮やかな赤】 マセラティ・グレカーレ 内外装それぞれに日本向け限定仕様
AUTOCAR JAPAN
アクラポヴィッチ製「JMCA 政府認証マフラー」の新製品がアクティブから登場! 現在予約受付中
アクラポヴィッチ製「JMCA 政府認証マフラー」の新製品がアクティブから登場! 現在予約受付中
バイクブロス
19歳ノーラン・シーゲルがLMP2でル・マン初勝利。予選落ちのインディ500とは対照的に「すべてが完璧」
19歳ノーラン・シーゲルがLMP2でル・マン初勝利。予選落ちのインディ500とは対照的に「すべてが完璧」
AUTOSPORT web
惜敗のトヨタGR豊田章男オーナー「世界一のチームをもう一度目指していこう!」ル・マン後コメント全文
惜敗のトヨタGR豊田章男オーナー「世界一のチームをもう一度目指していこう!」ル・マン後コメント全文
AUTOSPORT web
株式会社エレメントがバイク保険比較サイト「もっとも読まれたお役立ち記事ランキング」を発表
株式会社エレメントがバイク保険比較サイト「もっとも読まれたお役立ち記事ランキング」を発表
バイクブロス
デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
ポルシェ「911」を売却してテスラ「モデル3」に乗り換え! 試乗後にスマホで「ポチッ」とデポジット入金しちゃいました【テスラのある本当の生活】
ポルシェ「911」を売却してテスラ「モデル3」に乗り換え! 試乗後にスマホで「ポチッ」とデポジット入金しちゃいました【テスラのある本当の生活】
Auto Messe Web
メルセデス・マイバッハ Sクラスに限定車「S 580 ナイトエディション」が登場
メルセデス・マイバッハ Sクラスに限定車「S 580 ナイトエディション」が登場
Webモーターマガジン
メルセデスベンツ『ウニモグ』から派生、堅牢シャシーが世界の軍用車両のベースに…フランス防衛・安全保障展示会出展へ
メルセデスベンツ『ウニモグ』から派生、堅牢シャシーが世界の軍用車両のベースに…フランス防衛・安全保障展示会出展へ
レスポンス
160万円のトヨタ「斬新2シーターモデル」が凄い! 全長2.5mの「超軽量ボディ」でスイスイ走る! 買わなくても乗れる「新サービス」が開始!
160万円のトヨタ「斬新2シーターモデル」が凄い! 全長2.5mの「超軽量ボディ」でスイスイ走る! 買わなくても乗れる「新サービス」が開始!
くるまのニュース
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
月刊自家用車WEB
ルノー製エンジンがF1から消える!? アルピーヌ、新レギュレーション到来の2026年から“他社製”に乗り換え検討か
ルノー製エンジンがF1から消える!? アルピーヌ、新レギュレーション到来の2026年から“他社製”に乗り換え検討か
motorsport.com 日本版
VW ゴルフ のセダン版、『ジェッタ』に改良新型…6月中に米国発表へ
VW ゴルフ のセダン版、『ジェッタ』に改良新型…6月中に米国発表へ
レスポンス
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
motorsport.com 日本版
ブラッド・ピット主演のF1映画、2025年6月に全世界で公開決定
ブラッド・ピット主演のF1映画、2025年6月に全世界で公開決定
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

7件
  • どこが本格派なんだろう?

    走りは背の高い軽の割に良いって書いてるみたいだけど、この見た目で本格派って言ったら、オフロード性能をイメージするでしょ。
    なのに、ロードクリアランスは標準車と同じで、オフロード用の制御的な記載もない。

    タイトル詐欺だな。
  • NVANスタイルファンに真っ向勝負だな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.3177.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8275.0万円

中古車を検索
タントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.3177.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8275.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村