現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!

ここから本文です

質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!

掲載 17
質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!

 レクサスから登場するコンパクトSUVのLBX。サイズはほぼヤリスクロスと同じ小ささで登場した。レクサスブランドにふさわしい質感高いインテリアと上質な乗り心地を味わえるのか!?

※本稿は2023年9月のものです
文/片岡英明、写真/LEXUS、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

質感に脱帽……小さくてもやっぱりレクサスだわ!! LBXはヤリスクロスベースでも上質感がハンパない!

■小さな高級クロスオーバー

小さくても高級感があるレクサス LBX。2023年10~11月発売予定

●レクサスLBXのここがPOINT
・全長4190mmのコンパクトサイズのSUV。基本プラットフォームはヤリスクロスにも使われるGA-Bだが、LBX専用に開発
・内装色やシート素材、刺繍パターンを自在にチョイスできるオーダーメイドシステム
・パワーユニットは燃費とドライバビリティに優れる直3、1.5Lハイブリッドを搭載

 レクサスのボトムを受け持つクロスオーバーSUV、それが「本物を知る人が、素の自分に戻り、気負いなく乗れるクルマ」を目指して開発されたLBXだ。2023年6月にイタリアのミラノでワールドプレミアされ、この秋以降に日本でも発売を予定する。

 特徴のひとつはサイズのヒエラルキーを超えた小さな高級クロスオーバーカーであることだ。ボディサイズはヤリスクロスとほとんど同じで、全長は5mm長く、ホイールベースは20mm長い2580mmとしている。

 大きく違うのは全幅だ。世界を見据え、60mm広い1825mmとした。全高は1560mmだが、日本仕様では立体駐車場に入れることを考慮してシャークフィンアンテナを取り去るようだ。

■コンパクトだけど存在感あふれるエクステリアデザイン

全長4190mm、全幅1825mm、全高1560mmでホイールベースはヤリスクロスよりも20mm長い2580mm。コンパクトな車体だが、抑揚あふれるパネルでボリューム感がある

 エクステリアはヤリスクロスより都会的なルックスで、SUV的な味わいは薄められている。だが、前後のフェンダーはボリューム感あふれ、これに225/55R18の大径タイヤを組み合わせた。

 リアも低重心で、塊感を強調するデザインだ。フロントマスクはレクサスの新たな表情を見せるユニファイドスピンドルで、コンパクトカーだが、迫力と風格がある。

 キャビンはスポーティかつラグジュアリーな仕立てだ。ドアトリムまで回り込んだ水平基調のインパネには12.3インチのフル液晶メーター、センターコンソールには9.8インチのディスプレイを組み込んでいる。ヤリスクロスと違い、手触りのいいソフトパッドを随所に採用して、上質感がある。

 最大の見どころは5つの世界観を提案していることだ。試乗した「COOL」は本革にウルトラスエードの組み合わせで、赤いステッチがアクセントになっていた。この5つで飽き足らない人にはオーダーメイドシステムが用意され、シート表皮だけでなくステッチ糸やトリムなども自由に選べる。

 ドアの開閉音は思いのほか重厚だ。ヤリスクロスとはステアリングの角度が違い、着座位置も低いなど、ドライビングポジションはスポーティである。さすがに後席は広いとは言えないが、170cmくらいまでの身長なら窮屈ではない。ラゲッジルームもそれなりの広さを確保した。

■直3、1.5Lハイブリッドは質感を大幅に向上

ヤリスなどに搭載される直3、1.5Lハイブリッドユニットを搭載する

 気になるパワーユニットは3気筒DOHCエンジンにモーターの組み合わせで、バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載している。試乗車はFF車だった。

 ヤリスクロスで気になった振動とノイズは大幅に低減されている。そしてアクセルを踏み込むと、シュンと気持ちのいい伸び感の加速を披露した。

 モーターの活躍の場が多いから応答性のよさと上質感が際立っている。

 サスペンションは、ストラットとトーションビームで構成し、これに新構造のダンパーを組み合わせた。

 サーキット走行でもボディ骨格がしっかりしているし、足の動きがいいのでリニアリティの高いハンドリングを楽しめる。接地フィールもしたたかだ。

 ロール剛性が高いことに加え、操舵レスポンスもクイックだから狙ったラインに乗せやすい。乗り心地がよかったことも驚きだ。

 残念だったのは試乗車にパワーシートやベンチレーションシートが装備されていなかったことだ。レクサスにはボトムから上質で快適性が高いことが求められると思う。

■ユーザーの感性にマッチする5つの世界観をコーディネート

 エクステリアとインテリアをコーディネートした5つの世界観を提案。さらに自由にカスタマイズできるオーダーメイドシステムも採用する

COOL

RELAX

ELEGANT

ACTIV

URBAN

●レクサスLBX 主要諸元
・全長:4190mm
・全幅:1825mm
・全高:1560mm
・ホイールベース:2580mm
・エンジン:直列3気筒DOHCハイブリッド 1490cc
・最高出力:91ps/5500rpm※
・最大トルク:12.2kgm/3800-4800rpm※
・フロントモーター:80ps/14.4kgm※
・リアモーター:5.3ps/5.3kgm※
・トランスミッション:電気式無段変速機
・サスペンション:F/ストラット R/トーションビーム(FF)ダブルウィッシュボーン(4WD)
・タイヤサイズ:225/55R18

※……LBXでは正式公表値ではなく、同ユニットを搭載するヤリスクロスの数値

●トヨタ ヤリスクロスハイブリッドZ 主要諸元
・全長:4180mm
・全幅:1765mm
・全高:1590mm
・ホイールベース:2560mm
・エンジン:直列3気筒DOHCハイブリッド 1490cc
・最高出力:91ps/5500rpm
・最大トルク:12.2kgm/3800-4800rpm
・フロントモーター:80ps/14.4kgm
・リアモーター:5.3ps/5.3kgm
・トランスミッション:電気式無段変速機
・サスペンション:F/ストラット R/トーションビーム(FF)ダブルウィッシュボーン(4WD)
・タイヤサイズ:215/50R18

こんな記事も読まれています

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
【MotoGP】Moto2期待の若手フェルミン・アルデゲル、2025年にプラマックから最高峰クラスデビューか
motorsport.com 日本版
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
関越道にも「半固定式オービス」新登場! 新たに首都圏近郊へ続々導入! 「“シン”速度取締り機」はどこが「斬新」なのか
くるまのニュース
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
スーパーフォーミュラ3連覇へ:無限『SF23』がゼッケン16番で登場…東京オートサロン2024
レスポンス
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ワインディングが最高に楽しいのよ……オーテック珠玉の名車!! 日産「マーチ12SR」オーナーが語る魅力
ベストカーWeb
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
WEB CARTOP
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
Merkmal
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
カルモマガジン
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
くるまのニュース
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
月刊自家用車WEB
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
バイクブロス
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
くるまのニュース
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
バイクのニュース
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
レスポンス
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
motorsport.com 日本版
業界初技術で追突事故はゼロに!?  ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
業界初技術で追突事故はゼロに!? ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
Auto Prove
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

17件
  • TEI********
    基本的に走り云々というより内装の豪華さが売りの車
    奥さんや娘さんに受ければよし

  • たーぼー
    気になるのは「3気筒エンジンの振動や音がよく抑えられてる」ってとこ。静かなのを期待してハイブリッド乗ったのに、3気筒ではエンジンのパワーで加速するときなんかはやかましくブルブルと車体に振動が来ると萎えてしまう。それこそ安い車の側だけ変えたボッタクリと言われる元なので、はやく試乗してみたい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.7278.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索
ヤリスクロスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

190.7278.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村