現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 何が変わった? マツダ3が年次改良。約7万円値上げも買い控えの必要はナシ

ここから本文です

何が変わった? マツダ3が年次改良。約7万円値上げも買い控えの必要はナシ

掲載 112
何が変わった? マツダ3が年次改良。約7万円値上げも買い控えの必要はナシ

マツダ3は2022年8月4日に一部改良モデルが発表され、一部グレードのパワートレインの変更やグレード体系の刷新が行われました。

マツダは、国産自動車メーカーではめずらしく年次改良を行うスタイルを採用しています。そのほかの自動車メーカーでも細かな改良は毎年行われていますが、マツダの場合はより大きな改良を加えることが通例です。

>>マツダ3(ファストバック)の専門家レビューをチェックする

>>マツダ3(ファストバック)のスペック詳細はこちら
>>マツダ3(セダン)のスペック詳細はこちら

年次改良で何が変わった?
年次改良の中身を具体的に見ると、まず「SKYACTIV-G 2.0」としてラインナップしていた2.0L直列4気筒ガソリンエンジンが、独自のマイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」へと変更されています。

これは、始動や発進時にモーターがエンジンをアシストすることで、スムーズな加速を実現するというものです。モーターはアシストに徹しているためモーターのみの走行はできませんが、WLTCモード燃費が従来モデルに比べて約0.6km/L改善するなど、環境性能に対して一定の効果が見られます。

グレード体系については、「e-SKYACTIV G 2.0」と「SKYACTIV-D 1.8」搭載車の上級グレード「L Package」と「Burgundy Selection」が廃止され、「Proactive Touring Selection」へと集約されました。

これにともない「Proactive Touring Selection」には、「バーガンディレザーパッケージ」と「ブラックレザーパッケージ」の2つの本革内装がメーカーオプションで選択できるようになっています。

また「Proactive Touring Selection」には、フレームレスの自動防眩ルームミラーが標準装備となったことに加えて、エンジンスタートスイッチやグローブボックスノブに加飾が施されるなど、上級グレードらしい内装が魅力です。

グレード体系は変わったものの、メーカーオプション次第でこれまで通りの仕様を選択できるという意味では、マツダ3を検討する人にとってはそれほど大きな影響はないかもしれません。

しかしセダンモデルでは、ピュアホワイトの内装が選択できなくなっていることや、上級グレードで16インチアルミホイールのダウングレードオプションが選択できなくなっている点には注意が必要です。

ちなみに、「e-SKYACTIV X」搭載車については、「Proactive Touring Selection」が元々存在しないこともあり、引き続き「L Package」と「Burgundy Selection」が設定されます。

なお、いずれのグレードも内外装に大きな変更はありません。

>>マツダ3(ファストバック)のスペック詳細はこちら
>>マツダ3(セダン)のスペック詳細はこちら


価格が最大の変更点。でも買い控えの必要はナシ
今回の年次改良では、車両本体価格の改定も行われています。

たとえば、これまでは222万円だったマツダ3のエントリーモデル「15S」は、今回の年次改良後で228万8000円となっており、約3%値上りしています。

1.5L直列4気筒ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 1.5」搭載車に大きな変更点はないため、今回の価格改定は実質的な値上げと言えます。

また、そのほかのグレードでも7万円程度の値上げとなっており、マイルドハイブリッド化された「e-SKYACTIV G 2.0」搭載車以外は全体的に割高となった印象の強い価格設定となっています。

ただ、これにはやむを得ない側面もあります。今回の価格改定の背景には、原材料の高騰や円安など、さまざまな世界情勢の影響があり、今後マツダ以外の自動車メーカーも含めた多くのモデルが値上げを行うものと推測されます。

つまり、マツダ3だけが割高になったというわけではなく、新車全体が値上がりしていると見るのが適切です。このように考えると、マツダ3の相対的なコストパフォーマンスについてはこれまでとは変わっておらず、値上げしたことを理由に買い控える意味は薄いと言えます。

>>マツダ3(ファストバック)のスペック詳細はこちら
>>マツダ3(セダン)のスペック詳細はこちら

納期は3~4ヶ月。欲しい人は早めに注文を
マツダ3の納期については、現時点では3~4ヶ月程度と見られています。

現在、早期に予約受注を行った人への納車が進められており、いま商談を行うと年明け1~2月頃の納期を案内されるようです。

ただし、昨今の部品不足の影響などもあり、納期が遅くなる可能性もあると言われています。マツダ3に限った話ではありませんが、早く手に入れるためには可能な限り早めに注文することが必須です。

文:ピーコックブルー
写真:マツダ

>>マツダ3(ファストバック)のスペック詳細はこちら
>>マツダ3(セダン)のスペック詳細はこちら

こんな記事も読まれています

今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

112件
  • 円安を理由に値上げした商品って、円高になったらまた値下げしてくれるんだろうか…いやありえないw
  • マツダは補器付けるのが好きなんだな。わざわざ付けて0.6kmの改善‥。いる?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.8349.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

115.0358.8万円

中古車を検索
MAZDA3 ファストバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.8349.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

115.0358.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村