現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 躍進を支える隠れた名車「小さくても上質」の嚆矢 日産ティーダの魅力

ここから本文です

躍進を支える隠れた名車「小さくても上質」の嚆矢 日産ティーダの魅力

掲載 更新 19
躍進を支える隠れた名車「小さくても上質」の嚆矢 日産ティーダの魅力

 日産のノートオーラが好調だ。8月の発売開始から約3週間で1万台を突破、直近11月の登録台数は、ノート全体の9412台に対し、3ナンバーノート(ノートオーラとノートオーラNISMOの合算値)は3914台、おおよそ5台に2台がノートオーラ(含むNISMO)ということになる。ノートオーラの上質かつ落ち着いた雰囲気が、大いに受け入れられている、ということだろう。

 「上質をまとったコンパクト」といえば、日産にはかつて、コンパクトカーながら上質な内装をもったクルマがあった。2004年に登場した「ティーダ」だ。

新型フェアレディZ登場直前記念謎解き企画 「Z」はカルロス・ゴーンがいなければ消えていたか?

文:吉川賢一
写真:NISSAN

[gallink]

コンパクトカーとは思えない上質さと広さ

 2004年に、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチコピーで登場した、ティーダ。全長4250mm(後期型)×全幅1695mm×全高1535mmという、5ナンバー枠いっぱいのボディサイズに、上質で広い室内空間を実現。この前年である2003年には、「モダンリビング」のコンセプトでヒットした、初代ティアナが誕生しており、ティーダはまさに、この初代ティアナの小型版、という感じだった。

 その特徴は何といってもコンパクトカーとは思えない広さだ。後席は240mmのロングスライドが可能で、足も組めるほど。さらに、リアアームレストや10段階40度のリクライニング機能も備え、その価格からは想像できない装備を備えていた。 

 当時、筆者がもっとも感銘を受けたのが、フロントシートの手触りや座り心地であった。ティアナ並にボリュームあるシートを5ナンバーの車内へ押し込むため、リクライニングレバーを車両中央側へ移すなど、工夫も凝らされており、特に、発売翌年の2004年に追加されたセダン版「ティーダラティオ」は、まさに小型ショーファードリブン、といった雰囲気であった。

ティーダは、コンパクトカーというクラスをこえた広い室内空間とインテリアで、派手さはなかったが支持されたモデルだった

静かで必要十分なパワー

 プラットフォームは、マーチと同じBプラットフォーム。ティーダにはホイールベースを大きく伸ばして採用された。エンジンは、当初は新開発の1.5L直4のみだったが、2005年には1.8L直4を追加。車重が1200kg程度と軽量だったティーダには、必要十分なパワーであった。欧州車の走りには遠く及ばなかったが、上質な室内と、滑らかなパワートレイン、そして取り回しの良い5ナンバーサイズなど、日本市場にピッタリの一台であった。

 マイナーチェンジでは、6速MT仕様を追加。当時、日産コンパクトカーのMT車と言えば、マーチかフェアレディZ程度しかなく、一つの選択肢として期待されたが、走り自体はそれほどでもなく、エクステリアデザインがノーマルのティーダと変わりない地味目な外装であったこともあり、数年でカタログ落ちしてしまった。

地味だったが、支持されていたティーダ

 ティーダは、登場翌年の2005年には、登録車年間販売台数で、カローラ、ヴィッツ、フィットにつづく4位となる9万8069台を記録。その後も、日本市場で販売終了となる2012年の前年まで、30位以内にはランクインし続けるなど、派手さはなかったが、ユーザーからの支持は非常に高かったクルマだ。

 海外でも大きく支持されたティーダは、2代目でボディサイズを拡大したことで、日本市場には導入が見送られ、2012年、ノートのフルモデルチェンジで追加された上級グレード「メダリスト」にその座を引き継いで、日本市場から撤退する。そのノートの上位モデルとして、ノートオーラが誕生したことを考えれば、オーラはティーダの流れを引き継ぐモデル、ともいえる。

2012年に登場した、E12型ノートメダリストの内装。悪くはないが、やはりティーダの上質さがあったとはいえなかった

◆      ◆     ◆

 「走りの良さ」や「先進技術」や「EV技術」に加えて、「上質さ」というコンセプトでヒットした、ノートオーラ。その着想は、このティーダや初代ティアナと同じであり、「経営危機からの脱出」という日産の背景も同じだ。ティーダや初代ティアナが、「走りだけの日産」というイメージを打ち破ったように、今回はこのノートオーラが、日産の風向きを変えてくれるだろう。

[gallink]

こんな記事も読まれています

トヨタが「セリカ」を実車展示! オジサン世代がマジ歓喜!? “スキー映画仕様”現る! まさかの復活!? すごいGRヤリスにも感動
トヨタが「セリカ」を実車展示! オジサン世代がマジ歓喜!? “スキー映画仕様”現る! まさかの復活!? すごいGRヤリスにも感動
くるまのニュース
交通取締の飛び道具付き「レガシィ」パトカー山梨県警から引退へ いまや希少な“ボクサー6”
交通取締の飛び道具付き「レガシィ」パトカー山梨県警から引退へ いまや希少な“ボクサー6”
乗りものニュース
一強状態のアルファード&ヴェルファイアキラーとなるか? BYDの超高級ミニバン「DENZA D9」をアルヴェルと比べてみた
一強状態のアルファード&ヴェルファイアキラーとなるか? BYDの超高級ミニバン「DENZA D9」をアルヴェルと比べてみた
WEB CARTOP
新しいプジョーのフラッグシップ、508が日本上陸!──GQ新着カー
新しいプジョーのフラッグシップ、508が日本上陸!──GQ新着カー
GQ JAPAN
F1バーレーンテストで外れた排水溝カバー、開幕戦に向けコンクリートで埋めて対応。幸いにも雨予報はなし
F1バーレーンテストで外れた排水溝カバー、開幕戦に向けコンクリートで埋めて対応。幸いにも雨予報はなし
motorsport.com 日本版
燃料電池車にも「かっこいい」を、生まれ変わったホンダ『CR-V e:FCEV』デザインのねらいとは
燃料電池車にも「かっこいい」を、生まれ変わったホンダ『CR-V e:FCEV』デザインのねらいとは
レスポンス
まさかの「“軽”和製スーパーカー」初公開!? 「ホンダの軽」ベースのド迫力「ミッドシップ!?」再現モデル! ちょっと小さい「HORD PP40」がマジでスゴイ
まさかの「“軽”和製スーパーカー」初公開!? 「ホンダの軽」ベースのド迫力「ミッドシップ!?」再現モデル! ちょっと小さい「HORD PP40」がマジでスゴイ
くるまのニュース
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
AUTOSPORT web
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
motorsport.com 日本版
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
くるまのニュース
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
バイクのニュース
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
レスポンス
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
ベストカーWeb
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
Auto Messe Web
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
モーサイ
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

19件
  • このクルマを「隠れた」扱いするなら、
    それ以降の日産車なんか存在感ゼロって
    言ってるようなものだけど。
  • 代車で乗ったけど、シートが腰抜けだった記憶しかない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.9188.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.799.8万円

中古車を検索
ティーダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

149.9188.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.799.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村