現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 意外に複雑!? 輸入車王者メルセデスの現行ラインナップをスッキリ解説

ここから本文です

意外に複雑!? 輸入車王者メルセデスの現行ラインナップをスッキリ解説

掲載 9
意外に複雑!? 輸入車王者メルセデスの現行ラインナップをスッキリ解説

メルセデス・ベンツが“ドイツの高級セダンメーカー”だったのは遥か昔。今ではコンパクトカーからSUV、さらにはミニバンまで(本国ではピックアップも)揃えるフルラインメーカーだ。それゆえラインアップのすべてを把握している人は少ないのではないだろうか。そこで、今回はメルセデスのラインナップ全体をざっとおさらいしてみたい。

保守層を鷲掴みにするセダン
まずセダンは、小さい順に最もコンパクトな「Aクラス」(452万円~/価格とラインアップは主に2023年12月23日時点の価格表の2023年モデルを参照、以下同)に始まり、「Cクラス」(596万円~)、「Eクラス」(873万円~)、そして頂点の「Sクラス」(1415万円~)が揃っている。このうち、AクラスだけはFF(前輪駆動)で、後はFR(後輪駆動)が基本。またそれをベースとした4WDもラインナップしている。

>>メルセデス・ベンツ Aクラスのユーザーと専門家のレビューをチェックする

>>メルセデス・ベンツA クラスセダンのカタログ情報をチェックする
>>メルセデス・ベンツC クラスセダンのカタログ情報をチェックする
>>メルセデス・ベンツE クラスセダンのカタログ情報をチェックする
>>メルセデス・ベンツS クラスセダンのカタログ情報をチェックする


Eクラスはかつてのミディアムクラスから発展した情報で、歴史的経緯からいってもこの「E」と「S」がブランドの中核だが、最近ではSUV群に主役を奪われつつあるのが現実だ。

メルセデスのユーザー層を広げたハッチバック
ハッチバックについては「Aクラス」(440万円~)および「Bクラス」(491万円~)という2車種をラインナップ。どちらもFFベースのプラットフォームを共有しているものの、車高が異なり、ハイトのあるBクラスはファミリー層がメインターゲットとなる。Aクラスは元々ハッチバックとして誕生し、従来型の車型を好むオーナーに向けセダンが後から追加された経緯がある。

>>メルセデス・ベンツA クラスのカタログ情報をチェックする
>>メルセデス・ベンツBクラスのカタログ情報をチェックする


憧れのステータス性を誇ったワゴンは今でも健在
ステーションワゴンは「Cクラス」(622万円~)および「Eクラス」(920万円~)にラインナップされる。セダンに少々の上乗せでワゴンボディが手に入るのは欧州車ならでは。特に、国産ワゴンがほぼ絶滅状態にある現在では、2車種取り揃えてもらえるだけでもファンにはありがたい。

>>メルセデス・ベンツC クラスステーションワゴンのカタログ情報をチェックする
>>メルセデス・ベンツE クラスステーションワゴンのカタログ情報をチェックする


また、ワゴンの車高を引き上げ無塗装のオーバーフェンダー等でSUV風に仕立てた「Cクラス・オールテレイン」(793万円~)および「Eクラス・オールテレイン」(1065万円~)、後に紹介する「CLA」をベースにクーペライクなワゴンボディを与えた「CLAシューティングブレーク」(577万円)も用意される。

>>メルセデス・ベンツC クラスオールテレーンのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツE クラスオールテレーンのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークのカタログモデルをチェックする


リッチな風格漂わすプレミアムなクーペ
流麗なクーペは「CLA」(532万円~)、「Eクラスクーペ」(935万円~)、「CLS」(999万円~)の3車種をラインナップ。ただし、このうち伝統的な2ドアボディをもつのはEクラスクーペのみで、他の2車種は低めのボディにサッシュレスドアをもつ4ドアクーぺとなる。なお、CLAはAクラスをベースとするが、CLSはEクラスがベースとなっており、ネーミングからの連想とは若干ズレている。

>>メルセデス・ベンツCLAのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツEクラスクーペのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツCLSのカタログモデルをチェックする


市場縮小も一定のファンの支持を集めるカブリオレ
オープンカーのカブリオレは現在「Eクラスカブリオレ」(979万円~)のみ。かつてはCクラスおよびSクラスにもカブリオレが設定され、フルラインナップでオープンカーが揃っていた。その当時に比べると残念だが、Cクラスサイズのカブリオレは現在新型を開発中のようなので今しばらく待ちたい。

>>メルセデス・ベンツEクラスカブリオレのカタログモデルをチェックする

ミニバンは長さの異なる3タイプを用意
ミニバンは堂々たる体躯を持つ「Vクラス」(849万円~、※2022モデルの価格)のみのラインナップ。とは言え、ノーマル、ロング、エクストラロングと3タイプの全長が用意されるから、ニーズの取りこぼしは少ない。なお、このVクラスのみ本国では商用仕様も用意され、実用性の高さは折り紙付きのモデルとなる。

>>メルセデス・ベンツVクラスのカタログモデルをチェックする

現代のスタンダード、SUVは水を漏らさぬラインナップ
最後に、大人気のSUVを紹介したい。かつてヘビーデューティーな「Gクラス」のみだったSUVは今やコンパクトからラージサイズまで水を漏らさぬラインナップとなっており、ボディサイズは小さい方から「GLA」(556万円~)、「GLB」(593万円~)、「GLE」(1059万円~※2022モデルの価格)、「GLS」(1339万円~※2022モデルの価格)となる。

>>メルセデス・ベンツGLAのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツGLBのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツGLEのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツGLSのカタログモデルをチェックする


複雑なようだが、ハッチバックやセダンと同じくA→B→C→E→Sの順に上級移行すると覚えれば簡単だ。さらに、ルーフラインを低めたSUVクーペとして「GLCクーペ」(805万円~)および「GLEクーペ」(1270万円~※2022モデルの価格)も取り揃え、別格のモデルとしてGクラス(2750万円~※2022モデルの価格)を加えたのが、現行メルセデスSUVの全容となる。

>>メルセデス・ベンツGLCクーペのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツGLEクーペのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツGクラスのカタログモデルをチェックする


AMGが開発を手掛けた特別なクーペ
これらに加え、メルセデスAMG独自のモデルとして2ドアクーペの「GTクーペ」(現在は設定なし)、そのオープントップ版「GTロードスター」(現在は設定なし)、4ドアクーペの「GT 4ドアクーペ」(1444万円~)、そして発売されたばかりの4シーターオープン「SL」(1648万円~)がラインナップされる。

EVもラインアップを拡大中
さらに、EVとしてはサルーンが「EQE」(1248万円~)および「EQS」(1578万円~)、SUVが「EQA」(782万円~)、「EQB」(822万円~)、「EQC」(991万円~)となっており、来年には上級電動SUVとして「EQE SUV」及び「EQS SUV」も追加されることが決まっている。

>>メルセデス・ベンツEQEのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツEQSのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツEQAのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツEQBのカタログモデルをチェックする
>>メルセデス・ベンツEQCのカタログモデルをチェックする


以上が、メルセデスのフルラインナップとなる。もちろん、ニーズの多様化に応じて車種を拡大しつつも、スリーポインテッドスターに恥じないクオリティは全車に備わっており、国産車より高価にもかかわらず売れ続ける秘訣もそこにある。

こんな記事も読まれています

スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
くるまのニュース
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
VAGUE
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
@DIME
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!!  温冷庫がついてたの初代は!!  やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!! 温冷庫がついてたの初代は!! やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ベストカーWeb
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット

みんなのコメント

9件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村